【Instagram】嫌いな人を垢BANさせる方法【真似厳禁】

インスタで気にいらない相手のアカウントを、どうにか停止させたい…。そう思ったことはありませんか?あなたの彼氏にこっそり迫っていたり、あなたに対してアンチをしてきたり、くだらない嫌味やウワサを流したりしている人もいるかもしれません。今回は、嫌いな相手を効率よく垢BANさせる方法についてお話します。ですが、真似をするとあなたがBAN対象になる可能性が高いので、実践しないようにしてください。

 

禁止事項を犯してるならば複数垢で通報すればいい

インスタの写真や、アカウント自体がインスタの規約に違反しているということを、複数のアカウントで通報しましょう。複数のアカウントから同じような通報があれば、インスタの運営もアカウントを規制せざるを得なくなります。

 

ですが、あまりにも無理やりこじつけた理由で通報してしまうと、逆に「通報した側に悪意がある」とみなされて、逆に垢BANを喰らう羽目になるかもしれません。どのような理由で通報するのが自然で、疑われずに済むでしょうか?

 

通報しやすい項目としては、「著作権」です。一見普通の写真でも、通行人が写りこんでいたり、誰かの創作物が写っていた場合は、著作権が侵害されていると通報することができます。

 

また、インスタですからときどき愚痴ったりする投稿も見られますよね。その投稿に「殴りたい」とか、露骨に誰かの死を願うような言葉が記されていたなら「個人への暴力的な発言」として通報することができます。

 

水着姿の写真や、露出度の高い服を着た写真を投稿している場合は、「卑猥な投稿」として通報することも可能です。最近はどんなSNSの投稿においても、肌の露出が多い写真の規制は強化されているので、該当する写真があれば即垢BANの可能性も高いですよ。

 

もしも、ターゲットがいろいろな人から恨みを買っていたり、嫌われ者だった場合は、自分一人で複数垢を作らなくても周囲に協力を仰いで一斉に通報することも可能です。

 

なりすまし垢を作って「ターゲットがなりすましだ」と通報

ターゲット本人を装って、新しくインスタアカウントを作成しましょう。新しいアカウントであっても、「このアカウントが本人のアカウントで、ターゲットのアカウントはなりすましだ」ということを証明できれば、ターゲットのアカウントを強制的に削除することが可能です。

 

しかしこの方法は失敗するリスクがかなり高いです。まず本人確認を求められた場合は、圧倒的になりすましている側のこちらが不利ですよね。仮に垢BANできたとしても、ターゲット本人が運営に問い合わせて事実確認を行えば、アカウントを復活させることも可能なのです。

 

また、ターゲットのフォロワーたちが事態を察し、「ターゲットのアカウントこそ本物だ」ということを証言しだせば、こちらの言い分が「虚言である」と判断され、こちらがなりすましアカウントとして処分される可能性は高くなります。

 

かなり用意周到にできないと、この方法での垢BANは難しいでしょう。

 

おだてて調子に乗らせて炎上させる

ターゲット自身がお調子者なタイプであれば、上手いこと操って炎上させる方法です。「インスタ映え命!」のような人であれば、「あそこ映えるよ~」という具合に「立ち入り禁止区域」や「撮影禁止の場所」などを「穴場の映えスポット」として紹介するという方法もあります。

 

撮影しちゃダメだとわかっていて教えることになるので、あまりおすすめはできませんが…。紹介するときは、自分のリア垢でやってはいけません。のちのち恨みを買ったときが面倒になるからです。

 

あらかじめ「捨て垢だとわからないアカウント」を作成しておき、一人のフォロワーとして近づき、仲良くなる必要があります。DMを送って距離を縮めるのもアリでしょう。

 

普段から撮影許可もとらずにバンバン撮影しているような人であれば、いちいち確認なんてせず、映えそうだと思ったらすぐに撮影して投稿してしまうはずです。投稿してくれたら、あとは捨て垢から攻撃するのみ!

 

「そこで撮影はダメですよ」とコメントしてしまうとすぐに削除してしまうおそれがあるので、まずはスクショを撮りましょう。スクショを撮っておけば、投稿が削除されても安心です。そして、別の捨て垢を作り、「この人非常識」という内容の投稿とともにスクショを貼り付け、「#拡散希望」で拡散してもらうように仕向けるのです。

 

撮影許可が下りていない場所で撮影するのは当然インスタの運営もNGとするはずなので、垢BANの可能性は高いでしょう。しかし、当然1件の投稿だけでは不十分です。

 

「過去に何回も違反をしていた」という証拠となる何十件もの投稿の実績がターゲットのアカウントに残っているかどうか、もしくはそのスクショが残っているかどうかも重要です。何個も投稿してもらうために、「調子に乗らせること」は大切なのです。

 

他にもいろいろな炎上誘導の方法はあるでしょうが、「炎上させたい」と思ったならスクショを怠らないことが重要です。もしも炎上させたい相手が未成年だったら、飲酒や喫煙の投稿があれば「かっこいい!」「すごいね」などとわざと持ち上げるコメントをし、どんどん投稿させる…という方法もあります。

 

未成年飲酒や喫煙に対する目は厳しいので、自ら手を下さなくても他の誰かが反応し、瞬く間に投稿も個人情報も拡散されて炎上してしまいます。しかし、こんなことをしなくても、「悪いことをするのがカッコイイ」と思っているようなお調子者なタイプなら、勝手に自滅します。放っておきましょう。

 

ここまで嫌いな人を垢BANさせる方法について詳しくお話してきましたが…正直、嫌いな人のアカウントは見ないに限ります!

 

面白半分で人のアカウントを停止させようなんて考えてはいけません。ここでご紹介した方法は、

くれぐれも真似厳禁です!

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA