Omiaiでメッセージが既読になって続かない?婚活アプリでメッセージが長続きするためのコツとは?

Omiaiで気に入ったお相手とマッチング成立!いざメッセージを…

夢がふくらみますが、実際のところ「メッセージが続かない」「返事がこない」などの展開になるケースは少なくないのでは。

メッセージのやりとり段階では見えないライバルも多く、ここは勝ち抜きたいところ。

メッセージを盛り上げて実際のデートへ結び付けたいですよね。

最初のメッセージのコツ

挨拶を欠かさず、

短すぎず長すぎず、

そっけなさすぎず慣れ慣れしくなく、

といったポイントを押さえて好印象なメッセージで続くやりとりを始めましょう!

 

礼儀は欠かさない

「はじめまして」など、マッチングアプリの世界でも日常の常識的な挨拶は欠かさないようにしましょう。

会ってみたいな、と思っていたら尚更です。

特にOmiaiでは多いと思われる真剣な出会いを探している人には、男女ともにきちんとした挨拶、態度は好印象です。

また、最初から馴れ馴れしかったりタメ口などは、軽い相手や非常識な人と捉えられる可能性大です。不快な印象を抱く人もいるでしょう。

同じく「w」や、「ワロタ」などのいわゆるネット用語も避けた方が真剣さが伝わります。

早く仲良くなりたいからといっても、段階を踏むのを忘れずに。

ちなみに「マッチングありがとうございます」などのお礼も一言あると好感度高いです。

送る時間も、相手がどんな人か分からない場合は、深夜など一般的に非常識とされる時間を避けた方が無難です。

加えて、漢字の変換ミスによる誤字にも気を付けてください。

 

一言の定型パターンでラクをしない

メッセージで、

男性「はじめまして!よろしくお願いします」

女性「メッセージありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします!」

以上。~終了~

といった経験はないでしょうか。

せっかくマッチングして始まったメッセージ交換が意味無く終了してしまう残念な例ですよね。

多くの男性、女性ともに、他の人ともメッセージをやりとりしていると思います。つまりライバルのメッセージに埋もれてしまうことは多々あります。

相手に興味があったら最初のメッセージにももう少し何かほしいものです。

例えば、

一言、二言の自己紹介

(大まかな職業や、住んでいるエリアなどなど。

宗教など怪しい業者ではないことや、現実的に実際会いやすいかどうかが伝わります)

相手のプロフィールに関する簡単な話題

(「自分も○○が好きで、よく△△に行きます」など共通点からネタを広げたり、

相手の写真に写っているものに関わる簡単な質問をしたり)

「いいね!」した理由

(「同じキーワードがたくさんあったのでお話してみたいと思いました!」など、

やみくもに「いいね!」を送っている人でないこと、きちんと相手を考えて「いいね!」している真面目な様子をアピール)

など少し添えて送ると、相手も返信しやすく、また印象にも残りやすくなります。

また、相手のプロフィール写真から、「とても素敵な雰囲気の方とマッチングできて嬉しいです」など容姿をさりげなく褒める、というのも好印象でしょう。

 

いきなり踏み込んだ事をきかない

まだ仲良くなってもいないのに、

「どこに住んでるんですか?」

「前の恋人と別れてどれくらいですか?」

など、全く知らない相手から早々にプライベートにグイグイ突っ込まれると、警戒されるか引かれる可能性が高いです。無礼な人、と思われる可能性もあります。

また、いきなり複数の質問を同時にする「質問攻め」も控えた方がよいでしょう。

メッセージの文面に圧迫感が出て返信が面倒になったり、コミュニケーション能力が疑われて警戒されてしまうかもしれません。

実際に対面している場合でも、初対面の人には急に立ち入ったことは聞かなかったり、会話のキャッチボールを大切にするのと同じ感覚で、

むしろ実際に会っている時以上に気をつかうべき点といえます。

 

自己紹介と自分語りは違う

自己紹介は大切といえど、知らない人に、最初から長々と自分の事を語られるというのも重いものです。

一方的・自己中心的なメッセージにもなりかねません。

中には「毎日仕事で疲れて、、」などグチのような内容や、逆に自慢ばかりになりがちな場合も。

そんなメッセージを送られた方は「この人自分大好き人間なんだな…」「なんかうっとおしい」と、プラスに感じることはないでしょう。

自分のことは、あくまで「語り」すぎないように、簡潔さわやかに伝えましょう。

詳しい内容は小出しにしてむしろ今後のメッセージのネタにしましょう。

 

相手のプロフィールに触れる

「自分のプロフィールをよく見てくれたんだな」と思われて損は何一つありません。

キーワードをピックアップしてもよいですし、それに加えて自己紹介文の内容に触れるとより真剣度が伝わりやすいでしょう。

「自分も○○が好きです」と何か共通の事を伝えてみたり、相手の詳しそうなことを軽く質問してみるのもよいでしょう。

自分の好きなことを聞かれたら、相手はとても答えやすいはずですし、その後の話題も広がりやすくなるかも。

また相手の写真(特にサブ写真)に写っているものには話題作りにうってつけのものがあるはずです。

動物、料理、風景、車など、人によって様々ですが、

ペットらしき動物であれば「かわいいですね!何歳ですか?」

お店の料理であれば「美味しそうですね!自分も○○よく食べに行きます」など、

何か一言褒めやすいもの&質問、コメントしやすいものがあると思われます。

この際、大袈裟でなく褒める一言を添えておくのがオススメです。

サブ写真にUPしてあるものは何かしらその人のお気に入りのものなはずですから、ぜひそこはメッセージで触れたいところです。

 

続くメッセージとは?

常に相手の立場や気持ちを考えて、一方的な内容にならないように気を付けて!

相手のノリに合わせる

返信がきて、その内容はどのような感じでしょうか。

相手の勢いやテンションをよく察して、温度差が生まれないように気を付けましょう。

 

まだしっかり距離感を取って、様子を見ている感じなのか、

フランクで早く会いたそうなのか、

一回の長いメッセージが多い手紙タイプか、短い文を数回に渡って送るチャットタイプか、

どれくらいの時間を空けて返事を送ってくるか、

どのような時間に送ってくるか、

絵文字・顔文字はどのように使われているか、

など、様々なことが分かると思います。

その時点でメッセージを続けていきたいのであれば、ある程度ノリを合わせることが必要でしょう。

 

返信しやすい内容を

 

相手「○○が好きなんですか?」

自分「はい!」

 

また、

 

相手「○○って、自分もよく行きます!」

自分「そうですか~!」

 

こういった、yes・noや相づちのみの返事では、相手も最初は何かしら続けて話題をふってくれるかもしれませんが、時間の問題です。

実際の会話と同じように、

相手の振った話題に返事や共感やリアクションをしつつ、

こちらからもそれにまつわる質問や、話題が広がる一言を加えることが大事です。

一番メッセージが続きやすいのは「ライトな質問」です。

前述したとおり、深入りしすぎた質問や、質問づくしはもちろんNG。

たとえば、

 

相手「○○が好きなんですか?」

自分「はい!~~さんもよく○○されるんですか?」

相手「そうですね!○○の有名な△△へ行くのが好きです」

自分「そこぜひ一度行ってみたいと思ってたんです!どんな感じですか?」

 

などなど、メッセージが盛り上がっていきます。

また、自分のことを全く話さず、相手への質問のみというのもNGです。

このメッセージを送ったら相手はどう感じるか、相手との会話が続きやすいかどうかをいつも気を配っていくことが大切です。

 

「重い!」と思わせない

真剣度を伝えたいがあまり、序盤から長々とした手紙のように長文になってしまうのはNGです。

きちんと礼儀もわきまえ、自己紹介をし、相手を思いやる内容も盛り込んで…というと長くなりがちですが、

受け取った方としては重く感じてしまうでしょう。返事も面倒くさいと思われて放置されがちです。

一方的な長文は尚更です。

加えて、相手のメッセージのペースとかけ離れた即レスも、毎回続けていると引かれる可能性アリです。

 

また、婚活中の方で、結婚を急いでいる感が一方的に出すぎてしまうのも要注意です。

 

「軽い!」とも思わせない

逆に、フットワークが良すぎる一言メッセージや、

誰にでも使えるテンプレート的メッセージばかりも、軽いと思われてしまいます。

加えて、すぐ「会いたい」アピールもNG

真面目な相手からは、「業者かも」「遊び相手を探してる人かも」と思われてしまうでしょう。

LINE 交換を急かすのも業者に多い手口なので、警戒されてしまっても仕方ありません。

 

スムーズにデートにつなげる

メッセージが続いてきたら、ぜひ自然にデートへ!

相手の興味を聞き出す

「キーワード」のタグや自己紹介の内容をきっかけに、相手の好きなものや興味があることをもっと詳しく聞き出していき、

自然に「この人と会うならどんなデートがいいかな」というのが見えてくるようにメッセージを有意義に展開させていきましょう。

相手の興味が食べ物ならば、外食の話題へ、などといった感じです。

お互いが行ってみたい場所や、オススメのスポットなどの話題をふることはデートにつながりやすいでしょう。

ただし聞き出すといっても、「詮索する」という感じにならないように…

 

ときには当り障りない話題も

「早く会ってみたい!」と思っていても、それを感じさせないことも大事です。

「とにかく一度会いませんか」などの発言は、真面目な相手には即警戒されてしまうでしょう。

早く会いたくても焦らず、デートへと繋げるメッセージの中にも時には

「今日も暑かったですね~」など当り障りないことや、

仕事などで何か珍しいことがあれば「こんなことがあってびっくりしました!」など、

相手が返信に困らない範囲での、日常の出来事などちょっとしたやりとりも含めて、コミュニケーションをとっておくのも信頼関係を築くコツです。

お互いに自分がどんな人かを理解する手がかりになり、デートの計画もスムーズになるメリットもあります。

デートや会うことから一時話題が逸れると、ガツガツしている印象も持たれません。

 

デートプランを提案する

ある程度メッセージが順調に続いたら、元の相手のプロフィールのキーワードなどに焦点をあてて、

相手が行ってみたそうなお店スポットのオススメポイントを挙げてみましょう。

テーマが食事であれば、美味しそうな店の一押しメニューなど、相手の気が乗りそうな情報をアピールしましょう。

「行ってみたいところがあって」

「オススメのお店があって」

などの具体的なデートプランがあるお誘いは、単に「食事でも行かない?」と言うより、警戒もされづらく、また当日もスムーズです。

相手も「行きたい!」と言いやすいでしょう。

ちなみに相手が行きたいお店などを提案してきたら、念のため、一応調べてみるなりして、危ないお店でないことを確かめることをオススメします。

 

返事がこなくても焦らない

返事が来ない場合、初回であれそうでない場合も共通なのは、

間隔を開けずに追い打ちメッセージを送らないこと。

「どうしたの?何で返事くれないの?」

「何かありましたか?返事待ってます」

などの催促はもちろんNGです。

相手が、自分に悪印象を抱いていたわけでは全然なく、ただ単にうっかりしていた、という場合でも、催促されて気持ちが良いという人はいないでしょう。

忙しかったのならば尚更です。

どうしても忘れられないようでしたら、しばらく間をあけて、

「お疲れ様です!」

などの返事を強要しない内容の、軽い挨拶程度といった短いメッセージでアクションを起こしてみましょう。

 

 

 

 

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA