ペアーズの地雷ユーザーの見分け方

マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」では、そこそこプロフィールや写真がしっかりしているのに、地雷なユーザーが一定数存在しています。そうした地雷ユーザーに貴重な時間を奪われないように、ここで「地雷男(女)」の見分け方をご紹介します。

pairs

写真が未登録・プロフィールが中途半端

マッチングアプリでは、どのような写真を載せるか、プロフィールをどのように充実させるかが重要なポイントを締めています。なのに、写真が未登録だったり、プロフィールが中途半端であったりというのは、様々な理由が考えられます。

 

まずは、極端な面倒くさがり屋。

 

こういう人は、ペアーズでの活動を面倒に思ってしまい、すぐにやめてしまうという可能性が高いです。

 

仕事柄載せにくい人もいる

また、仕事柄、顔写真を載せられないという男性ユーザーもいるでしょうし、会社の人達にバレてしまうのは、やっぱり恥ずかしい…というケースもあります。

 

プロフ欄もチェックして、どうして顔写真が未掲載なのか、その理由がはっきりと書いてあり、納得のできるものだったら、それほど気にすることはないでしょう。

 

既婚者は逆に堂々と載せてるかも

ペアーズは結婚相手を探すための場なので、既婚者が登録していることは迷惑でしかありません。どのマッチングアプリでも「登録の時点で独身であること」が入会の条件になってはいます。

 

しかし、実際には、独身であるかという条件がクリアできているのか、確実にチェック出来るものではなく、既婚者も紛れてしまっているのが現状です。

既婚者のほうがこういうのに手慣れているため、写真もいい感じのもので、プロフィールも出来上がってることがあります。

avatar

 

既婚者ユーザーは、プロフに写真を登録していなかったり、個人が特定できないような画像を使用している場合が多いです。それもそのはず、家庭がある以上マッチングアプリの登録を知られたいはずは無いからです。

 

「職務上、顔をさらせないので、見たい人には個人的に送ります」と書いている人もちょっと警戒したほうが良いのかもしれません。

 

ただののぞき見垢の可能性も

また、写真が登録されていなかったり、紹介文が短かったりなど、プロフィールの完成度が中途半端なユーザーは、ただ単に冷やかし、のぞき見ということも考えられます。

性別さえも疑わしい。なんならスクショして晒されてるかも。

avatar

 

逆に、プロフィールが長すぎる男性は、実際に会ってみると会話がつまらないことが多いということもあるようです。プロフィールが読みやすく、まとまりのあるユーザーは、実際に会っても話が盛り上がる確率が高いと言われています。

 

「いいね」をする際にも、そしてマッチングをしてからも、これらのことは覚えておいてくださいね。

pairs

登録して間もないユーザーはまだ準備中

とりあえず登録だけして、時間のある時にちゃんとした写真を載せるなど、後々プロフを充実させようと考えている場合もあります。

 

まだ準備中、ということですね。

ただただ準備中なので、いいねしても気づかれず、無駄になって、結局忘れ去られる可能性があります。

avatar

 

特に写真は、たくさんの「いいね!」をもらうには、どのような写真を載せるかが重要なポイントになります。きちんとした写真を撮ろうとすると、ある程度の時間や労力が必要になります。

 

例えば、青空の下で撮影したい、海が好きだから海をバックに撮りたい、などを予定しているような場合、天気にも左右されるでしょうし、美容室に行ってから、服を買ってからなどのように考えていることもあるでしょう。

 

なので、写真が未登録の場合は、登録してまだ間もなくて、準備中のユーザーという可能性も大きいです。まだアプローチすべきタイミングではないということですね。

pairs

プロフ写真のエゴがすごい・病んでいる

第一印象は間違いなくプロフ写真に左右されますよね。

 

「こんな写真はイヤだ」という女性側の意見を調べてみると、イヤな点についてはやはり共通しています。

結論を言えば、上手に他人に撮ってもらった自然な写真を使いましょう。

avatar

 

下手な自撮りは無理

まず、自撮り写真はウケが悪いようです。自撮りでいかにも「俺様、カッコイイだろ」みたいなポーズでドヤ顔を決めているような人はすごく不自然で、ナルシストっぽくて、ちょっと引いちゃいますよね。

 

鏡の自分を撮るな

鏡の前での自撮も、エゴがすごそうな人という印象を持ってしまいます。誰もいないエレベーターやトイレで自撮りしているのも、その姿を想像すると、ちょっと勘弁かな…と思ってしまいます。

 

SNOWはやめてくれ

カメラ目線での真顔も、指名手配写真みたいで普通に怖いです。いい歳した男がSNOWでうさぎだのネズミだのに変身している画像は、こいつ大丈夫か?病んでるのでは?とイライラしてしまう要素大です。

 

グラサン初期装備なの?

また、マスクをつけていたり、サングラスをかけていたり、帽子を深くかぶっていたりする写真も、不安感しかありません。そもそもそんな秘密主義な人となんて、怪しすぎて会えませんよね。

 

例を挙げたらキリがありませんが、とりあえず直感で「ちょっと??」と思ったら用心するのが賢明です。プロフ写真からも、男性ユーザーの人間性やモラルが垣間見みえるものです。

違和感を感じたユーザーはその時点で、その直感が間違ってないのでアプローチしない方が良いです。

avatar

 

やはり自然で、素の自分を素直にさらけ出している写真は好感度が持てますし、そういう男性ユーザーのほうが会った時にも違和感はないでしょう。

pairs

イケメン過ぎる「完成」されすぎ垢

他にも、ふざけたユーザーネームや、あまりにも自分がイケメンであることをアピールしたがる男性など、地雷男は少なからず登録しています。そうは言っても、世の中に変わってる人、個性的な人が一定数いるように、マッチングアプリでもそれと同様、いろんな人がいるのです。

ネタで笑いが取れるような写真が2枚目、3枚目にあるならまだ良いですが。

avatar

 

決してマッチングアプリだから地雷男が多い、というわけではありません。地雷男であることに気づけずそのまま恋活を進めていると、やり取りやアポにかけた時間が無駄になります。

外の社会よりも地雷に出会いやすいので、慎重さや切る時はさっと切るスタンスが大切です。

avatar

 

地雷男のせいで、せっかくの楽しいマッチングアプリでの出会いが制限されてしまうのは非常にもったいないです。地雷男を見極め、極力関わらないこと、そしてやり取りを始めてから気づいてしまったら、そっとフェードアウトするのがオススメです。

 

この記事を書いた人

コメントを残す