【ハウツー】男女がいても社内恋愛に発展しない現場がやっていること

「うちの会社って、男女いるのに、なぜ社内恋愛している人がいないんだろう…」と思っている人もいるのではないでしょうか。どうしても会社と行き来になってしまう社会人にとって、職場は唯一の出会いの場だったりしますよね。

 

実は、男女がいても社内恋愛に発展しない現場は、こんなことをしていたのです。社内恋愛をさせない会社づくりをしている上層部の狙いをみていきましょう。

社内で余計な会話が取れないように管理されている

業務の面から見ても、社内でのコミュニケーションはとても重要な要素です。しかし、必要以上に会話ができないような雰囲気づくりをしている会社も。社内恋愛が起こらない会社が行っている、社内で余計な会話ができない管理の実態についてまとめてみました。ぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

社内チャットは利用していない

今や、社内メールではなく、社内チャットを利用している会社がほとんどです。社内チャットは、仕事中にちょっとしたことを確認したい時に、その場にいながら瞬時に確認できるというメリットがあり、仕事の効率も上がります。

チャットワークなどを利用せず、社員間の連絡も極力減らしているでしょう。

avatar

 

このように、とても便利な社内チャットなのですが、中には、社内チャットを利用していない会社も。社内チャットで社員同士のコミュニケーションが盛んになり、恋愛に発展するのを避けるための措置でしょう。

 

本気の婚活なら

↓まずは資料請求(無料)から↓

WebCon

 

「社内私語厳禁」がモットー

仕事に息がつまったら、周りの社員とたわいもないお話をして息抜きしたいですよね。しかし、男女がいても社内恋愛に発展しない会社は、社内私語厳禁をモットーに掲げている会社がほとんどで、仕事以外の話が出来ないような雰囲気になっています。

社内のデスクスペースとかも、私語厳禁なことがあります。必要ない会話は一切なし。

avatar

 

私語厳禁になると、身の上話もなくなり、社員同士の距離が縮まることもないため、恋愛に発展することがないのです。

 

社内にこっそり集まる場所がないようにしている

男女がいても社内恋愛に発展しない現場は、会社の作りにもムダがありません。社内にテラスやカフェなどがあれば会話も楽しめるのですが、テラスやカフェはもちろんのこと、休憩室もなく、自分の机でランチを済ませなければならないような環境になっています。

喫煙所、更衣室くらいしか私語の場がないこともあります。大企業に限ります。中小では考えられないですね。

avatar

 

それでは他の社員と会話する機会なんてありませんよね。このように、仕事以外で接触する機会を与えないことも、社内恋愛に発展しない理由の一つとなっているのです。

こっそり集まるようになれば仕事へ支障をきたす

こっそり集まれるようなスペースを作ることは、コミュニケーションを図る上ではとても大切な事ですが、思わぬデメリットをもたらしてしまうこともあります。

 

社内でこっそり集まれるスペースがあると、社内恋愛をしているカップルが頻繁に席を外すようになったり、社員同士のコミュニケーションが盛んになったり、社内のしょうもないゴシップネタが拡散してしまったりすることもあります。

こっそり集まる場があると、学校みたいにサボったり、噂話したりするのはいくつになっても同じです。

avatar

 

このように、会社への業務への悪影響を懸念し、あえてこっそり集まれるスペースをつくっていない会社もあるのです。

 

こっそり集まれるようなスペースがなくても発展するカップルはいる

会話する機会が少なければ、確かに社内恋愛に発展する確率は下がります。しかし、話したことがない相手でも、一目見ただけで「あの人素敵だなぁ」と思うことはありますよね。つまり、一目惚れ同士の2人には、社内恋愛に発展することもありえるのです。

会社を出てからはフリーというケースが多いです。会社を出て、会社の肩書きがない状態では完全に自由。

avatar

 

あなたが知らないだけで、あなたの会社にもコソッと社内恋愛を楽しんでいる2人はいるかもしれませんね。

社員同士のプライベート連絡は極力控えさせている

企業の中には、社員同士のプライベートな連絡を極力控えさせる企業も存在します。また社内恋愛に発展し、2人が順調にいけば良いのですが、最悪の場合ストーカー問題が発生したりと、会社にも不利益を被ることを懸念しているためです。

契約の段階で、社内恋愛禁止とか、社員同士の無駄な連携を禁止してる所もちらほら。実際はグレーゾーンですが。

avatar

 

プライベートにまで干渉してくる会社は考えもの

会社に不利益を被ることに懸念があるとは言え、プライベートにまで干渉してくる会社は、少々考えもの。今後、自分がこの会社で長く務まることができるのかを考えるきっかけにするといいかもしれません。

個人のプライバシーにまで干渉してくるとか、監視ツールを個人のスマホにまで入れさせるとかはやりすぎなので訴えていいです。

avatar

 

企業が社内恋愛を禁止している理由としては、他の社員への迷惑という問題だけではなく、会社への貢献力が減ること、寿退社、産休取得など、企業にとって都合が悪い事態を避けたいという意図も見られます。

社内恋愛OKにすると、仕事に支障が出る場合が多いのは事実なので、制限されるのはしょうがないです。

avatar

 

過度にプライベートについて干渉されるのであれば、今後のことを考えてみてもいいかもしれませんね。

 

社員は会社の所有物ではない

確かに、会社からお給料をもらう側である社員は、会社の意向どおりに働くことが大切です。しかし、社員は決して会社の所有物ではないため、プライベートに関することについての指示に従う必要はないという考え方もあります。

プライベートまで管理する権利は企業にはないです。

avatar

会社にとって貢献することは大切なのですが、プライベートをどう充実させるかは、会社には関係ないのです。

お堅い会社は、社員同士が完全に会社の外でお付き合いしてても、プライベートだからと割り切れるならOKな場合もあります。

avatar

 

とは言え、プライベートの延長線で、会社でも異性と親しくしていると、周囲も不愉快になってしまいますし、会社にも迷惑をかけてしまうこともありますので、オンオフを分け、常識の範囲内で行動することを心がけましょう。

 

この記事を書いた人

コメントを残す