【Instagram】インスタのDMでやり取りしてる人なんなん?

インスタを利用しているとフォロワーやフォロー外の人から突然DMが来た経験、ありませんか?DMが来た時に、「タイムラインにコメントしてもらえれば絡みやすいのに、どうしてわざわざDMしてくるんだろう…」と思った、なんて人も多いのではないでしょうか?今回は、インスタでDMを送ってくる人や、インスタのDMでやり取りする人たちの心理に触れたいと思います。

 

わざわざインスタDM使うのは承認欲求の塊?

インスタでわざわざDMするということは、DMを送った相手に、自分の事をしっかりと認識してほしいという気持ちがあるからです。紛れもなく、承認欲求の表れだと言えます。ちょっと策士な人は、インスタのストーリーにコメントすることからDMを開始しようとします。

 

ストーリーを褒めてくれるということは、少なくとも自分の投稿を見てくれているわけですから、悪い気はしませんよね。それにもしもお礼のメッセージが返ってきたら、さらに写真の話で盛り上がることもできるので、普通にDMするよりも仲良くなりやすいのです。

 

また、インスタで顔出し投稿している人も多いかと思いますが、顔出しをしている場合、出会い目的でDMをしてくる人も多いようです。お互いが意気投合すれば、そのままDMでのやり取りからカップル成立へ!というパターンも実際あるようですね。

 

インスタもLINEのように既読はついてしまいますが、もしもあなたの元にDMが来て、「あまり関わりたくないな」と思ったなら、必ず反応する必要はありませんよ。

 

LINEを教えるのがめんどい人はインスタDMで

インスタで出会って、お互いの投稿でコメントのやり取りするうちに「仲良くなってみたい!」と思う人ができて、思い切ってDMをしてみたことがきっかけで、DMのやり取りが続いているという人も中には居るのではないでしょうか?

 

正直、お互いインスタをやっているのなら、DMでのやり取りで充分ですよね。「たしかに仲は良いけど、LINEで話すほどでもない…というか、LINE交換自体がめんどい…」このような意見が出てくることからもわかるように、LINE交換するのは面倒だと感じて、そのままインスタのDMやコメントで絡む、というパターンも多いようです。

 

それに、インスタのDMとは言っても、ネット上に変わりありませんから、LINEのIDやQRコードを気軽にさらすのは怖いな…と感じている人も中にはいます。これは決して考えすぎではなく、いろんな「万が一に備えたリスク」について考えられることは大切なことですよ!

 

人間関係選別用にインスタ使ってる人も多い

インスタでの人間関係のトラブルって、意外とよく聞きますよね。その人間関係のトラブルを利用して、インスタで友達を選別している人も存在しています。リアルで知り合いにあったら、連絡先を交換する前にとりあえずインスタをやっているかどうかを聞いて、相互フォローの関係になるのです。

 

インスタで「いいね」を強要したり、炎上スレスレの問題行動を投稿していたり…そのような人だとわかれば、今後リアルでの付き合い方も考えますよね。SNSにはその人の性格が現れるので、人となりを判断する材料としてはうってつけなのです。

 

また、「ネットで知り合った友達とはインスタのDMだけで交流する」と決めている人も中には居るようです。リアルとネットとを区別するためのツールとして利用している人も居るのですね。

 

インスタのDM機能、人によっては邪魔くさく感じるかもしれませんが、うまく活用できれば、相手との交流を深められる良いツールです。反対に、リアルで出会った相手と距離を置くために、インスタのDMに留めてやり取りするという人もいるのです。

 

あなたにもインスタDMでしかやり取りしてくれない相手がいるとしたら…上手いこと距離を置かれているのかもしれませんね。もちろん、出会い厨からのDMや詐欺DMが届くこともあるのでウザイかもしれませんが、そういったDMにはわざわざ反応する必要はありません!

 

あなたも、インスタDMを駆使して、リアルの生活にも活かしてみてはいかかでしょうか?

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA