3歳年上の男性の扱い方 数年の違いは特に気にしなくていい

グンと年が離れているわけでもない3歳上の男性は、そんなにハードルも高くなく、すぐにお付き合いに進展できる相手と言えるでしょう。共通の話題も多いですし、何よりも年齢による価値観の差もないことから、交際しても友達カップルになれそうですね。

 

今回は、3歳年上の男性の扱い方についてまとめてみました。彼と円満カップルになるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

カップルの年齢差としてはちょうどいい

一回り以上離れているカップルだと、どうしてもジェネレーションギャップを感じる瞬間はあります。5歳上のように微妙に年の差がある彼では、主従関係ができてしまいがちです。

 

しかし、3歳差のカップルには、年齢差による壁はほとんどありません。年齢差による壁がない分、楽しい交際もできてしまいます。

 

気取らずありのままいられる

彼と年が離れていると、どうしても彼に追いつこうと背伸びをしてしまいがちです。「彼が、彼と同世代の大人の女性を好きになったらどうしよう…。」「子供っぽいって思われてしまわないかな」など、余計なことまで考えてしまいます。しかし、3歳差のカップルならば、そんなこと考える必要なし!

 

年の差を感じることもないため、背伸びする必要はありません。気取らずありのままでいてもいい関係って、とても素敵ですよね。ただし、3つ差だからこそ、意見が衝突してしまうことも。年が近いからと遠慮なく感情をぶつけていては、彼も疲れてしまいますので、お互いに歩み寄ることが大切です。

 

ノリが合う

ノリが合うというのも、3歳差ならではのメリットの一つ。デートも友達と遊ぶかのように、ワイワイはしゃいでも違和感はありません。

 

年が離れている彼氏に、「テーマパークではしゃごう」なんて言えないですよね。しかも、彼と年の差がありすぎると、彼の体力不足を懸念して、アクティブなデートすら提案できなくなってしまいます。

 

しかし、3歳上の彼なら大丈夫!テーマパークではしゃげることはもちろんのこと、体力の差もないため、アクティブなデートだって一緒に楽しめるのは魅力ですよね!交際する上で、ノリが合うってとても大切ですよね。3歳上の彼となら、いつでも楽しいデートが出来て、気兼ねの無い付き合いになるのも良いですよね!

 

精神年齢もちょうどよくお付き合いしやすい

3歳上の男性なら、精神年齢がちょうどいい分、価値観も似ています。価値観の差で悩むことは少なくてすむでしょう。

 

年の差があると、どうしても価値観の差に悩んでしまいます。特に、恋愛に対する温度差は大きく異なり、「連絡の頻度が少ない」、「デートの回数が少ない」など、年の差がある彼の恋愛観が分からないことを悩む女性は多いです。

 

でも、彼と3歳しか変わらないのであれば、恋愛に関する温度差もなく、楽しくお付き合いできますよね。

 

しかし、精神年齢が同じである分、彼が幼く見えてしまうことも。女性の方が、一般的に精神年齢が高いものと言われているため、仕方がない気もするのですが、彼が幼く見えても彼を子供扱いはすべきではありません。

 

「年上なのにしっかりしてない!」なんて言葉を口走ってしまうと、彼は間違いなく傷ついてしまいます。

 

ちょっと持ち上げるくらいが良い

年の差が離れていると、自然に彼より一歩引くことも難しくないのですが、3歳しか変わらないような場合、彼を立てることを忘れてしまいがちです。彼と円満な関係を築くためには、ちょっとしか年の差がなくても、彼を立てるようにしましょう。彼を立てる時のポイントについて紹介します。

 

困った時は彼を1番に頼る

あなたが何か困った時は、真っ先に彼を頼るようにしましょう。3歳しか変わらないと、頼りがいがなく見える時もありますが、彼を見下してしまっては、交際は上手くいきません。微妙な年の差だからこそ、彼のプライドを立てるためにも、彼に頼ることが大切です。ただし、何でもかんでも頼りすぎると、精神年齢が同じ彼にとっては負担となってしまうことに。

 

年の差がある男性ほど精神的に余裕があるわけではないため、彼自身がキャパオーバーになってしまうこともあります。その点に留意しながら頼るようにしましょう。

 

彼を立てているつもりが依存になっている場合も

彼に主導権を握らせることはとても素敵なことです。彼もあなたに頼られて、嬉しいでしょう。しかし、あまりにも彼に頼りすぎると、依存になってしまう場合もあります。何でも彼任せになってしまわないように注意すべきです。デートの場所も彼任せ、ご飯も彼任せにしてしまうと、彼なしでは何も決められない女性になってしまいます。

 

年の差が離れている男性なら、それでも「かわいい」としか思わないかもしれませんが、3歳しか離れていない彼にとっては、とても厳しいものがあります。

 

「重い」「自分がない女性」と彼に思われてしまわないためにも、彼に依存しすぎず、適度に頼ることが大切です。

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA