【速報】楽天オーネットが株式譲渡?ポラリスという会社が買収?オーネット会員はどうなる?

ミラコロでもご紹介している、大手結婚相談所の楽天オーネットが、楽天グループから別の会社に運営が変わることが決まったそうです。

楽天株式会社(代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「当社」といいます。)は、当社連結子会社である株式会社オーネット(以下「オーネット」といいます。)の全株式をポラリス・キャピタル・グループ株式会社(代表取締役社長:木村 雄治、以下「ポラリス」といいます。)が新たに設立する会社へ譲渡することを決定し、当該会社との間で株式譲渡契約を本日締結しましたのでお知らせします。

楽天オーネット公式HPより

 

ということで楽天は今ケータイ電話事業などに事業を注力させていくこともあってかの売却となったようです。売却金額は250億円になるようで、時期的には2018年の12月下旬になるようです。売却先は投資ファンドなので、この後には、どこの会社が引き継ぐかが注目されています。

楽天オーネットは譲渡先でこのまま継続されるようで、「楽天オーネット」のブランド名は1年以内に変更する予定になっているようです。そのまま上場も視野にいれているということなので、楽天本体の会社傘下ではなくなりますが、会員さんは安心してサービスを継続できるようです。

 

そもそも楽天オーネットとは?

 

そもそも楽天オーネットは、もともと株式会社オーエムジーという会社が、1980年から運営していたサービスで、2007年12月に楽天グループに入り、楽天オーネットとして運営していた会社になります。テレビコマーシャルの影響などもあって、会員数は6万人という結婚相談所では最多の会員さんを誇っている会社になります。

その後現在は楽天オーネットは、全国約40ヵ所、約5万人の会員数を誇る、日本最大手の結婚相談所として有名です。

こちらのテレビCMでもお馴染みですが、

いわゆる昔ながらの結婚相談所とは少し違い、最近主流のデータマッチングを取り入れた新しいタイプの結婚相談所となっていました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA