笑える婚活体験談⑰ 婚活ラウンジIBJメンバーズでお見合いしてきました!?

婚活マスターレベッカ
笑えるアラフォー婚活体験談
第17弾
 婚活ラウンジIBJメンバーズでお見合いしてきました!?

 

アラフォー女子・レベッカさんの婚活体験談 第17弾!

婚活歴10年以上!!婚活マスター・レベッカさんの抱腹絶倒の体験談、今回は大手結婚相談所である、IBJメンバーズに登録、お見合いしてきちゃいました!

わざわざ「関東から大阪まで足を運んできてくれた」という、気になるお相手とは!コンシェルジュさんとのやりとりも必見です!

第16弾を読む♡

第18弾を読む♡

 

1. 婚活はつづくよ、どこまでも。

 

 

最近よく名前を耳にする「IBJ」

当然私も経験済❤

 

元々はKKRブライダルネットを細々と継続していたところ、「サービスのバージョンアップをしませんか?」という誘い文句にフラフラと承諾し、ほぼ判断不能な状態でポチっと押印。

もうね、疲れ果てていたのだよ!婚活に!

必ず巡ってくる凹む時期

そう、長く続けていると必ず襲ってくるのだ。

そりゃそうでしょ、うまくいきゃ~ハッピーハッピールンルンルーン♪やけど、うまくいかない時は婚活どころか世界を呪うくらいズドーンとネガティブになるんやもん・・・。

 

そんな一喜一憂を繰り返しながらひたすら婚活。

そこまでせんでもええやろがぃ!って自分でツッコミながら、ライフワークのように継続していたので、止め時がわからない(笑)。

いや、結婚すりゃ終わるんだが。

してへんから終わらんのや!

 

私が婚活で利用したツールは、

ツヴァイ、ブライダルネット、ノッツェ、Yahooお見合い(現:Yahoo!パートナー)、e-お見合い、イーマリッジ、ユーブライド、ニューヨークの紹介所3つ、ハワイの紹介所2つ、マッチドットコム、IBJ、パートナーエージェントなど

お見合いパーティやイベントにも散々参加してきた。

モニター募集やキャンペーンなどをうまく利用し、恐らく標準の支払額よりはかなりお安く活動できていたと思う。

お安くと言ったって、まあ、つぎ込んでますわな。

 

いざ改めて利用したサービスを並べてみると、めっちゃ頑張っていたやんか私!と笑えてきた(笑)。

15年くらい婚活していたもんな~。

登録者のタイプも違うからね、可能性を探して色々手を出したわ。

しかもMAX3年が限度というところもあるし。

まあいい区切りだと思う。

もし、1つのところで3年以上続けている人がいるなら、ぜひ替えましょ。

そこが気に入っているなら、一旦辞めてしばらく時間をおいて入り直した方がいいかも???

 

前にも書いたけど、恋愛は謳歌しつつも、どうも好みが明後日の方向だったもので・・・へへ。

結婚には100%不向き。

いや、縁者になるなんて許せないという親族たちの評価が合格ラインを通過しなかったり、どちらの姓を名乗るかでモメたりとか、当事者だけで進められるわけでもなく、色々と事情を抱えていたので、なかなか困難を極めていた。

うーん、残念。

ま、そのおかげもあり、こうして婚活体験を語れるわけなので、転んでもタダでは起きない奴なんだと、生温かい目で見てくれ・・・。

 

 

↓↓↓カウンセリング予約はこちらから↓↓↓

東京 結婚相談所

 

 

2. 婚活のツールなんてみな同じ

 

 

まぁ、そんな中で始めたIBJについて。

まずは登録のためにオフィスへ。

しかしこれは契約のためだけの訪問。

もう活動することは決めているのに、契約をしてから、別日程でコンシェルジュと面談するという。

 

1回で済ませぇ!こちとら忙しいんじゃ!しかも関西から来とるんやぞっ!また来いってか!?

 

今も同じかな?すっげー面倒だなと思ったのを覚えている。

しかも、料金体制でサービス内容も異なるが、基本どこも同じ。

そこそこしっかり支払うのに、IBJが運営しているサイトで探し、自分で申し込む。相手の返事次第。

間に誰が入るわけでもない、何かしてくれるわけでもない。

そりゃ~あなた、湯水のごとくお金さえ払えば、多少の努力はしてくれるけど、マッチングだの強制見合いだのはない。

スタンダードは、ただ直接連絡を取ることができへんから、サイトが間に立つというだけ。

 

お見合いができたとしても、お互いにコンシェルジュがついて説得だの相談だのに乗ってくれるわけではない。多少あるが、「お金次第だよ、そんなもんだよ!世の中金じゃ~~っ!」と声が聞こえるようや。

お見合い後、お互いがOKだったらサイト上で連絡先を交換して、あとはどうぞご自由に、と。

ただし「婚約したら成婚料ちょうだいね!黙って結婚しないでね!」と念押し。ひぃー。

 

正直、どこもかしこも同じ。

アプリでやろうと、格安でやろうと、サービスは同じ。

あえて違いを語るとすれば、登録者数

すなわち、選択肢が多いかどうか。

更に、社会的信用度のある結婚相談所やお見合いサイトでは、それなりの人が登録しているけど、無料アプリとか、あまり名の知れていないところが運営している相談所では、結婚を考えられそうな人が登録しているかどうかは疑問

あくまでも個人的見解であり、超偏見からきているので、業者がこれを目にして怒らないことを祈る(笑)。

 

 

東京 結婚相談所なら

↑↑↑無料相談はこちらから↑↑↑

 

 

3. さ~て、登録!

 

皆さんもお気をつけやす。

売れ時を逃した婚活女性で、自信を失っている人は足元を見られがち。

そして扱いがあまりよろしくない。

私はなぜか自信満々ではあるものの、うまくいってないことから反論できない立場であると自覚していたので、強くも出られず。しかも今後紹介してもらうにあたり、心証を悪くしてはならん!!という高性能ブレーキがかかっていたので、

 

「理不尽!」と思ってもニッコリ。

「なんやそれ、アホか!」と思ってもニッコリ。

「おいコラ、バカにしとるやろ!」と思ってもニッコリ。

 

面談時間なんて、1~2時間なんだから、この先のことを考えてその時間だけは堪えましょうや。

コンシェルジュだって、好き嫌いあるがな。

 

人間だもの。

 

例え、相手がどんなに失礼でも、どんなに気に入らない態度を取ったとしても、イチイチ反応してムッとしたり、態度を悪くしたり、文句言ったり、なんか暗かったりすると、あまり本腰を入れてくれないんじゃないかって、あくまでも登録者側の憶測!クレームは受け付けません!(笑)

お見合いの練習場だと思って、素直に感じよく、明るく楽しく質問に答え、自分の気分を良くさせる方が建設的。

 

早速活動を開始してすぐ、申し込みがドシドシ(良し悪しは別として。

ふむふむ、登録したては飛びつくからね。)

新規登録~2週間、長くて1か月が勝負!!と私は見ている。

その後、月日が経つにつれ不利にはなるが、逆に男性側も新規登録がいるからね、今後はこっちがその新規を狙うのだ。

 

で、割と良さげな方が多かったので、とりあえず軒並み全部OKを出してみる。

そう、私の信条“百聞は一見に如かず”!!

 

写真は良くてもアウトな人、写真はアウトでも会ってみるとエクセレントな人、など実体験あり。

雰囲気、声、話し方、振る舞いなどは写真だけではわからないからね。

あ、身長も(笑)。

そして自己紹介で書いてあるセリフなんて、ほんまかどうかなんて不明。

ぶっきらぼうな書き方でも実際会うと懇切丁寧、すっごく丁寧にしっかり書いていても、会ってみるとただの偏屈とか。

まぁ、写真と文章で判別できるとすれば、アホでチャラいか、目的が怪しいかどうか、ごく一般的な人物かサイコパスちっくか、くらい?(笑)

100%あたるわけではないと思うけど、危険は回避できる。

 

 

4. あれあれ?どっちが申し込んだんでしたっけ???

 

 

そして早速、1人目大阪にて。

関東からわざわざ足を運んでくれた4つ上の男性。

写真はすこぶる素敵な笑顔!

プロフィールや書き込んである項目すべてが感じよくて、誠実さが窺える。

 

たーのーしーみー❤

 

ホテルのラウンジ、相手はコンシェルジュ的な人と来ているらしく、待ち合わせ場所にはコンシェルジュだけが立っていた。

席に案内され、コンシェルジュは相手に話しかけることなくスッとどっかへ行く。

なんか、変な感じ(笑)。

 

後姿は写真で感じたよりも割と小柄。

「こんにちは、初めまして」と声をかけて振り向くと、写真通りの顔。

しかし振り向いた顔がしかめっ面。

 

>ん?どうした?お前からの申し込みやぞ?

眩しいんか?私が眩しいんか?

しかめっ面からのポーカーフェイス。

 

えーっと、決して照れているとかそういう感じでもない。

私が好みではないという合図かな?

そりゃ、すんまへんな!

 

嫌々時間を過ごすなら帰ってくれ!と思う。

一見好みでなくとも、話せば考えが変わるかもしれへんやん。

少なくとも私はどの人に対しても、ポジティブな姿勢で臨んでいたぞ!!

結果、文句ばっかりになったとしても(笑)。

初めはね、初めはよ。

 

とりあえず、色々話しかけてみる。

ポーカー崩れず。

 

なんちゅう難攻不落な顔筋!!

 

これは労力をかける価値はなさそうだな、さっさと帰ろう。と心に決めた途端、

「小腹が空いているので軽食オーダーしてもいいですか?」

え?時間かかるやん、もうコーヒー飲み終わったら帰りたいんですけど!?

っていうか、あんたが嫌なんやろ?という疑問は抱えつつ、ま、最悪置いて帰ればええっか(←ひどい(笑))と、「どうぞ」とニッコリ。

 

ミックスサンド、ケーキ、ポットの紅茶

 

おい!だいぶ頼むやんか!

軽食?まあ軽食か、しかしケーキまで!

ポットの紅茶って、長期戦やないか!

 

そしてもちろん、「あなたも何か頼みますか?」もなく、「ケーキなどいかがですか?」ともなく、ひたすらモクモク、ガツガツ、ペロリ。

 

しばし沈黙・・・。

 

↓↓↓予約・相談はここからアクセス↓↓↓

東京 結婚相談所

まずは無料カウンセリングから

 

 

5. 豹変!

 

 

お見合いのお礼にプチギフト持参したが、渡すか渡すまいか、非常に悩む。

悩んだ結果、とりあえず(嫌々)渡す。

 

渡した瞬間、厚い雲に覆われていた曇り空が晴れるかの如く、パァ~っと笑顔に!
食べ物かーい。食べ物で釣れるんやったんかーい。

キラキラの笑顔をありがとう。かといって、キューンとはせんぞ。

時すでに遅し。

「けっ!食い意地が張ってんな!」くらいのひん曲がった受けとめしちゃうよ。

 

「ありがとう・・・。」

いや、そんなめっちゃ感動されましても・・・。

全然たいしたことないプチギフト。

ラスク数枚なんすけど、逆に恐縮やわ。

 

「これをくれるっていうことは、好印象って思っていいんですね?」

「へ?」

なんて?もう一回いうて、好印象!?

どこをどーみて、どうすれば、その態度に対して好印象を持つんですかね!?

何きいても不機嫌そうに、答えにならない答えをダラダラとした態度で返事され、届いた軽食をモクモクと食べ、会話らしい会話もしてないのに!?

 

え!?

 

戸惑ってというか、びっくりしすぎて固まっていると、

「あぁ、単刀直入過ぎて照れさせてしまったか。ま、僕の答えは〇(まる)だから。」

 

絶句。

 

単刀直入って何がやねん。

照れるって誰がやねん。

 

〇(まる)ってなんやねん。

 

とツッコミをすることも忘れるほど。

「これからどうする?なかなかすぐに会えない距離だから、会える時にできるだけ一緒に過ごしたいんだけど、もう1つお見合い入っているから、待っていてもらえる?」

 

息つぎっせーよ、死んでまうで。

いやいや、待て待て、どんどん話が進んでいくやないか、落ちつけ、焦るな。

しかもこの後お見合い?しかも待ってろ!?

はあ!?

完全にパニック。

 

「次のお見合いもここだし、あと1時間後だから、もうちょっとここに居よう。」

 

いや、だから待って。ちょっと待って。

今言われたことも、ツッコミどころ満載だけど、その前に・・・えーっと、整理しよう。

 

落ち着け私。

 

私「すみません、好印象ではないです‥。

それ(プチギフト)はご挨拶がてら、会いに来てくださったお礼の気持ちです。

今に至るまで、あまり好印象には思われていないんだなって思っていました。

お顔も辛そうですし、お話もすすまないようですし・・・。」

 

彼「緊張でしょ。」

 

えー!?そうなん!?

あのしかめっ面が!?

無愛想でうんともすんとも言わず斜め上ばっかり見てた態度が!?

全然そんな感じせーへんかった。っていうか緊張してるとは露ほども感じんかったな。

 

彼「なに?気に入らないの?」

きょとんとした顔。

 

ぎゃっ!何その言い方!!偉そうに!!

さっきまでのしかめっ面とポーカーフェイス思い出せよ。

話しかけまくった時のお前の態度考えろや。

 

プチギフトで急に笑顔だして、矢継ぎ早にいろんなこと喋りだして、ビビるわ。

 

んー正直に言うたのにこの返しかいな。

この場は適当に撒いてサイト上でNGと返事するしかないな。

 

悩んでいると、先ほどのコンシェルジュを呼び出した。

瞬時にサッと登場。

わお!どこにおったん!?こわっ!

 

「もうお互いOKなんだけど、“交際スタート”でいい?

一旦帰ってからまた関西にくるのは面倒だし、いいよね?

次のお見合いキャンセルはできないだろうから、一旦分かれて、あとで合流しようと思うんだけど。」

 

ちょーーーーっ!!待てぃ!!

何を勝手にいいよんねん!

ほんで、息継ぎせえよ、聞いてるこっちが苦しいわ。

 

私「いや、ちょっと待ってください、あの・・・」

と割り込むと、コンシェルジュは「いいですよ!おめでとうございます!」とかいう始末。

小さく拍手。

それやめーい。

 

しかも、「次のお見合いはキャンセルしましょうか?」とか提案しよる。

いや、それはあかんやろ。

さすがにお見合いドタキャンとか、しかも直前過ぎるって。

女性だって気合い入れてきとんねん!

やめたってくれ、そんなこと!

逆の立場やったら辛すぎるわ!!

 

っていうか、ホンマ、マジこの豹変ぶりについていけない。

でも、この初対面はイマイチでも、あとの時間で過ごすと良い面も見えてくるかも知れないし、こんなことくらいで断るのもなー。断ることはいつでもできる、まずはもう少しこの人を知ってから判断しよう。

 

おいー、 前向き過ぎへんか!?私(笑)。

 


6. どういうこと?

 

 

ひとまず、私はまだコンシェルジュには報告をせず、今日の様子をみることにした。

IBJも他もそうだけど、いわゆる“真剣交際=時期をみて結婚します”の状態になることを“交際”と呼び、お見合いでお互いがOKだけで、しばらく何度かデートして様子をみることを知り合いと呼ぶ。

いくつかお見合いをし、複数の知り合いを比較しながら自分に最適な人を選んで交際に至る。

しかし成婚しないケースもある。

 

人によってはエンドレスになり、いつまでたっても「もっといい人に出会えるかも知れない!」と“知り合い”から抜け出せなくなる人もいる・・・。恐ろしいけど、あるあるだから心当たりのある方は気を付けた方が良いかと・・・。

 

さてさて、OKを出した後の彼は緊張とやらが解れたのか?大変親しみがあり、会話も弾んだ。

初めの不機嫌が嘘のよう。あの時間の、あのストレスを賠償して欲しいくらい。

 

ま、たまにいるけど。ワケのわからんテストをしかけるタイプの人とかね。

もしかしたら、そういう輩やったんかも。

 

で、そろそろお見合いだからと追い出され、終わったら連絡するとのことで、1時間ほど時間つぶしに街をウロウロ。

他の席に移れよ、私のタイミングで外に出たかったわとも思ったけど、効率考えたら私が出るのが正解だなと考え直し、時間を潰す。

 

意外と時間がかかっている。

もう2時間くらい経つ。

もしや、更に良い人がきて話が盛り上がったか!?と思った矢先、電話が鳴った。

 

「もしもし?」

え?女性の声!?

どうやら先ほどのコンシェルジュの様子。

「大変恐縮ですが・・・お帰りになりました。」

 

は!?

 

「私からお伝えして欲しいとのご要望だったので、直接ご本人からでなく申し訳ありません。」

いや、謝るところ間違ってるやん。そこちゃうやろ?

非常に勝手な振る舞いであることをまず謝れ。

 

仕事で急遽予定が変わったのなら仕方がないけど、何なん!?どういうこと!?

聞けば、あとでお会いした方も大層素敵な方だったらしく、悩んだと。

そして、軽々に私との交際スタートしたことを悔やんだと。

帰ってから冷静に考えたいと。

で、帰ったと。

 

そりゃ正しいね(怒)。

 

しかしなんじゃそりゃ!?

普段大丈夫か!?仕事できてるか!?友達おるか!?

 

当然、ふつうは最初っからその判断よな。と思うので、

私「は、はい・・・それでいいと思います。」

としか返せんかったわ。

 

無駄に2時間近く待たされたのはイラっとくるけど、まあしゃーない。

そして、そういうおバカな行動する奴であると同時に、考えなしで行動する人なんて怖い、怖い!

先々何があるかわからないわとも思うし、待たされた挙句両てんびんにかけられ、本人からではなくコンシェルジュから連絡があったことを不誠実とみなし、断る口実ができてラッキー♪くらいに思えたので、怒りゼロ。

 

その後、私からサイト上で“NG”としたので、相手がどういう結論を出したかは不明。

でも恐らく、私ではない方を選んだと思うことにした。

いや、たぶん、きっと、そうだろうし(笑)。

まさか、これら一連を含めてのテストやったとか!?

ひぃーーー!!

 

7. 自分に合う相談所を見つけるべし

 

 

IBJの私を担当してくれているコンシェルジュに報告メールを送ったけど、

「過ぎたことは忘れて次に進みましょう!」とだけ返事が来た。

 

わかってる。

これに拘っているわけじゃないし、相談もしてない。

こういう事実がありました、という報告。

フィードバック。

フィードバックくれ言うから送ったのに、要らんの?要らんのやったら面倒やし、今後も送らんわ。

 

ということで、その後お見合いをしてもサイト上の“OK”“NG”以外送ることはなかったけど、特に催促もなかったから、特に問題がない限りはメールしなくてよかったみたい。

なんじゃい。真面目に対応してもたやん。ちぇ。

 

しかしそうなると、結局コンシェルジュは何やってくれるんやろね??

何のコンタクトもしないまま終わったわ。

登録費と活動費?とやらで20~30万円、毎月の活動費で2万弱。

本来なら、相応のサービスで還元されるわけだけど、ホントに何もしないからねぇ・・・いったい何のお金なんだか

まあこれ言い出したら婚活やってられないけどね。

中にはさらに大枚はたいて、がっつりサービスで還元されたIBJ崇拝者もいるでしょうけど、私はそこまで大枚ははたけなかったので、こんなもんか、という感じ。

 

とはいえ、私は割と自分で色々活動したいタイプだったし、ごちゃごちゃ知ったかぶりでアドバイスされたり、口八丁な説明が面倒だったりもするので、この放置プレイはやりやすかったけど、コスパが合わないなという印象。

相談したい人やお世話になりたい人にも不向きちゃうかなー。

 

結婚相談所でホントに相談しながら1件1件丁寧に対応してもらいたい人には、パートナーエージェントが良心的でおすすめかな~と。

あくまでも私見だから、これも合う人、合わない人もいるでしょうけど。

コンシェルジュの力量に大きく左右されるから要注意やし。

 

というわけで、次はパートナーエージェントの体験談をご紹介!

 

 

 

↓↓↓予約・相談はここからアクセス↓↓↓

東京 結婚相談所

まずは無料カウンセリングから

 

笑える婚活体験談⑱パートナーエージェントで出会ったコンシェルジュが良かった話【前編】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA