【婚活】マッチングから1ヶ月経ってるのに告白してこない男の心理状態

せっかくお互いマッチングして月日が経つのに、一向に相手からの告白がなくモヤモヤしている女性は案外少なくはありません。「私に魅力がないから?」「実は他にも気になる女性がいるのでは?」などなど、色々勘ぐってしまいますよね。

マッチングから1ヶ月、3回はデートしてるはずな時期。そろそろだよね…?

avatar

 

確かに他にも気になる女性がいる…という事は、あながち間違いではないようなのですが、実は他にも、男性ならではの悩みがあるゆえに、告白できずにいる男性も多いようです。では一体、告白してこない男性の心理状態とは、どのようなものなのでしょうか。

まだあなたを信頼できてない

まず始めに考えられる理由の一つとして「あなたを信用できていない」という事が考えられますが、実は裏を返すと相手の男性自身、まだ一人に絞り切れていないという事もあり得ます。

相手が、突然、相手にとっての理想の人に出会っちゃった可能性もあります。

avatar

 

一体どういう事なのかと言いますと、婚活に関しては合コンや職場などで出会う恋愛とは違い、自分の好みや趣味などでマッチングした時に、相手と会って距離を深めていくのですが、そのマッチングはあなた一人ではない可能性があるのです。

マッチングアプリや結婚相談所ではよくあること。辛い。

avatar

 

言い方を変えると、あなた以外に「キープ」している女性が複数いるのかもしれません。婚活は恋愛とは違い、結婚を前提としたお付き合いになりますので、そこはお互い慎重になる事は仕方ありません。

 

一生添い遂げる人を決めるのですから、私も告白しないのであれば「キープ」は仕方ないのだと思います。でも自分がそのキープされる側だとちょっといい気はしませんけどね…。しかしキープ止まりになる理由として、あなたの事が信頼できないから、万が一の事を考えて他の女性をキープしつつ、告白をどうするか考えているのかもしれません。

 

本気の婚活なら

↓まずは資料請求(無料)から↓

WebCon

 

あくまで男性が告白してこない理由の一つとして、念頭に置いておいた方が良いのかもしれません。ただキープではなく、単にまだあなたの事を信用しきれていないのであれば、信用してもらえるような努力は必要です。

 

例えばあなたの一日の行動や、休みの日は何をしているのか、女友達、男友達といったプライベートな事をオープンにしていくことで「信用していいのかな?」と、相手の気が緩むと思います。

 

自分の事を話したがらない相手には、告白しようとは思いませんよね。出会い方が出会い方なので、付き合う前にしっかりお互いの事をどれだけオープンにできるのかが、マッチングの後に重要な事と言えるでしょう。

 

信用できない相手に、告白なんてできませんよね?

 

自信がなく告白するほどの余裕がない

他にも告白してこない男性の心理状態として多いのが「告白しても振られるかも」というOKをもらえる自信がない、という理由です。

いわゆるチキンのパターン。これなら、あなたからきっかけを作ってリードすればいいので安心。気持ちが固まっているだけで安心。

avatar

 

「振られる」のは女性だけでなく、男性もされたくないものです。しかもいくらマッチングして一か月経つからと言っても、年齢の高い男性ほど自信が無く、「次もダメかも」と思っているのかもしれません。

これは婚活での「キープ」が原因です。女性も色んな男性をキープし、告白されても「次に出会える男性はもっといい条件かも」と思い、長期間デートを重ねたのに、いざ告白されたら断る…。こんな女性ばかりに当たっていた男性は、告白する勇気なんて無くなってしまうのでしょうね…。

あなたは、キープはいないと明確にしておけば、告白も早くなるかもしれません。

avatar

 

自分に自信のない男性は、必ずと言っていいほど優しく、女性の言いなりの傾向があります。そんな男性とマッチングして、あなたの気持ちは「彼がいい」と思ったのであれば、逆告白もアリだと思います。

 

きっと頼りない、と感じるかもしれませんが、結婚にはこれくらい気の弱い男性の方が案外うまくいくものです。

 

金銭面で自信を持てずに遠慮している

男性が中々告白できない理由の中に「金銭面で自信が無い」男性もいます。昔みたいに毎年昇給が当たり前の時代は終わり、今や結婚後も共働きをしないと生活が成り立たない家庭も多いです。

お金がない=自信がないは、最近良くあります。高望みせず、生活も年収300万円でできるレベルでいい、挙式もなくていいくらいのほうが良いです。長続きします。

avatar

 

しかも結婚=生活の保障、専業主婦に憧れている女性は多いですからね。それが年齢を重ねている男性ならなおのこと、金銭面で自信がない、なんて口が裂けても言えないのです。告白しても金銭面で失望させてしまうのでは?と考えると、どうしても前に進めないのでしょう。

挙式は50、60歳になってからしてもいいんで。将来は、月面で結婚式とかできるかもよ?

avatar

デート代を出せない=「嫌われる」と思っている男性が多い

金銭面に余裕がない男性は、デートの度に毎回全額デート代を負担するのは正直大変だと思います。

デート代が出せないなんて、ダサい、管理力が疑われるって思う男性多いです。そう思えるだけでマシな男です。誰でも一時的にお金がないときはありますので、少額でギャンブルなしなら大目に見ましょう。

avatar

 

しかもデート代を出せない男性は、女性から嫌われるのでは?と考えすぎて、結果、せっかくマッチングしても中々頻繁にデートに誘えず、あなたも「私に気がないのかな?」と思ってしまってうまくいかない、なんてことも…。

 

そんな金銭面が原因で、あと一歩が出せない男性のためには、あなたも「デートの度に出してもらうのは悪いから私も出すね」と一言あると、男性も悪い気はしないと思います。

金銭的にきついようなら、割り勘、自分の分は自分で出すを徹底すればOKです。

avatar

 

それに今の女性は、子供を産んでも仕事に復帰する人が多いです。「結婚してもお互い仕事は続けよう」など、私は男性だけに経済的な負担をお願いする気はない、という事をアピールしてみるのも良いでしょう。

 

この記事を書いた人

コメントを残す