付き合った男がピーターパン症候群だったら…【別れるか、育てるか】

イケメンだったからお付き合いしたら、明らかに地雷で、わがままっ子。せっかくゲットした男性がピーターパン症候群だった場合、一緒に改善して自分好みに染め上げたほうがいいのか、それともさっさと諦めて別れたほうが良いのか、ここで、あなたの決断を後押しします。

パーソナリティ障害なので仕方がないといえば仕方ない

ピーターパン症候群というのは、ご存知の通り、あのネバーランドで暮らしていて、永遠に大人にならず遊び続ける男の子「ピーターパン」が由来のパーソナリティの障害です。

 

そういわれると「え、いいじゃん!少年みたいな無邪気な男ってことでしょ?」って単純に思われるかもしれません。しかし、そういうのとはまた別の次元の話なのです。

 

ピーターパン症候群というのは、1983年にアメリカ合衆国の心理学者ダン・カイリーが、著書『ピーターパン症候群』(原題:Peter Pan Syndrome)が定義しました。

ダン・カイリーは.その著書『ピーター・パン・シンドローム』において、大人になりたくない現代のピーター・パンたちを分析している。

参照: 宮崎幹朗 「永遠の少年と家出する少年たちピーター・パンと漫画の中の少年たち」

そうなんです。大人に「なれない」じゃなくて、「大人になりたくない」という「子どもっぽい」男が、潜在意識そのままに無意識のまま「中途半端に大人になっちゃった」のが、ピーターパン症候群の男なんです。

 

ダン・カイリーは、このようなピーター・パン人間の特徴として、次の6点を挙げている。ナルシズム、ショービニズム(男尊女卑傾向)、無責任、不安、孤独感、性役割の葛藤、である。

参照: 宮崎幹朗 「永遠の少年と家出する少年たちピーター・パンと漫画の中の少年たち」

うーむ…。婚活相手とするには、地雷臭が漂ってきますね。プライドが高くて男尊女卑傾向のある男なんてのは、いっぱいいますが、それともまたちょっと別で、一切「頼りにならない」上に「実力もない」パターンが多いんです。

ダン・カイリーが定義したのは男性ですが、実は女性にも当てはまる特徴がたくさんあります。また、ピーターパン症候群になる原因ははっきりわかっていません。小さい頃の家庭環境に問題があったのではないかと言われており、親が過保護だったり、親が離婚したりと、歪んだ愛情の中で成長した例が多いようです。

 

また、いじめや虐待などでトラウマが植え付けられ、大人になることを無意識に拒否している例もあります。そのため、ピーターパン症候群の男にも同情するべき面はあります。彼だってなにもピーターパン症候群になりたくてなったわけではなく、家庭環境や成長過程のトラウマから、パーソナリティ障害になってしまったのですから。

 

そのせいで周囲とぶつかったり、仕事をやめたり、家族と上手くいってないことはこれまでたくさんあったでしょう。もちろん、完璧な人間なんていません。ちょっと…いや、かなり面倒な男ではありますが、いいところがないわけではないでしょう。

 

ピーターパン症候群の特徴を理解した上で割り切れば、「彼はそういう人だから仕方がないなぁ」とある程度のことは諦められるでしょう。「大きな子ども」だと思って、あなたの方が彼への接し方を変えてみるのもいいかもしれませんね。

夫にするには頼りないのでアウト

しかし、そうは言ってもピーターパン症候群の男と付き合うのは苦労が多いはず。付き合っている時は我慢できても、結婚&子育てするとなると、もはや逃げることはできません。

  • 自己中なので自分の意見を押し付ける
  • あなたの気持ちや意見を聞かない
  • 自分がすることは全部正しいと譲らない
  • 男尊女卑の傾向がある
  • あなたが何かしてあげても感謝を示さない
  • 少し嫌なことがあるとすぐキレて不機嫌
  • いざという時に、すぐに保身に走る
  • 人に任せるくせに、文句だけは言う
  • あなたに依存し、自分では何もやらない
  • 家庭環境が複雑で、親戚付き合いが大変
  • たいていマザコン・ファザコン
  • 趣味が優先で、あなたには無関心

どうですか、こんな夫…。やめたほうがいい…というアドバイスしかできません。ピーターパン症候群の男との「結婚」は、かなりの難題です。

 

どうしてもその男が良ければ「育てて」あげて

そんなピーターパン症候群の男…そんな彼でも、、どーーーーーしても結婚したい!!そう思えるほどの愛(金・資産)がある!!とあなたが言い切るのなら、治してあげるしかありません。

 

ピーターパン症候群は、パーソナリティ障害で、病気や生まれつきの障害(遺伝ではない)ではないため、治らないわけではありません。ピーターパン症候群の男は「大きな子ども」であり、「大人になることを拒んでいる大人」ですよね。

 

彼に必要なのは、まずは「自覚」です。自分は「大人になれない」のではなく「大人になりたくない」だけなのだと。もっと単純に言うのなら「自分って子どもなんだなぁ」という気づきですね。何十年もその事実から避け、現実から逃げてきたので、そんなに簡単には納得しないでしょう。プライド(自分の精神安定)も高いですし。

 

しかし、あなたは「彼のママ」ではありません。彼の依存対象となり、彼に従うだけにならないように気を付けてくださいね。そのためには、彼の欲求に「NO」と言い、自分の意見を言い続けることです。自己中な彼の要求に無理してつきあうことはありません。嫌ならいやではっきり断ります。

しかし、彼との関係はそれだけでは悪くなり、彼も余計頑固になるかもしれません。そこで、彼に自分が断る理由を話し、彼の要求の理由も聞いてみましょう。

 

彼は少しずつ考えるようになるはずです。自己中心に振り回される相手にも意見があり、「自分はなぜそれを無視して、自分の意見を突き通そうとする」のかを。パーソナリティ障害なので、自己中心的ですが、考えられないわけではありません。「自分が自己中である」ことと「他人の意見をきけない」ことに、自分で気づくきっかけを作らなくてはなりません。

 

このように、彼が一つずつピーターパン症候群の特徴を自覚できるように、あなたの意見をきちん伝え、彼に質問をして考えさせることを繰り返します。「え、そんなことからやらなきゃいけないの?!」と、めんどくさがるあなたは、残念ながらピーターパン症候群の彼との結婚は難しいかもしれません。

彼に依存させず、根気よく一から子どもに教えるように彼を「育てる」並大抵の苦労ではないと思いますが、それができるのが本当の愛だと思います。もちろん、その愛が彼に伝わった時、二人はよりよいカップルになれるはずですよ。頑張ってください!

 

この記事を書いた人

コメントを残す