ペアーズで突然メッセージが消える理由は?ブロック?退会?ブロックしたら相手にバレるの?

ペアーズを使っていると、いきなり相手のプロフィールやメッセージなどが見られなくなることがあります。基本的にマッチングアプリではブロックという機能があり、ペアーズでもブロックの設定が可能です。ブロックをすると、ブロックした側、された側、両方に影響があります。

この記事では、突然プロフィールやメッセージが見られなくなった原因、ブロックと退会の見分け方など、ペアーズのブロックについて詳しく解説しています。

 

ペアーズで突然メッセージが消えた!プロフィールが見れない!なんで?

ペアーズを使っていて、突然、「メッセージが消えた」「プロフィールが見れなくなった」などの事態が起きたことがある方も多くいるのではないでしょうか。その際、お相手は”退会済み”と表示されていることでしょう。

お相手が退会してしまうと、メッセージのやりとりがあったとしても、メッセージは見れなくなり、プロフィールも見れなくなります。お相手の画面が一切見れなくなるという事です。

下の画像のようになります。↓

 

 

このように”退会済み”と表示されるのには2パターンあります。

1・相手にブロックされた

メッセージが見れなくなった、プロフィールが見れなくなった、これは、お相手にブロックされた可能性があります。ペアーズでブロックされた場合、自分の画面には退会済みという表示がでます

2・本当に退会している

お相手とのメッセージやプロフィールが見れなくなった場合、ブロックされた可能性もありますが、相手が本当に退会している可能性もあります

 

これってブロックされたの?ブロックと退会の見分け方

マッチングアプリでメッセージ交換をしていた人や、気になっていた人が退会と表示されたとき、本当に退会しているのか自分がブロックされたのか気になる人も多いと思います。真実を知ったところでどちらにしてもどうしょうもないことではありますが、気になっちゃいますよね。ブロックと退会ではダメージも違うでしょう。

結論から言うと、

ペアーズではブロックされたのか退会したのか見分ける方法は現在無いようです。

どうしても気になる場合は、一度退会してペアーズに再登録するしかありません。しかし、ペアーズは一度退会すると1ヶ月間再登録ができなくなりますので注意してください。

→ペアーズの退会についてはこちら

もしくは、ペアーズを使っている友人・知人がいたらお願いして確認させてもらう方法もあります。もし友人のペアーズでログインして、そのお相手のプロフィールがあるとすれば、それは”退会”ではなく”ブロックされた”ということになります。

 

なんでブロックされたのか分からない!ブロックされた原因は?

突然ブロックされたらショックですよね。メッセージの交換が順調に続いていたり、そろそろ会ってみたいと思っていたりしたなら、なおさらショックですよね。

「私(俺)なんかした!?」

と軽くパニックになる人もいるでしょう。

いきなり相手にブロックされた原因はなんなのでしょう。考えられる原因をシチュエーション別に見ていきましょう。

メッセージ交換中にブロックされた原因1・彼氏(彼女)ができた

ペアーズに限らずマッチングアプリでは、メッセージの交換が順調に続いていたとしても、油断はできません。マッチングアプリなどでは、複数のお相手と同時にやり取りを進めるのは一般的です。

たとえあなたと毎日メッセージ交換をしていたとしても、他の人とも同じようにしていたかもしれません。あなたより先に会った人とうまくいったのかもしれません。マッチングアプリはタイミングが非常に重要です。タイミングを逃すといい出会いを逃してしまう可能性があるので、気になる人がいたら積極的にアプローチしましょう。

メッセージ交換中にブロックされた原因2・めんどくさくなった、興味がなくなった

単純にあなたとやりとりするのがめんどくさくなったのかもしれません。徐々にあなたに興味がなくなったのかもしれません。メッセージしていてつまらないと思われたのかもしれません。マッチングアプリも人と人とのやりとりなので、そういうことも当然あります。

メッセージ交換中にブロックされた原因3・不快にさせることをした

メッセージのやりとりを思い返してみてください。

相手を不快にさせるようなことしてませんか?

たとえば、、、

・返信がないのに連続でメッセージを送り続けた

いきなりデートに誘う

・遊び目的、ヤリ目と思われるような発言をした

・いきなり過去の恋愛や結婚について追及した

・相手を否定するような攻撃的なメッセージを送った

・会話のキャッチボールができていない

 

マッチングアプリでも現実の対人関係と変わりません。現実で嫌がられることはアプリでも嫌がられます

特に男性から女性へのメッセージの場合、すぐにデートに誘ったり、遊び目的と感じられるような内容のメッセージは基本的にスルーされる可能性が高いです。たとえあなたにそんなつもりがなかったとしても、女性は男性よりも敏感なので、誤解される言動は慎みましょう。

あとは男女ともにいえることですが、相手を真っ向から否定するようなことを言ったり、いきなり過去の恋愛や結婚について深く追及しようとしたりするのはやめましょう。

結論、”自分がされて不快なことは相手にもしない”ことです。

ちょっと不快に思ったとしても、メッセージを返してくれる人もいます。でもそれに気づかずエスカレートしたらそのうち切られるでしょう。

自分がこれ言われたら嫌だな、とか、自分は聞かれても平気だけど嫌な人もいるかも、とか、一度メッセージを送る前にちょっと考えてみるといいですよ。

→マッチングアプリでメッセージを続けるコツは?

どんなメッセージを送っていいか悩んでいる方は良かったらこちらご参考ください!

 

マッチングする前にブロックされた

ペアーズでは、マッチングが成立したのち、メッセージの交換ができるようになります。たとえばあなたがいいね!をしたお相手が、いいね!を返してくれなかったり、いいね!はしてないけど気になる人がいたりする場合があると思います。

その際、気になってお相手のプロフィールを何度も見て、足あとを残していく人がいます。ペアーズではマッチングが成立すると、お互いの足あとが残らない仕組みになっていますが、マッチングしていない人の足あとは何度も残ります。

同じ人から足あとが何度も残っていたらちょっと怖いし気持ち悪いですよね。これは男女共通のことではないでしょうか。

気になるのは分かりますが、その際は足あとが残らない設定にしたり、プライベートモードを利用したりして、こっそりチェックすることをおすすめします。

→プライベートモードの詳細はこちら

デートした直後にブロックされた

実際にお相手に会って、その後ペアーズを見たらお相手が”退会済み”となっていた、ということもあります。残念ながら、もう会いたくない、連絡とりたくない、と思われてしまったのでしょう。これは仕方のないことです。

ブロックされたらどうしたらいい?

ブロックされた理由について考えられる原因をみていただきましたが、何が原因だったとしても、結局のところ、ブロックされたら終了なのです。

ブロックされたら連絡することもできませんし、相手のプロフィールを見ることもできません。ブロックはお互いに表示されなくなるので、ブロックをした側から連絡をすることもできません。一度ブロックをしたら解除もできません

ブロックされたらそのお相手とはもう終わりなのです。

ブロックされた理由をいくら考えても答えはでないと思います。ブロックされたら悲しいし、気になって仕方ない、という人もいると思いますが、その人とは「ご縁がなかった」と割り切って、新しい恋を探しましょう

 

 

ペアーズのブロックの仕方&ブロックは解除できる?

 

ブロックの設定方法

ペアーズのブロックの仕方をご紹介します。

まず、ブロックしたい相手のプロフィールを開きます。または、マッチングが成立してメッセージの交換をした相手ならメッセージ画面からもできます。

 

【プロフィールからブロックする場合】

 

ブロックしたい相手のプロフィールを開き、プロフィールの右上のボタンをクリックします(青〇で囲んでるところ)。

 

【メッセージ画面からブロックする場合】

ブロックしたい相手とのメッセージ画面を開き、右上のボタンをクリックします(青〇で囲んでるところ)。

 

↓【ここからは共通です。】↓

それぞれ右上のボタンをクリックすると、下のような指示がでてきます。

 

 

《非表示・ブロックの設定》をクリックすると、下のような画面になるので、《自分とお相手の画面にお互い表示されないようにしたい》を選んでください(青〇で囲んでるところ)。

すると、下の画面がでます。《はい》を選択して設定内容を更新してください。

 

ブロックしたお相手はどうなったかというと下画像のように表示されます。↓

 

これでお相手はブロックされました。

 

ブロックは解除できるの?

「ブロックしたんだけどもう一度プロフィールを見たい」「勢いでブロックしちゃったけどやっぱり解除したい!」という方もいるかもしれません。

しかし、残念ながらペアーズでは一度ブロックをすると解除はできません。どうしても”ブロックしたお相手ともう一度連絡を取りたい”、という方は、残念ですが一度アプリを退会して再度登録するしか方法はありません。

プロフィールを見たいだけなら、ペアーズをやっている友人・知人に頼んで確認することは可能でしょう。

どちらにしても、ブロックをする際はよく考えてから実行することをおすすめします。

 

ブロックはどんなときに使う?非表示とは何が違う?

 

こんなときはブロックしよう

先に説明したように、ブロックは一度使ったら二度と解除できません。そのため、ブロックは慎重に使うことをおすすめします。

たとえば、、、

・「メッセージを返していないのにしつこく送られてきて迷惑している」

・「興味のない相手から何度も足あとがついていて気持ち悪い」

・「不快な思いをしたから二度と連絡を取りたくない」

・「自分のプロフィールを見られるのも嫌だ」

このような場合はブロックを使った方がいいでしょう。

ポイントは、”二度と連絡を取れなくていい相手かどうかですかね。

冷静に考えてブロックするほどでもないなと思った場合は、一旦非表示にするという方法もあります。

 

非表示設定とは?ブロックと何が違う?

ペアーズでは嫌な相手がいたときに、ブロックをしてペアーズ上でその人との関わりを断つことができます。ブロックはお互いにプロフィールやメッセージ履歴などが全て表示されなくなりますが、非表示は自分から見たときにだけ、お相手のプロフィールやメッセージ履歴などが表示されない仕組みになっているのです。

どういうことかというと、あなたが相手を非表示にした場合、あなたからは相手のプロフィールやメッセージなどが見れなくなりますが、相手は今まで通りあなたのプロフィールもメッセージも見ることができるのです。

 

【あなたが非表示にした相手とのメッセージを見ようとした場合】

このように表示され、あなたからは見れなくなりますが、相手の画面では何も起きません。従って、非表示にしたことが相手にバレることもありません

ブロックと非表示のもう一つの違い

 

ブロックは、お互いにプロフィールもメッセージも確認できなくなり、一度設定したら解除することはできません。簡単にいうと、

ペアーズ上でお互いの存在が永遠に消える

ということです。(※退会して再登録した場合は別)

一方で、”非表示設定”は、お互いに非表示になるわけではなく、非表示設定をした側に表示されなくなるだけで、解除も自由にできます。一度非表示にしてもいつでも設定を解除して表示させることができます。

非表示の設定方法

非表示の設定の仕方を解説していきます。

非表示の設定は、ブロックを設定する時と途中まで同じ方法になります。

 

【プロフィールから非表示にする場合】

 

非表示にしたい相手のプロフィールを開き、プロフィールの右上のボタンをクリックします(青〇で囲んでるところ)。

 

【メッセージ画面から非表示にする場合】

非表示にしたい相手とのメッセージ画面を開き、右上のボタンをクリックします(青〇で囲んでるところ)。

 

↓【ここからは共通です。】↓

それぞれ右上のボタンをクリックすると、下のような指示がでてきます。

 

 

《非表示・ブロックの設定》をクリックすると、下のような画面になるので、《自分の画面にお相手が表示されないようにしたい》を選んでください(青〇で囲んでるところ)。

 

 

すると、下の画面がでます。《はい》を選択して設定内容を更新してください。

 

 

これでお相手は非表示になりました。

プロフィールやメッセージ履歴などが見られなくなり、見ようとすると下の画像のようになります。

 

 

非表示はいつでも解除できるので、お相手をまた表示させたくなったら非表示設定を解除してください。

【非表示の解除方法】

マイページの「設定」

一番下の「非表示ユーザーリスト」

非表示を解除したいユーザーを選択して「非表示解除」で完了です。

これでまた相手が表示されるようになります。

 

まとめ:ブロックされたらキッパリ忘れて次の相手を探そう

ペアーズをはじめマッチングアプリでは、お相手にいきなりブロックされたり、退会されたりなどはよくあることです。順調にメッセージを交わしていても、実際に会っても、上手くいくとは限りませんし、急にお相手と連絡が取れなくなる事態が起きることもあるのです。

ショックなことですが、相手にブロックされたり、相手が退会した場合、こちらに成す術はありません。どんなに悩んでも何も解決しないのです。

モヤモヤしたり落ち込んだりするかもしれませんが、キッパリあきらめて、次の出会いを探しに行った方が賢明です。

マッチングアプリは複数使っている人も多く、その方が当然出会いのチャンスも増えるので、掛け持ちで使ってみるのもオススメです。特に女性は無料でできるものも多いので、色々試してみるといいですよ。

 

マッチングアプリおすすめランキング

 

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA