Meeting Terraceとは?|大人の婚活メインの交流会パーティー【朝日新聞社主催】

朝日新聞社がスタートさせた「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」は、40才から65才の方に向けたパートナー探し、婚活相手探し、交流会、マッチング事業です。をはじめました。婚活に限らず、人と人との出会いをつなぐ目的で活用できるとのことで、異業種交流会と婚活、恋活を合わせたようなものと考えると良いでしょう。

 

公式サイト:https://meetingterrace.jp/

 

「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」とは?

https://meetingterrace.jp/about/公式サイトより

「自由で新しい出会い」を用意するというコンセプトと、40代からの出会いの少なさ解消のためにオープンされたのが「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」です。朝日新聞社長:渡辺雅隆氏のお墨付きのサービスということもあり、人脈はかなり信頼できそうです。

 

確かに40歳超えると出会いはほとんど無くなると言いますね。40代でシングルの者同士の出会いがそもそも少ないです!

avatar

 

「同じ価値観を持つパートナーを探す」というコンセプトなので「婚活」だけではなく、事実婚や週末婚、お茶のみ友達など、各自の希望にあった出会いができるという魅力があります。

 

「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」の特徴

結婚相談所とは異なり、会員同士を紹介するサービスはありません。オフラインでのマッチングなども無く、実際に会うという交流会の場を通して、自身でパートナーや友人をさがしていく形となっています。

 

全イベントがパーティー形式と考えると良いかと。

avatar

 

1.朝日新聞主催の婚活パーティーって感じ

https://meetingterrace.jp/about/公式サイトより

「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」は、Web上でのマッチングサービスではなく、直接現場に人が集まる「交流会・パーティー」という形式での出会いを大切にしています。

 

新聞社が運営しているということで、親・親戚、周りの反応を気にしなくてよいというメリットもあります。堂々と婚活パーティーに行けるといいますか、交流会に行くといって参加できるので、言い訳しやすいです。出会いのきっかけを話すときにも「朝日新聞主催のイベントで知り合った」「セミナーで出会った」と無難、かつ、嘘のない説明ができます。

 

2.「結婚だけではない」自由なパートナー探し

https://meetingterrace.jp/about/公式サイトより

「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」で出会えるのは、婚姻届を提出する結婚相手だけでなく、戸籍にこだわらない人同士、事実婚OKの者同士などです。自由、かつ、多様な出会いを求められるのが「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」のメリットです。

 

結婚はしたいけれど、子どもはもう産めない、子どもはいらないと考えている人同士での出会いもあるでしょう。ポリアモリーと呼ばれる形式をOKできる人ももしかしたらいるかもしれません。本当に自由な形の出会いがあるのが「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」です。

 

3.豊かな時間を過ごせる多彩な交流会

https://meetingterrace.jp/about/公式サイトより

知的好奇心を満たすセミナー、非日常感のあるイベントを通して交流できます。ただ出会いがあって、婚活するだけでなく、交流会を通して得られる体験、経験、出会い、その全てに価値が見いだせます。

 

月に10~15回ほど開催されているイベントでは、ワイン会というワインの勉強ができる交流会などもあります。スポーツ、ワイン、料理など大人の優雅な趣味を楽しみながら交流できるので、休日の婚活パーティーとしてぴったりです。

 

avatar

出会った人の自然体に近い姿を見れるのも魅力的ですね。

 

4.イベントでのマッチング企画がない

「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」では、婚活パーティーのようなマッチング機能はありません。その代わり、気になった参加者に連絡先やメッセージをスタッフ経由で伝えられる「メッセージカード」という仕組みがあります。

 

完全に無法地帯なのではなく、スタッフ経由でメッセージを相手に届けられるため、婚活目的でなく、ビジネスに繋がりそうな方への手紙でも、趣味友達としてのお誘いの手紙でもOKです。「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」は、婚活パーティーのデメリットや煩わしい部分がないので、ミラコロメディアとしても割とおすすめのシステムだと思います。

 

5.交流会時のプロフィールカードの工夫

「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」では、名札とプロフィールカードが用意されています。趣味、好きな食べ物、価値観、ライフスタイル重視の出会いができるように工夫されているので、従来の婚活パーティーよりも断然出会いやすいです。

 

入会資格と料金

「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」への入会資格は以下の通りです。

 

1.日本国内在住で、男性・女性ともに法律的に独身の方。恋人・配偶者がいないこと。

2.男女ともに、満40~65歳の方(イベントごとに身分証で本人確認があります)

3.入会には本籍地の自治体が発行する独身証明書が必要。

 

一般的な社会人で年齢条件を満たしていればだいたい利用できるサービスです。

 

公式サイト、または、相談会・体験会から申し込みできます。

avatar

 

入会費

「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」への入会金は、普通の結婚相談所と同じくらいの金額です。仕事の出会いにも婚活にも使えると考えれば決して高くはありません。

 

  • WEBからのお申込み:39,800円
  • 紙の申込書でのお申込み:50,000円

 

個別無料説明会&相談会も随時実施されています。「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」の詳細を知りたい方は説明会&相談会を活用してください。

※女性は、満53才~65才の方を対象とした個別相談会のみ(2019年2月現在)

 

月会費

入会金とは別に、月会費が必要です。この月会費も結婚相談所に比べるとそこまで高くはない相場です。

 

9,800円

 

※入会手続き完了月は無料

※事務局が独身証明書を拝受し、全ての会員登録手続きが完了した月が「入会手続き完了月」となります。

 

イベントの参加費

イベントに参加する時には、参加するごとに参加費を支払うことになります。結婚相談所のお見合いコストと同じようなものです。

 

2,000~9,000円

 

婚活アプリならば出会ってからのデート代、結婚相談所ならばお見合い費用と置き換えて考えると良いでしょう。特に痛い出費にはなりません。

 

問い合わせはこちらへ

「Meeting Terrace(ミーティングテラス)」へのお問い合わせやウェブ申込みは以下の公式サイトより。

公式ホームページ:https://meetingterrace.jp/

電話番号:050-6861-0010

(平日)10:00~17:00

(土日祝)12:00~17:00

 

 

イベント・交流会の内容と口コミ

食事がメインの交流会は3時間ほど、イベント参加型の交流会は6時間ほどかかりますが、男女比は理想的なほぼ5:5で運営されていれ、男女ともに参加費がかかるので不公平さもありません。1度のイベントで20名は集まるようですので、セミナーや交流会しながら出会いを見つけるのにはちょうどよい機会になります。

 

セミナー with 交流会

勉強会と交流会が一緒になったイベントもあります。セミナーを受けて勉強をしたあとに、交流会がある形式なので話題も十分あり、興味関心もかなり似ている可能性があります。

 

ワインなどお酒のことを学びながらの交流もできるため、まさに大人の交流会としておすすめです。出会いがなかったとしてもワインとの出会いや学びはあるので損はしません。

 

イベント with 交流会

ホテルのレストランでのビュッフェ、屋外でのBBQ、スポーツなどをメインとしている娯楽性の高いイベント兼交流会もあります。

 

勉強会やセミナー参加より楽しい時間を過ごしながら交流もしたい方はこちらがおすすめです。

 

交流会のみ

同じ趣味、同じ目的を持つもの同士の出会いと交流を持つだけの企画もあります。休日にあまり時間を取れない方や、遊びやセミナーには興味がない方はこちらがおすすめです。

 

共通の趣味を持つ者同士、同じ価値観の者同士で交流できるはずです。人数が集まっていれば普通の婚活パーティーと何ら変わりありません。

 

【開催例】

  • 秋の隅田川テラスでノルディックウォーキング
  • MAIMON GINZAで愉しむディナー&交流会
  • 大人のデートで盛り上がる「城」見学の基礎知識
  • 初心者も楽しめる「観能」&交流会
  • 投資のプロから学ぶ「将来のための資産形成」
  • 歴史で楽しむシャンパーニュの世界

 

 

実際のイベントの一例

東京・銀座にて「獺祭(だっさい)セミナー&交流会」

最近の日本酒ブームの火付け役となった獺祭の蔵元によるセミナーと、獺祭を飲み比べながら料理を味わう交流会の2部構成。どのような人が集い、どんな出会いの場が生まれているのか。
銀座の大通りに面したビル12階の和食店「江戸前肉割烹(かっぽう) 宮下」。

 

席に着いた参加者らは少し緊張した面持ちだ。男女計21人。午後2時、司会者のあいさつでセミナーがスタートした。

講師は、旭酒造(山口県岩国市)営業部長の松藤直也さん。8年間、酒造りも経験したという。参加者は資料を手に、メモを取ったり、うなずいたり。

45分のセミナーの後は、交流会に移った。男女混合の4人掛けのテーブルが5卓。飲み比べの3種の獺祭が注がれると乾杯の声が響いた。「どれもおいしい」、「やっぱり『二割三分』かな」と口々に感想をいう参加者。先ほどの真剣な表情とは打って変わって笑みがこぼれた。

 

松藤さんがボトルを持って各テーブルを回ると参加者から熱心な質問が飛ぶ。40代の女性参加者は、「実は日本酒は全然飲まないんです。だから、飲み方を学びたくて」。イベントは趣味を広げるきっかけでもある。

料理は、カウンターに取りに行くビュッフェスタイルで、獺祭の酒粕(さけかす)を使った鶏料理やスイーツなど全7品。多くの人と知り合えるよう、交流会1時間45分の間に男性の席替えが4回あり、料理を分担して運んだり取り分けたりする姿も見られた。

MTのイベント企画・運営に加わるリンクバル(本社・東京)のイベント・クリエイティブ事業部部長、高柳大介さんは「会員組織ということもあり、ミーティングテラスの参加者は打ち解けるのが速い」と話す。終盤、テーブル対抗の「日本酒クイズ」が始まると、優勝商品の獺祭300ミリリットル瓶をめぐり、一体感も生まれていた。

終了直前、参加者は男女別に分かれ、気になる相手の名前と、自分の連絡先をカードに書いた。カードは封筒に入れられ、退場時にスタッフが相手に渡す。カップルが成立したかどうかは周囲に知られず、本人同士で確認できる仕掛けだ。

 

今回初めて参加したという東京都在住の50代の公務員の女性は「とても楽しい時間でした。緩やかなきっかけから、関係が熟成されていくイメージを持ちました」と振り返る。今回で3回目という大阪府の会社経営者の40代男性は「キチンとした印象の女性が多い。今後もいい出会いを求めて参加したい」

一方、「結婚が目的ではなく、人とのつながりから人生を豊かにしたいと思って参加しました」(東京都、40代、会社員女性)、「男性との出会いは求めているけれど、まずは多くの人と、サークル活動のように楽しい場になれば」(横浜市、50代、薬剤師女性)との意見も。

東京都の50代会社員男性は、これまで12回イベントに参加した。「今日も、これまで会ったことがある方が何人かいました。1回会っただけで交際に至るというのは自分には現実的ではない。何度も参加する中で知り合えたら」と話していた。

引用元:https://www.asahi.com/articles/DA3S13367073.html

 

退会方法

特定のパートナーができた際は、会員規約に基づき退会が必要です。

 

マイページの会員登録情報変更画面から行えます。申し込み中のイベントがある場合はキャンセルが必要です。

 

また2年以内の再入会の場合でしたら、入会費は免除となります。ただし、独身証明書は再度提出が必要です。

 

 

↓もっと気軽な婚活パーティーに参加するならこちらがおすすめ↓

avatar

 

  PARTY☆PARTY
料金
(※目安です)
男性:5,000円~6,000円
女性:1,500円~3,000円
年齢層 20代~30代がメイン
地域 全国20ヵ所以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA