【異論は認める】令和時代の日本に専業主婦はいなくなる

昭和の頃は新卒高卒新入社員でも月30万円くらい(手取り25万円前後)の月収はあったはずですが、令和の今、高卒新卒の初任給は手取り15万円あれば良い方です。平成の時代に緩やかに経済は苦しくなっていて、世帯内で男性の稼ぎだけで色々カバーするのは難しくなっています。そういう事情の中で男性も女性も働きながら家事をするのが当たり前になっています。

 

20代、30代の皆様、生活は良くなった?

令和時代を生き抜く社会人のみなさま、今の生活には満足できていますか?生活もプライベートも充実させ、新しい時代を輝かしく生きていきたいですよね!

 

そこで、令和時代の日本の専業主婦の在り方について考えてみました。自分はこれからどのような結婚生活をしていくか、改めて一緒に考えてみませんか?

 

収入向上と私生活が充実しているか

最低賃金も全国各地で少しずつ上がってきている日本ですが、収入の向上と私生活の充実はどうでしょうか?収入が向上するということは、出費も増えるということでもあります。

 

そんな時代に、専業主婦がいいと思っていても、あまり需要が無いというのが実情です。実際のところ、「専業主婦として支えてくれる女性を妻に迎えたい!」と考えている方は、現在ではとても少ないのです。

 

昭和や平成に比べて出費は膨張してるのは事実

昭和や平成に比べると出費が多くなってない?と心の中でもやもやしている方も多いのではないでしょうか?

 

消費税が上がったことというのが大きな要因でもありますが、それに加えて趣味に費やすことが最近は増えたということも、出費が膨張している原因とも言えます。

 

そんな中、専業主婦として夫を支えたいと思っていても、旦那だけの収入では、なかなか生活をしていくには厳しいという現実は否定出来ません。現に、収入が不足するという面から、専業主婦の女性は年々減ってきている傾向にあります。

過去の同じ年齢、同じ仕事内容の人と比べて収入は落ちてるよ。統計的にも事実。

avatar

 

今後も固定の出費が増えるのは間違いないが…

税金・国民年金など出費は確実に増える

食費や水道光熱費、通信料や保険料、その他諸々といった固定の出費が増えるのは間違いないのですが、これから税金や国民年金などの出費も確実に増えていく見込みです。

年金なんて2倍?3倍くらいってほどに跳ね上がって、健康保険も高くなったよねぇ。収入は減ってるのにねぇ。

avatar

 

もしそうなった時に困ることがないよう、今から節約や抑えられる費用はしっかり抑えていくことが大切になってきます。無駄なものを購入しない、自分で作れるものは作るなど、できる範囲のことでしっかり対策を立てて今後に備えていきたいですね。

 

そのような状況から、専業主婦としてではなく、少しでも家計を支えるために扶養の範囲内でパートとして働いたり、主婦と在宅でのライター業を営んだりするような方も増えてきています。自分の将来を見据えつつ収入を得ることも、今の時代に必要なことだと言えますね。

副業やパートなど、少しでも稼ぎになり、趣味に使える分のお金を持つ、稼ぐのは必要なことです。

avatar

 

結婚や老後に向けた貯金はある?

今から結婚を考えているという方や、交際している方との将来を考えているという方も多くいらっしゃるとは思います。

 

結婚をするにしても、老後に関しても、お金がどうしても必要なので、貯蓄は必然です。結婚や老後に向けて貯金をしたり、貯金ができないという方でも、保険などを活用して自分のためにお金を貯められるようにしていきたいですよね。

養老保険とか、掛け捨てじゃない保険ちゃんと考えたほうが良いよ!?

avatar

 

将来にかかる費用を考えると不安を抱える方も多いかと思います。だからこそ「専業主婦だけでやっていきたい」という希望にこだわるのではなく、これから結婚したいと思っている相手のことも考え、今自分ができることをすることはとても大切なことです。

 

そして将来にかかる費用のため、一緒に働いて夫を支えていくというのが、今現在、必要なことではないでしょうか?

結婚して夫についていく、じゃなく、一緒に背中合わせに歩んでいく、というのが結婚の正しい姿。

avatar

 

老後に備えて貯蓄しながら生きれてる?

この課題に対して、年齢問わずYES!と答えられる方は少ないのではないでしょうか?いくら貯蓄していたとしても「これだけで大丈夫かな?」「もっと用意しておいた方がいいんじゃないかな?」と不安になりますよね。

 

実際、今からの老後となると、年金制度も続くのか分からないし、不安だということもあるかと思います。

国民年金に払う金額は増えて、もらえる金額は減ってて、支給される年齢は伸びてるよね。明らかに無理がある。

avatar

 

そのために最近は、いろいろな種類の保険や貯金が用意されているので、そういったサービスも自分の生活状況に合わせて活用していくと、老後の備えに対して少しでも不安を取り除けるのではないでしょうか?

 

自分が最も安心できる方法で、そして専業主婦一本で考えるのではなく、お金を自分の将来に向けて貯蓄できるように頑張ってみませんか。

 

専業主婦を目指すことの無謀さ

現在は専業主婦を目指すには、とても適した時代であるとは言えません。夫・妻どちらも働いてやっと普通の生活ができるといった時代ですから、一人だけ楽がしたい、働きたくない……と専業主婦を希望したとしても、男性にとってはあまり望まれない相手となってしまいます。

昭和より進んだはずなのに、仕事は増える、収入は減るって、なんておかしな話だよね。

avatar

 

中には「自分を支えて欲しいから専業主婦として家にいてほしい」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、そのような男性はごく稀であると言えるでしょう。

 

いっぱい稼ぐ人は私生活でも仕事が必ず絡む

中には、それでも専業主婦を目指したいと考えている方もいらっしゃるのではないかと思いますが、今の時代、専業主婦になれる人が多いかというと、決してそうでもありません。

 

ほとんどの家庭が共働き世帯であったり、フルタイムではないにしても、パートやアルバイトをして家計を立てたりしているという方々も多くいらっしゃいます。特に多く稼ぐ人は、私生活でも仕事が必ず絡んでくることが多いのです。

パートしてても専業主婦でいいと思うけどね。フルタイム以外の副業感覚のはやってても、家事みたいな、趣味みたいなもの?

avatar

 

最近主婦でも多く稼ぐ方でよく見かけるYouTuberやブロガーといった方々でも、毎日視聴者さんのことを考えていたり、読者さんに向けてどのような記事を書こうかな、などと日常で考えていたりすることが多いためです。

 

毎日毎日そのことばかりを考えていく……というのは、好きな方であれば苦になりませんが、私生活=仕事となってしまうことも少なくないのです。

 

高収入の専業主婦よりパート主婦の方が楽かも

高収入の専業主婦となると、私生活で仕事が絡むことも多いと思います。「いっぱい稼ぐより、仕事とプライベートは分けて生活したい」と考えている方は、パート主婦がおすすめです。

 

昼・夜どちらか好きな時間帯に働くのもよし、フルタイムで働いて多くお金を稼ぎ、夕方からは自分の時間を楽しむといった生活も可能だったりします。割り切った生活をすることでメリハリがつき、自分の自信にもつなげられるでしょう。

 

その専業主婦のイメージ、昭和じゃない?

「夫は仕事でがんばってもらい、妻は家で家事をして子供のお世話をするような生活がしたい」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、もしかしたらそのイメージは昭和のイメージかもしれません。

サザエさん家庭をイメージしてたらもう時代遅れだよ。

avatar

 

平成~令和にかけては、男性・女性も関係なく働くこともあり、中には女性がバリバリ働いて男性が家のことをする専業主夫だという家庭も増えてきました。

 

これから結婚を考えているという方は、その家庭の生活スタイルに合わせて、それぞれの家族の在り方というものを考えていきたいものですね。

 

婚活でも「現実」を見て!

婚活をするにあたり、絶対的な条件というものがあるかと思いますが、もしかしたらその「専業主婦」という条件は、今の時代で叶えるにはかなり難しい条件となってきています。

できなくはないけど、無理がある。普通の一般人には特に無理がある。

avatar

 

周りの社会の状況を踏まえ、今どのような人が妻として求められているのか、と考えることは婚活を成功させるためには大切な事なのです。

 

婚活でも、あまり理想ばかり追わず、しっかりと現実を見て、自分にぴったりの素敵な方と出逢えると嬉しいですよね!あなたが素敵な将来を迎えるられますよう、成功をお祈りしています!

 

 

この記事を書いた人

コメントを残す