笑える婚活体験談⑮ 天然爽やかイケメンと少女漫画な体験!?

 

婚活マスターレベッカ
笑えるアラフォー婚活体験談
第15弾 若者だらけの合コンでキュンキュン!?

 

アラフォー女子・レベッカさんの婚活体験談 第15弾!

婚活歴10年以上!!婚活マスター・レベッカさんの抱腹絶倒の体験談、今回は20代だらけの合コンに潜入!

「これは完璧盛り上げ役・・・」そう思っていたレベッカさん。まさかの人気1位、2位の爽やかイケメンに挟まれたーー!どうなる、どうなるう!

今回はちょっと少女漫画みたいですよ♡

第14弾を読む♡

 

1. 踊らされるでない!

 

 

雑誌、ネット、TV番組等々、やたら目にする恋愛や婚活指南のようなもの。

あれを見るとイラっとするのは私だけだろうか・・・。

参考に活動したことがないので、巷のあふれ具合で「これほどまでに悩める羊たちはいるのだな!」と驚かされる。

成功していない私がいうのもなんやけど☆

 

情報はどんどんくれ。ありがたい!楽しい!

体験談、聞かせて、聞かせて♪実際私も書いてるくらいだし(笑)。

でも、「こうすれば結婚できる!」とか、「あなたのここがダメ」「もっとこうすればいいのに」「男とは」「女とは」・・・etc.

 

やかましわ。

 

と思ってしまう。

なんで上から言われなあかんねん。

人間失格かのような、性別保持のスキル不足のような。

生まれてきてごめんなさい的な???

酷いなお前!

(いや、誰もそこまで言うてへんがな。)

 

ネガティブに捉え過ぎ?

いいや!

結婚“できない”男女という前提に、ひとこと物申す!!ってことやねん。

そんなに悩まなきゃならんことかぃな???

悩ませているのは、その“できない”という表現のせいちゃうんか!と。

 

コミュニケーションが苦手な人、出会いがない人、このままじゃダメだ!とカウンセリングに、セミナーにと走る。

指南書やエキスパートの話を真剣に聞いて、倣おうとする。

決して悪いことではないし、前向きになれるし、モチベーションも上がる。

変わっていく自分に自信が持てて、魅力的になっていくのは素晴らしいこと。

でも、もともと自分は素敵、出会う人も素敵、と思うことはできないのかしら?

そう思うだけで自分の表現の仕方も、相手への接し方も、受け止め方も全然違うと思うけどなー。

 

2. 同じ独身でも人それぞれ

 

 

さて。

あるお見合い相手となぜかすごく仲良くなり、友達になった。

仲良くなったのに結婚に至らなかった理由は、それぞれの諸条件に合わなかったから。という単純な表現に留めておく。

一緒に生活はできないな、しかし人間的には魅力のある人で楽しいなって人いるよね。

多分そんな感じで友達として関係が続いている。

 

そして、彼の知り合いの男女とで合コンをしてみた。

私は彼以外全員「はじめまして」やったから色んな意味で新鮮。

すると婚活の苦労話から相談所の評価、日々の愚痴、うまくいかない自分の不甲斐なさ、みたいな話になった。

せっかくやねんからもっと自分の魅力をアピールしたらいいのに、最初だけよく見せようと頑張るけど、段々お構いなしになった様子。

独身男女が集まってなんて色気のない話題!

なんでや・・・もっと自分の魅力をアピールする場なんじゃないのか!?

なんとなく話題に乗れず、孤立する私(笑)。

 

聞けば、とっても出会いが多い様子。しかし、

 

「好きになれない」

「インスピレーションが働かなかった」

「向こうがその気じゃなさそうだった」

「そもそも容姿が好みじゃない」

「背が低い」

「なんかイヤ」

 

ふ、ふーん・・・。

まずは前向きに捉えてみたらいいのに、とは思うけど、そういう意欲も湧かないというならば、それでええやん。

自分の出会える範疇でベスト又はベターがいないなら、地球規模で“コレで手を打とう”と思える相手を探せばいいやん。

なぜ悩む?何を悩む?

悩むなら行動すればいいし、行動できないなら悩まずに現状を幸せだと認めればいい。

 

しかし、彼らは“行動はできないが現状を打破したい”願望を持っている。

「おまえ、その器量でモデル並みの王子/姫が降って湧いてくるとでも思ってんのか!?」

「運命の出会いはドラマティック限定か!?そんなもん後付けちゃうんか!?」

「なんで自分から誘わへんの!?」

「なんでそんな言い方するん!?」

「なんで相手の都合を考えないの!?」

「なんで!?」「なんで!?」

幼児の“コレなに攻撃”のように、ツッコミだけはいっちょ前にさせてもらった。

そのたびに気まずい空気。

そう、なぜなら私も独身というカテゴリーで参加してるから(笑)。

お前が偉そうに言うな!という白い目。

突き刺さるー。イテテテー。

 

で、最終的にあの本にこう書いてあった、あのセミナーを受けたらこんなこと言ってた、などと都合の良い解釈で傷の舐めあい。

それなりに自信がおありのようで・・・。

 

楽しいならいいよ。

あーだこーだ言って、憂さを晴らすのはいい。大事なことかも。

でも“悩んでいる”というならば、私は疑問を投げかける。

 

もしこれから婚活を始めようと思っている人、今婚活中の人、もう婚活をやめようと心折れている人、様々な状況の人がいると思う。

私の体験談を読んで「私はまだマシ」と元気づく人、「こうは絶対なりたくない」「こうなるもんか!」と奮起する人、「バカバカしい、どうでもいいわ」とスルーする人、なんでもありやと思ってる。

そう、千差万別、千種万葉、十人十色、多種多様!

 

色々という意味の言葉ですらたくさんある。

「出会いがない」「行動できない」「好きになれない」「~ない」「~ない」

ないない尽くし。

でもいいやん、あかんの?って思う。

出会いがないっていう人にだって、実は出会いはあるけど、トキメキかつ相手から告白されないと“出会い”と認識しないだけなんでしょ?

で、あれば今はまだ出会ってないだけであって、焦らんでもええやん。

“袖触れ合うも多生の縁”とばかりにアンテナ張りまくりの私には、「出会いだけは多いな~」やったけど。わっはっはっ

 

まあ出会いがあっても、おのれ次第だし。

見逃すのも行動しないのも自由

他人のモノサシに振り回される必要なんてないんちゃうの?と思う。

 

その人には、その人なりの、その人に合ったカタチで、何かしら訪れるもんやろ。

外野は無視でいい!「Don't think, feel !! 」(by ブルース・リー)

だって、十人十色、千差万別、千種万葉、多種多様!

適齢期だって同じ!!

 

3. 夢見る夢男と夢子

 

 

色々悩む必要はないと思うけど、焦りたい人は焦ればいい。だって、焦ればおのずと行動力もあがるでしょう。行動力があがれば、“認識できる出会い”も増えるだろうし、チャンスも比例するはず♪

 

ちなみに、長々とダラダラと婚活をしてると、ある年齢を越えたら独り身仲間が増えた(笑)。

バツ1、バツ2が現れる。

これが実はよくないらしい(笑)。

なぜなら「一緒に色々行動を共にできる仲間ができるとその環境に満足し、婚活意欲が下がり、スケジュールが埋まって婚活が進まなくなるから。」by 指南書。

 

へぇ~・・・。

 

この先、更に歳をとれば、熟年離婚して独りになる人、先立たれて独りになる人(不謹慎かな!?ごめんなさい!)も加わったりするかも。

そしたら、ずっと仲間がいて結局婚活しなくなるかもね・・・。

 

話を戻すけど、その合コンではどんな人が好みかと、どんなふうに恋愛したいかという話になった。

まあ定番よね。

今さら中年の現実離れした恋愛の夢なんて聞きたくもないけど。

そして案の定、自分勝手。

 

◆夢男の彼女/嫁にしたい人

可愛い、チャラくない、肌がきれい、スタイルがいい、優しい、おしゃれ、髪にツヤがある、割り勘OK

 

◆結婚後の願望

可愛くてエロけりゃなんでも許す、共働きで家計にお金を入れて欲しい、家事は任せたい、一人の時間を邪魔されたくない、同じ趣味でなくてもいいけど付き合ってほしい、老けないで欲しい

 

◆夢子の彼女/嫁にしたい人

イケメン、背が高い、細マッチョ、おおらか、給料よし、おしゃれ、優しい、頼りがいがある

 

◆結婚後の願望

イケメンで癒されたい、家事を手伝ってほしい、稼ぐだけ稼いで還元してほしい、いつまでも女としてみて欲しい、週末は外食、ダラダラしても文句言わない

 

hey, hey, hey, what’s the matter !?

本気で言ってないことを祈るで!

 

まあ、みんなリップサービスやろうけども。

盛り上げようとしての発言やとは思うけども。

若干、マジくさいから心配するわ(笑)。

 

理想は理想、考えるのも言うのも自由。

でもまさか、本気でこれで婚活してないでしょうね!?

さらに、「ありのままの自分を受け入れて」とも言ってたけど、

おいおい、待て待て!

落ち着け!一旦、落ち着け!

お互いの愛情と信頼を構築したうえで、初めて“ありのまま”とやらを受け入れる許容が備わるんじゃないのか!?

どんな“ありのまま”なのかは知らんけども!(笑)

男女共に、すんげ~器のデカい相手を求めんねんな!ビックリしたわ。

久々の合コンやったけど、こんな疲れるもんやったかな???

 

4. 味をしめて合コン再び

 

 

とか言いながら、凝りもせずまた合コンに行ってみた。

これはあるパーティで知り合った人に誘われての参加。

あ、婚活パーティではなく、ちょっと真面目なビジネスのパーティ。

特に親しくなったわけでもないけど、声をかけてくださって、どうしようか迷っていたら、美味しそうなお酒メニューがどっさりあるお店だったから「行く!」となった。

 

アラフォー(私)と20代半ば(私以外)。

事前に言うといてくれよ・・・完全に引き立て役で呼ばれてるやん。

それならそうと言ってくれよ!心づもりがちゃうねん!

まあお酒に釣られたという事実もあるし、文句は言えまい。

よし!引き立てまっせ~!!

オラオラ~カモーン!!

 

仕切り婆のように、いやベテランMCのようにまわす、まわす。

良いところを引き出す、引き出す。

 

そうか、私は婚活するよりも、結婚相談所を開いた方がいいんじゃないか!?

仲人協会に登録して、仲人やった方がいいんちゃうか!?

と、自分の適職を見つけたような気がした。

あとで求人でも見てみるか、なんて考えてたら、うっかり前と隣に本日の1位くんと2位くんが座っている角ポジに動かされてしまった。

 

あざーっす!!

じゃなくて、アカーン!

 

女子の鋭い目線チラチラ攻撃に、妙な空気。

ひぃ~~。なんか懐かしい“女子”のモヤモヤ感(笑)

 

ハイハイ、ごめんよ、オバハンは失礼するぜ☆

ちょっとお化粧室へ~、オホホ~と角ポジから抜け出そうとする。

が、出にくい。

仕方なく、テーブルの下をくぐることに。

なんてお行儀の悪いことを!!!と思いつつ、軟体動物のように下がると、隣の2位くんが「そんな頑張らなくても、こっち空けますから。」と、体を引っ張りあげられ、元に戻された。

おおぉ!なんて優しい子っっ

そしておっとこまえやのぉ~。キューンや、キューン!

女子たち!がんばれ!ええ物件やぞ!

 

で、無事お化粧室へ。

当然、女子1人が様子をうかがいに来る。

「誰か良さそうな感じの人いました?」

 

きたきた(笑)。

 

もうね、言葉の中に「まさかいないよね、いたとしても相手にされないよ。邪魔せず私たちを引き立てておいてね。」含まれてんねん!

目に表れてんで。

“目は口ほどにものを言う”やで。

 

私「いやいや、女の子も男の子たちもみんな素敵で眩しいわ~!

気分よく楽しませてもらってんで!ありがとうね!

誰か良さげな人いたら、しれっと頑張りね~!残りは盛り上げとくから(笑)。」

 

ガハハハッと戻ってきたら、はて???

手前に1位くんと2位くん。

席かわっとるがな。

 

うーん・・・このままではまたもやベストポジションに座ってしまうやん。

座るのを躊躇していると、微笑みながらポンポンと自分の横の席を軽く叩く1位くん。

 

なんて少女漫画な奴・・・!!!鼻血出るわ!

 

私「まだ喋ってない人とも話したいよー。Aちゃんこっち座って~、ついでにBちゃんここね。」と1位くんと2位くんを狙ってそうなA&Bを手前にし、一番不人気・・・いや、むしろちょっとウザがられているRくんの隣に座り、みんなの壁になる(笑)。

GJ(グッジョブ)!私。

 

こいつは任せろ。こういう奴は婚活でなれてるから適当に相手しとくわ!と心の中で決めポーズしてたら、このRくんたら、「えー、Bちゃんがいい~。オレ年上100%ムリ~。」

笑える。言うと思った!

 

Rくんタイプは、

①年下のかわいこちゃんが好き、

②空気は絶対読まない、

③自己主張は自分のタイミングで遠慮なくしっかり伝える。

 

そう来ると思っていたので、「年上に見えるやろうけど、年下やで。」と、真顔でビッグマウス!!

どの面下げてアラサーよりも年下だというのだ!!

自分で言っておきながら爆笑をこらえるのに必死(笑)。

こんな恐ろしい嘘に「え?そうなの?」とマジマジと見つめてくる。

近い近い、めっちゃ近い!

はーなーれーろー!!

きもい。が、婚活で鍛えた忍耐力舐めんなよとばかりにニッコリ耐える。

 

「まあいっか~。隣にきたからには飲ませるぞ~♪カンパーイ!」

と機嫌は直ったので、ひとまず放置。

前に座っている無害なTくんと歓談し、1件目終了~。

5. The 好・青・年

 

 

さ、どっか1人で飲み直すか、誰か飲んでそうな友達のところに合流するか・・・と考えていたら、「次行きますか?」と1位くん。

 

はい、ここでよくある勘違い

“まさか私狙い!?”

 

ブッブー!✕

アウト!!

 

これは単に酒飲めそうだから、もう1件行こうや~やで。

もし狙っているならば、タイミングを見計らって、すっと近寄り「抜けよっか」、または「次行くでしょ?」、または「忘れないうちに連絡先聞いておいていい?」と、誰よりも先に連絡先をゲットにかかるなどなど。

もしくは、奥手と仮定すれば、私の行動をひたすら見張るはず(笑)。

 

私「いや、もうあとはみんなでどうぞー。飲み過ぎたみたいやし、帰るわ~。」

と大ウソ。飲みたりてへんわい!

 

2位くん「大丈夫?送ろうか?」

やーさーしー❤

あざーっす!でも結構っす!

 

1位くん「まだ飲めそう・・・(笑)。行こうよ。」

 

かーわーいー❤

あざーっす!でも女子怖いんす!

 

Aちゃん「えー、レべさん帰るの?次行きましょうよ~。じゃないと私たちだけだと緊張する~。レべさんいた方が心強い~。」

 

ヘタクソか。

 

こういう時は、

「レべさんとまだ一緒に飲みたいけど・・・カラダが辛いなら無理いえないし、どうしよう。駅まで大丈夫ですか?気を付けて。何かあったらすぐ連絡くださいね!」

と、引き留めたい気持ちを感じさせつつ、確実に駅に向かわせろよ!!(笑)。

 

ま、ここは断固帰る姿勢をみせて、勝手に去ってあげるよ。

ということで、笑顔で「じゃ、ここで!ありがとうございました!」と手を振る。

ルンルン♪と駅に向かうふりしてお店を探す。

 

「やっぱり帰らないね」

 

ビクッ!

振り向けば横浜(古っ!)・・・じゃなくて1位くん&2位くん!!!

ギェーッ!!何してんねん!

なんでついてきてんねん!!!

 

ハイ。ここでまた勘違いしたらアウトね。

これは、“合コン参加女子に興味を持てなかった、しかしせっかくの週末だしお酒は飲みたい。

新たな女子に声かけるのも面倒。

飲めるくちでトークもそこそこなら、こいつでええっか。

のパターンやで。

 

で、3人で飲み直すことに。

いや~眼福❤あざーっす!

 

で、合コンの感想を話す前に、2位くんが私に謝罪。

はて???

どうやらRくんの失言を気にしていたそう。

 

ええ~子やのぉ~(涙)

マスター!この子に1杯持ってきてー!!

 

まったく気にするな、全然OK、気にするだけ時間の無駄と笑い飛ばす。

 

1位くん「ありがとう。」

 

えー!!反則!!

ここでお礼言う!?これはキューンやわ。

こ、こいつ・・・なかなかの手練れやな・・・しかも天然で。

絶対年上女殺し。

 

そして、1位くんと2位くんは飲めない女子がどうも苦手だそうで、かつ初対面だから気を使ってくれる気持ちは嬉しいけど、可愛く見られたいという態度されるとありがたいけど、戸惑うそうな。

 

へぇ~、戸惑うんや。意外。

 

さらに、自然に振る舞ってくれている所作言動から可愛いポイントを探せるとのこと。

 

はぁ~デキた子たちだねぇ。

ホンマかどうかはわからんけど、これを言えるのが偉いわ。

同世代の男性諸君に聞かせてやりたい。

明らかに同世代はRくんタイプが多いからねー(空目)。

 

そして、彼らはあまりリードしたり、何でも率先して決めたりするタイプではないそうで、合コンに参加していた女子たちは、男子にリードして欲しそうなタイプだったし、何を聞いてもはっきり答えないから、あまり楽しい時間を過ごせそうになかったとのこと。

 

うーん、女子としてはリードして欲しいという子の方が多そうやなあ。

でも初めだけかも。

付き合っていくうち、お互い色々自分の意見を言えるようになってくるから、そのうち女子がリードするようになるんちゃうか?(笑)。

 

それにしても、彼らはなぜ彼女がいないのか・・・。

不思議。いないと嘘ついてるのかと思ったら、後々ホンマにいないことが分かったし、世の中の女子は何をしとるんや!?と思った。

 

1位くん「もっと話したかったし、絶対レべさん連れ出そうと思ってた!」と可愛らしいことを可愛らしく言う。

この天然タラシめ!(笑)

今日は進展できそうな女子はいなかったけども、他にぎょーさんおるから、安心せぇ!

君たちなら瞬殺できる!今すぐできる!

GO!GO~!と私が張り切ってしまう。

なんなら、今すぐ声かけてきましょうか!?の勢い。

めっちゃ断られたけど。

頼むからやめてくれと。

ちぇっ。

 

また飲みましょう、ということで連絡先交換してその日は帰宅。

なんとも清々しい好青年!!

世の中の女子!ええ物件ありまっせ!

見過ごしてまっせ!!

 

いや~、久々の“The☆合コン”は楽しかったな~。

女子のモジモジとか、トゲトゲとか、誰が誰をとか。

青春がよみがえるわ。

 

しかしまーその前に行った夢男と夢子の合コンはしんどかったな。

愚痴と不安の話題がメインやったし、なんか陰気というか(笑)。

やっぱ陽の気は大事やと思うで!

 

そして夢男の理想にも空目になったな~。

この若手男子たちの好みとか結婚後の理想とか、聞いても爽やかやったし、基本協力し合うってスタンスやし。

実際どうかわからんけど、そういう思考が定着している感じはあったな。

時代か?時代が悪いんか?

 

夢男の要望は、女性の体力と精神力を無限とでも思ってんのか!?って感じ。

女性の1日は男性と違って36時間か48時間くらいあるとでも思っているのか!?

働いて稼げ、家事全部やれ、貯蓄しろ、俺を労われ、趣味に付き合え、老けるな・・・etc.

ロボットでも買えよ!

 

「独身の一人暮らしなら全部やってることやろ?」って言われるけど、家事に至っては誰かが居れば2倍3倍かかるの!

自分だけなら散らかさない、汚さない。

でも家事全部任せるような奴は、散らかすだけ散らかし、汚すだけ汚す。

更に、この“俺を労われ”は、絶対こっちの都合お構いなしやろ。

趣味なんかに付き合ってられるか!

そしてこっちの趣味は無視か。

共働きを望むなら、家事分担せえ。

老けるなと言うなら、お前もな!!

 

ま、夢子たちもたいがい無茶なこと言うてたけどね(笑)。

 

レベッカさんの過去の記事を見てみる♡♡

笑える婚活体験談⑯ 県庁主催の婚活パーティーでドン引きゲーム!?!?

良縁2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA