【Instagram】信用できる人かどうかテストする方法【こいつリア垢教えて大丈夫?】

仲が良い人には本垢を教えたいけど、噂話が好きだったり、口の軽い友達だったりすると、本当に教えて良いものか不安になりますよね。そういう不安がある場合は、相手の人間性を試しましょう。今回は、インスタの本垢を教えても大丈夫かどうかテストする方法についてお話します。試したことがバレると友情にヒビが入るおそれもありますから、慎重に行いましょう。

 

捨て裏垢を教えて漏れるかテストする

本当に裏垢を教えて良いか迷ってしまった場合はまず、「捨て裏垢」を教えてみましょう。一発で捨て垢だとバレないように、裏垢のような投稿をあらかじめ仕込んでおき、さらに、サクラ要員として何人かリア垢でフォローしている人もフォローしておいてもいいかもしれません。

 

何人かフォロワーが居れば、本物の裏垢っぽさが増しますよね。鍵垢だともっとそれっぽくなります。ここまで準備してあれば、捨て裏垢だとは疑わないでしょう。捨て裏垢をターゲットに教えてしばらく経って、この捨て裏垢の存在が他の人に漏れるようなことがあれば、本物の裏垢教えない方が得策でしょう。

 

捨て裏垢の親しい友達リストに入れて漏れるかテストする

捨て裏垢で、「親しい友達リスト」を作ってみましょう。友達リストを作成すると、ストーリーが「親しい友達リスト」に追加された一部のフォロワーしか見られないようになります。このとき、投稿するストーリーの内容は、少し過激な暴露投稿にしてみましょう。もちろん創作でかまいません。

 

嘘だとバレない程度の話を作り上げるのは難しいかもしれませんが…とにかく、「秘密の話をしている」ということが重要なのです。ターゲットが、人の秘密を知ると誰かに話したくなっちゃうようなタイプなら、すぐにこのストーリーの内容は「親しい友達リスト」以外の人に漏れてしまうでしょう。

 

インスタと全く関係のないリアルな友達に話してしまう可能性もあります。そもそも、オープンにしていない内容を漏らしてしまった時点でアウトですよね。本物の裏垢は教えないようにしましょう。

 

相手の弱みや本音を見せてくるかチェック

ある程度付き合いが長く、仲が良いと自覚している相手がターゲットであれば、これまでのお互いの関係を振り返ってみましょう。ターゲットはこれまで、あなたに弱みをみせたことはあったでしょうか?

 

弱みを見せてくれるということは、信頼の表れでもあります。裏垢はある意味、自分自身の弱みを握らせる場でもあるので、お互いに信頼関係がないと教えるのは厳しいですよね。

 

もしもあなたがターゲットに裏垢を教えてもらっている場合は、裏垢同士で繋がることをおすすめします。また、ターゲットとなる相手と何でも気兼ねなく、本音で話せる関係だと自信をもって言えるなら、迷うことなく裏垢を教えて良いと思います。

 

しかし自分は本音で話していても、相手は本音ではなかったり、すべて虚言だった…なんてパターンも、ネット上での付き合いなら、無いとは言い切れませんよね。相手が弱みを見せてくれているか、本音を話してくれているか見極めるのは難しいところです。全部自分で判断しなければなりません。

 

「よく考えたら自分しか弱みをみせていなかった」「相手はいつも聞き役に徹していて、無難な回答しかしていなかった」と感じるのであれば、裏垢を教えるのは少し保留にしましょう。

 

インスタの裏垢を作ったからには、本当に信用できる人と共有したいものです。

 

だからこそ今回、信用できる人かどうかテストする方法についてお話しましたが、フォローの基準は「自分が裏垢の姿を相手に見せたいかどうか」という一点にかかっていると思います。「裏垢での自分の顔も見せたいと思うけど、踏ん切りがつかない…」というように、どうしても迷った場合のみ、今回紹介した「信頼できる人かどうかを試すテスト」を行ってみてくださいね。

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA