50代夫婦でも情熱的に愛し合う方法~一緒に筋トレでもっとラブラブに~【シニア婚活】

体力や体型が重力と年齢に負けてくる50代の夫婦こそ、一緒に筋トレして愛を深め合いましょう。新婚50代夫婦でも性欲はありますが、体力がありません。食事と運動、ウォーキングができれば何ら問題はないので、一緒に年齢に逆らうチャレンジを楽しみながら、夫婦生活を充実させましょう。夫婦でボランティアに参加するのも理想的ですよ。

高齢者でもセックスはできるし、思ってるより楽しめるんです。

avatar

 

長期間のセックスレスを打開するには

最近では晩婚化で、50代で新婚というカップルも増えてきています。20代や30代の新婚カップルでは、夫婦の営みも毎日のようにあるかもしれませんが、50代となるといかがでしょうか?女性の方は、閉経後には妊娠の可能性がなくなるので、よりセックスに開放的になるということもよく聞きますよね。最後にひと花咲かせたい!というように。

 

でも女性だけがそう思っても、男性のほうはいかがでしょう?気持ちは若いころと変わらず、女性を抱きたいという性欲はあるのかもしれませんが、そういう気持ちに体の方がついていかなくなってくるのが現実です。

 

なかなか厳しいセックレスの打開ですが、決して方法が無いわけではありません。

年齢からくる体と気持ちの変化があります。

avatar

 

男・女を感じられるようにもう一度やり直す

健康体であれば、60代でも問題なく勃起します。40~50代で勃起不全の症状があるとしたら、心因性のものが原因ということが考えられます。コンプレックスや思い込みによるものも多いので、奥様の優しい心遣いや、夫婦で何か一緒に始めることは、二人の関係をより良いものにしてくれます。

 

当たり前になりすぎた二人の関係も、思いやりや優しさを心がけることで、出会った頃のように、お互いに男性・女性を意識出来るようになっていきます。それによって、セックスレスも少しづつ、解消されていくでしょう。

 

もう一度恋するために必要なきっかけは?

まずは、毎日二人きりで会話をする時間を作るようにしましょう。仕事が終わってから寝るまでの時間を、夫婦の会話のための時間として大切にしている人は多いです。この二人の会話の時間をしっかりと設けるようにする事は、夫婦仲良く過ごすためのコツです。

 

仕事後のリラックスタイムは、夫婦でお酒やお茶を飲むなど、くつろいで会話をゆっくりと楽しむにはとても適した時間帯ですよね。ちょっとしたことですが、楽しい時間を共有することで、もう一度恋をするためのきっかけも出来ていくのです。

まずはきっかけづくりから。結局は男女、いつまでたっても、男と女よ。

avatar

 

思い出の場所を巡る旅行をする

夫婦の思い出の場所といったら、思いつくのはどこでしょうか?初めて出会った場所、初めて一緒に旅行をした地域、良く食事に行ったお店などが挙げられますが、一番の思い出の場所はやはり、挙式した場所といえるのではないでしょうか。

一番オススメなのがこれです。プロポーズの場所とか、初デートの場所とか。

avatar

 

長い年月を経てもやはり、色あせない思い出として心の中に鮮明に残っているものです。新婚旅行に行った場所に再び訪れるのもおすすめです。1日くらいは夫婦で別行動をして、お互いにプレゼントを買い、夜にはどこかで待ち合わせなんて、考えるだけでドキドキしませんか?

 

普段同じ家に住んでいると、現実的な生活感をお互いが感じてしまうも無理はありません。しかし、外で待ち合わせをしてデートをすることにより、相手の違った面を発見することもあるので、新鮮な気持ちになりますよ!

物足りなかった場所にもう一度行ってみるのもあり。

avatar

 

昔のアルバムを見て思い出す

二人は出会ってから、二人だけの歴史を積み重ねているはずです。いま一度、その歴史を振り返る時間を作りましょう。とても貴重な時間になるはずです。写真を見ながら、あの時はこうだったねと笑顔で話すような時間は、思い出を共有している二人にしかできないことです。

 

そのような素敵な時間を過ごすことで、今二人でいられる幸せを感じられますよね!自分、また二人にとって懐かしいなあと思う写真を見ることにより、人生を共に歩んできたんだなぁという、しみじみとした気持や、相手に対する感謝の気持ちも自然に沸き起こってくるでしょう。

 

2人で寝るベッドを新しくする

毎日使っている何かを新しいものに買い替えるということだけで、女性は気分が高揚するものです。また、ベッドを新しくすると、その新鮮さで気持ちが新婚時代に戻ることもあるでしょう。ベッドカバーなどの寝具のカラーで、風水で良いとされているのはピンクです。

 

なぜならピンクは愛情や女性を表し、恋愛の運気をあげてアンチエイジングの効果をもたらしてくれるからです。また、淡いピンクにはリラックス効果があります。

一番雰囲気が盛り上がるのが、これです。これから、このベッドで致すんだ、ってね。

avatar

 

主に男性が奥様をもう一度口説き直すべき

世の中の女性の中で、一番口説きづらいのは、ずっと連れ添ってきた妻だという、笑ってしまうような言葉があります。特に日本人の男性は、それが一番苦手かもしれませんね。まずは夫としてではなく、男として奥さんに感謝の言葉を伝えます。

 

そしてちゃんとひとりの女性として扱い、「きれい、可愛い」などと、容姿を褒めてあげることです。まずは、ここから始めてみてはいかがでしょうか?マンネリになって、一緒にいるのも当たり前になってしまった二人の関係にも、出会った頃の新鮮な気持ちも少なからず蘇ってくるものです!

恥ずかしさや照れはいりません。言葉にして褒めて!

avatar

 

運動習慣から始めるのが科学的にもおすすめ

一緒にウォーキングをしたり、ジムに通ったりする事もオススメです。会話を楽しみながらウォーキングをすると、夫婦の会話の時間も増えて一石二鳥です。ジムでは、筋トレや水泳なども良いかもしれません。

 

お互いの進捗状況を見せ合ったり、励まし合ったりしながら通うと、ひとりで通うと3日坊主になりがちなジムも、夫婦で通ったら長続きも自然に出来てしまうのです。

一緒に汗をかくのは精神的にも癒やされるんです。ただただ無言でウォーキングするのもいいかも。

avatar

 

運動するとホルモン分泌が正常化しやすい

精巣から分泌される男性ホルモンの代表格をテストステロンといいます。また、テストステロンは男性のみのものではなく、卵巣と副腎で作られるテストステロンは、女性の性欲をコントロールしているとも言われています。

 

有酸素運動を45分間続けると、テストステロンが最も増えることになります。また筋トレは、テストストロンが上昇して維持されるという事が認められています。このように、有酸素運動や筋トレを続けることでホルモン分泌が正常化されるので、とてもおすすめです。

運動すると男性機能が高まるので、消えかけていた性欲が戻るかも。

avatar

 

男性ホルモンが出れば男女ともに性欲もアップする

男性ホルモンが分泌され、そして増えることによって、性欲とセックスの持続力の向上が見込まれます。それによって、女性もセックスでより快感が得られるようになるので、男性だけでなく、女性の性欲も高められるでしょう。

運動して増えたホルモンで、男女ともにその気になれるはず。でも、始めたばかりは疲労でそれどころじゃないかも。

avatar

 

体力が身につけば夜もしっかり楽しめるようになる

男性が体を鍛えて体力がつくと、中折れしにくくなり、しっかりと射精でセックスを終えられるようになり、男としての大きな自信にもつながります。また女性のほうも、自分の体の中で射精まで導けたというように、幸福感が得られます。

 

それによって、お互い夜の営みが楽しいものとなり、50代夫婦としては最高に幸せな関係と言って良いでしょう。

 

まずはウォーキング・散歩から

夫婦で手っ取り早く始められる運動は、ウォーキング・散歩です。用具などの用意は全く不要であり、時間さえ合ってしまうと、敢えて遠くに行く必要もなく、ただ近所をぶらぶらと、二人で話しながら歩くだけで良いのです。

急に激しい運動をすると、十中八九、怪我をします。準備運動からはじめて、ウォーキングくらいからやりましょう。

avatar

 

少し慣れて来たら早歩きをしたり、歩くスピードに強弱をつけたりなど、色々と負荷を強くしてみるのも良いかもしれません。そして、徐々に時間を延ばしていくのです。さあ、今日からご夫婦で早速始めてみてはいかがでしょうか?

 

健康に良いばかりではなく、二人の生活をぐっと楽しい時間で満たされていくこと間違いなしです!

セックスが日常になってきたら、二人で汗だくセックスして運動にするのもいいですね。

avatar

 

コメントを残す