イージーモードな専業主婦の共通点 – あなたのイメージ間違ってるかも

専業主婦といえばどんなイメージがありますか?忙しそう?それとものんびり優雅で楽そう?皆さんの中での専業主婦のイメージは、さまざまだと思います。今回は、専業主婦が「楽」だと思っている人に向けて専業主婦の実態を紹介します。

 

専業主婦が「楽」だと思ってる人の頭の中

兼業主婦に比べて専業主婦は、少しのんびりしたイメージがあるのかもしれません。専業主婦にとっては、「そんな風に見られてはたまったもんじゃない!」と思われそうな勝手なイメージですね。

 

専業主婦の実態を知ると、そんな事は思っていられないのかもしれません。社会での仕事とは一味違う専業主婦の家庭内での仕事は、経験しなければわからないものです。

主婦業なめてたらあかんでぇ。

avatar

 

では、そもそも専業主婦が「楽」だと思っている方は、どのようなイメージを持っているのでしょうか?

 

家事しかしていないと思ってる

まずは専業主婦の仕事を、家事だけと思っているかもしれませんね。

  • 洗濯
  • 掃除
  • 料理

たったこれだけ!と思っていては「専業主婦って楽そう~」と思っても仕方ないですよね。本当にこれだけで済むのなら「専業主婦が楽」と思われても反論のしようがありません。しかし、実際にはこれだけではないのです。

 

今、話題になっている「名もなき家事」。

  • ゴミを集めたあとにゴミ袋をかける
  • 洗った食器を元の場所に戻す
  • ティッシュがなくなれば新しいものを出す
  • クリーニングに出す&必要な時までに取りに行く
  • 町内会に会合に出席する

など言い出したらキリがありません。一つ一つは簡単で小さな事なので「家事」と呼ぶには忍びないような事でも、すべてをこなすのは大変です。家の中を見渡すと無限に出てきます。

条件付き家事、条件分岐ありの家事が一番エグい。~~があったら、これをする。~~がなかったら、これはしない。みたいな。

avatar

 

この「名もなき家事」の存在を知らずにいたら、「専業主婦って楽~」と思うのかもしれませんね。

コンビニの仕出しとレジ打ち全部一人でやってお店回すのと似たような忙しさがある。

avatar

 

 

子どもはいないと思ってる

子供がいるのといないのとでは、専業主婦の忙しさは大きく変わってきます。子供がいるだけで、本来30分で終わる洗濯干しが1時間になります。子供の年齢にもよりますが、まだ目を離せない時期では、子供の昼寝の時間を見計らって家事をしなくてはなりません。

特に3歳までは子どもの「死」と隣合わせでの家事です。30cmの高さから落ちて頭を打つだけで死んじゃうことがあるのでゆっくり寝てもいられない。

avatar

 

子供が目を覚ましたら、どんなに中途半端なところでも中断しなければいけません。すると、何も終わってないのにいつの間にか夕方になっている事なんてザラです。もちろんその間にも子供を公園に連れて行き、子供の食事やおやつ、またその片付け…。

走り回るようになったら、その無限の体力と食欲に振り回されます。YouTubeすげぇって絶対なります。

avatar

 

子供がいるだけで、自分の組んだスケジュール通りにはいかなくなってしまいます。子育て主婦は、聞くだけで疲れてしまうような毎日を送っているのです。

 

結婚直後の専業主婦的暮らしは確かにイージーモード

結婚して子供もいない状態で専業主婦になった人は、確かに「専業主婦ってイージーモードじゃん!」と感じるかもしれませんね。今までは決まった時間、決まった曜日に仕事に行っていたものがなくなり、自分のタイミングで家事が出来てしまいます。

自分のタイミング、自分のペースなんてものがなくなります。相当強くなります。心臓にも脇にも毛が生えます。

avatar

 

疲れていたら「明日でいいやー」で済む事もあります。しかし、それもいつまでも…というわけにはいかないのが現実です。

 

1年から2年はのんびりできるかも

初めの1年から2年はのんびりできるかもしれませんね。結婚をして、大好きな人の為にする家事は新鮮で、毎日の生活に楽しさを見出せるという事もあるでしょう。

 

のんびりとマイペースで家事をする事で「結婚してからイージーモードだ」と思うのでしょう。

 

しかしそれが3年、5年、10年となると、報酬のない家事という仕事に、徐々に満足できなくなります。それでもしないわけにもいかず、葛藤する事もあるでしょう。いつまでものんびりとしたマイペース生活は出来ないものなのです。

新婚の時期、子どもはまだいない、ふわふわしてる時はまだ大丈夫かも。そのうちにしっかり考えて備えておきましょう。それでも振り回されますが。

avatar

 

家が程々の広さなら掃除も楽

結婚直後は年齢が若いことや子供がいない事もあり、1LDKや2LDKに住むことが多いはず。部屋数が少ないと掃除はかなり楽です。2階への上り降りもなく、スムーズに掃除ができてしまうでしょう。

 

しかしこれも、年齢を重ねるごとに広い家に引っ越しをする家庭がほとんどです。3LDKや4LDKなどの2階建てになると、掃除は一気に大変に。掃除機を2階に持ってあがるのですら、大変な作業です。部屋の数や家の大きさによって、掃除の大変さは大きく変わってきます。

カップルで16畳の2K部屋に住むとかだったら家事はほぼラクです。2階建てとかになると階段きついです。

avatar

 

子どもの出産と育児ですべてが変わる|当然だけど

専業主婦の仕事で大きな変化があるのは、子供の誕生です。妊娠中はホルモンバランスや体型の変化で、家事をするスピードは落ちます。出産直後は、家事をする事すらできません。

 

子供が成長しても幼稚園に入るまでは、手がかかりすべてがスムーズにいかなくなります。当然といえば当然ですが、子供がいると専業主婦の仕事は、2倍にも3倍にも時間を要する事になるのです。

出産、育児、家事という本来別々の人がやるレベルの作業を1人でやります。江戸時代はみんなで分担してた。じじ、ばばがやってくれた。

avatar

 

高収入な殿方の主婦は激務|むしろ秘書レベル

では、イージーモードな専業主婦でいられないパートナーとは、どんな殿方でしょうか?それは、高収入な殿方です。高収入という事は、もちろん仕事自体が多忙になります。

高収入男性がパートナーなら耐えられると思ってるのかね?あなたに収入はないのだぞ、専業主婦。

avatar

 

それだけを聞くと、「え?旦那さんが忙しいなら家にいる時間も少ないから楽じゃない?」と思うかもしれません。しかし、そうではありません。高収入な旦那さんを持つと、専業主婦は秘書レベルで激務になる覚悟が必要です。

年末年始の年賀状、あいさつ、30ページにも及ぶ電話帳管理、名刺の用意、スーツの受け取り、文房具類の新調、家庭でのネット環境の整備、いつでもメモ、仕事関連のアイデア提供や相談、お菓子類の送付管理、封筒の宛先書きなどなど。

avatar

 

予定管理・お手紙処理・挨拶回りは当たり前

高収入な旦那さんの場合は、仕事内容も多忙です。出張や接待、時には家族ぐるみの付き合いも多くあります。重要な手紙が自宅に届く事もあります。

家柄が良ければ、着物での作法、実家訪問、親戚への挨拶やお土産、女性同士の裏でのやり取り、迅速な家事とお手伝い、手紙の選別などなど。

avatar

 

予定管理や手紙の整理、会社の人との付き合いは、専業主婦がこなして当たり前です。高収入の旦那さんの場合には、OLの事務のような仕事をしなければいけなくなります。

 

背中合わせに闘う戦士のようなもの

高収入の旦那さんの場合、男性側も一人で生活するのは無理があります。家の中を専業主婦である女性が守っている事で、男性も安心して仕事に集中できるようになるのです。

 

男性は外で仕事、女性は内助の功として家を守る。そのようにしっかりと役割分担をする事で、高収入な旦那さんと共に安心して過ごせる家庭を築けるのです。

 

高収入な殿方の私生活の実態

実際、高収入な旦那さんはどのような生活を送っているのでしょうか?年収1,000万を超えるような男性の生活は、未知の世界かもしれません。もちろん仕事の内容によって変わってはきますが、高収入な方の私生活の実態を紹介します。

 

お金はあるけど時間がない(時間が足りない)

高収入の場合、お金はあるのに時間がないという人がほとんど。収入が上がれば上がるほど、仕事内容はハードになり、自分のプライベートな時間は無くなってしまいます。

芸能人の妻とか週刊誌に勝手に載せられますし、大企業経営者の奥様ってだけでありもしない噂立てられますし、やってらんないですよ。

avatar

 

休日に接待が入り、休日も休む暇がない事も。日々の仕事に追われて、家には寝に帰るような生活といっても過言ではありません。

休日に入る夫の飲み会前後の送迎、ゴルフと称した商談への送迎、休日のうちに受け取らないといけないスーツなどなど時間足りない。

avatar

 

多忙な高収入の男性がよく言うのが「1日24時間じゃ足りない…」。そんな言葉も頷けるほどに自分の時間がないのです。お金はあっても一緒に使う時間がないのは、専業主婦の身として少し寂しく感じるかもしれませんね。

 

社会的責任が重く緊張が解けない

高収入という事は会社では役職が付き、社会的責任も重くなります。部下のミスは、自分のミス。常に緊張感があり、すべてにおいて責任が背中に重くのしかかります。休日でも会社でトラブルがあれば、急いで駆け付ける必要も出てきます。

送迎、急な菓子折りの用意、重要な忘れ物をお届け、壊れたスマホの即時買い替えなど。会社の秘書が対応できない内容があったりするし、秘書にやらせると浮気が心配になる。

avatar

 

責任感のある仕事に誇りを持つ事も大事ですが、責任という重圧に耐えられなくケースも。ストレスを抱えてしまうような、責任のある役職に就くような旦那さんのパートナーになる場合、家庭では過ごしやすくて安心できるような環境作りをする必要があります。

 

専業主婦だからこそできる「帰って来たくなる家」を作るのは必須と言えます。ここまで見てきて、専業主婦はイメージよりもはるかにきつい「お仕事」であることがわかって頂けたのではないでしょうか?

そんな社長男性でも、あなたがいれば、全て忘れてあなたに甘えられて、癒やされる。そんな存在にならないと、高収入男性との専業主婦としての結婚は難しいです。

avatar

 

 

この記事を書いた人

コメントを残す