シェアハウスはいかが?あなたの婚活の理由・目的を紐解く解決策【シニア婚活】

老後の孤独に耐えられないとお考えのあなたにおすすめなのが、いろんな世代を交えることも考慮したシェアハウス構想です。同居人やセックスパートナーがいて、最期を孤独に過ごさないで済めばいいと考えている場合は、多少年齢が若くても、年上でもいいのでシェアハウスをすれば色々解決できるのです。ぜひ一度考えてみてください。

住む場所は同じだけど、住む部屋は別で、完全に分かれてるのをシェアハウスっていいます。

avatar

 

あなたが孤独で寂しい高齢者ならシェアハウスをしてみて

最近発表された『老後に2,000万円が必要になる』というニュースは、様々な人に衝撃を与え未来への不安を広げています。それに加え、配偶者も子どももいないシニア単身世帯も増え、老後の孤独というのは深刻な悩みですよね。

 

特にシニア世代では、誰かがそばにいるということはとても心強いものであり、困った時に支え合える関係は、何にも代えがたいものでしょう。たとえ生涯の伴侶としてではなくとも、異性で恋人という関係であれば、なおさら求めてやまないものです。

 

ここでは、シニア世代の老後の孤独や金銭的不安の解消、そして よりHappyな未来を見つけられるシェアハウスをご提案させて頂きます!

シェアハウスは孤独にならないのがメリットです。変な意味はなく同性と暮らすのもOKです。

avatar

 

シェアハウスとは?

現在若者の間で「シェアハウス」という、賃貸での新しい形のライフスタイルが広まっています。「シェアハウス」 とは、一つの賃貸物件で数人の入居者がそれぞれ部屋をもち、リビングやバスルーム、キッチン、トイレなどの共有空間を設けて暮らす賃貸形式のことです。

 

シェアハウスは、賃貸物件の管理人が入居者の募集をし、個別で契約をするものです。

海外ではゲストハウスとか、モーテルとか、そんな感じのに近い暮らし方です。

avatar

 

広い家に一緒に住むから寂しくない

シェアハウスにはプライバシーが確保されるそれぞれの部屋があり、共有部分では複数の入居者が快適に過ごせるように広々としています。リビングなど毎日過ごす共有部分で一緒に過ごすことによって、自然に入居者同士が仲良くなり、寂しくなくなりますよ♪

 

また、一人暮らしでは考えられない広いキッチンでは、入居者同士で一緒にご飯を作ったり、リビングで楽しく食事をしたりして盛り上がれる空間になっています。ただし、あくまで自分のことは自分でするのがシェアハウスの鉄則です。

 

助け合いの精神で、決して相手に任せすぎず、負担になるような行為は避けるべきです。

家は広く、生活環境はコンパクトに。共益部分が多いので寂しさは少ないです。

avatar

 

個人運営の老人ホームのようなもの

「ルームシェア」という言葉がいまひとつピンとこないときは、「老人ホーム」や「学生寮」を想像してみてください。ただし老人ホームとは異なり、一つの賃貸物件を、それぞれの入居者が管理人と一部屋ずつ契約する形式がシェアハウスです。

 

もちろん、シェアハウスにはお世話人もおらず、食事の提供もない場合が一般的です。もうお判りとおもいますが、一つ屋根の下に住むからといって、男女が一部屋に暮らす「同棲」ではありませんからね!

 

(相性が良ければ)妊娠しないからセックスも楽しめそう

シェアハウスの最大の要は、いろんな入居者と出会えることです。もちろん、その中には異性も含まれますよね。自分の好みの相手がOKしてくれたのであれば、あとは自己責任の世界です。

 

若い世代では当然のこととして、入居者同士のセックスは受け入れられている現状です。しかし、シニア世代だって負けていません!!シニア世代の女性は閉経を終えた女性ばかりで、妊娠の恐れもありません。ただし、不衛生にしてると病気の恐れはあります。

 

価値観があい、身体の相性がよいお相手に出会ったときは、お互いにこれまでの人生で培った経験によって、性を謳歌できそうですよね♪

同じシェアハウス内で恋愛に発展することも!?大人ですから、お互いOKなら、いいのではないでしょうか。老い先長くもないんだし。

avatar

 

シニア婚活の目的|どんな人に会えればいい?

長く一緒に過ごせる人が欲しいならシェアハウスもあり

老後を一人で孤独に暮らすことの辛さは、想像にかたくないですよね。平均寿命が80歳を超える時代です。皆がその長い老後をより長く一緒に過ごせる相手を求めています。それが異性であれば、なおさらのことでしょう。

 

そうだとしたら、家族でなくても、恋人でなくても、長く一緒の家に住めるシェアハウスはいかがでしょうか?

お友達、気の合う仲間、男女混合などシェアハウスというスタイルもおすすめです。

avatar

 

男女カップル3組で暮らすのもありかも

シェアハウスの入居者は通常、バラバラの境遇にいた人たちです。しかし、そういった場合に陥りがちなのが人間関係のトラブルですよね。少ない女性をめぐっての男性同士のいさかいや、男性の二股発覚により、入居者同士が住みづらくなる例など、男女関係のもめごとは頻発します。

 

そんな心配を減らすためにも、カップル同士での入居はおすすめです。シェアハウスは7~10名が最適というアンケート結果があります。カップルで入居する場合は、3~4組ぐらいが、ほど良いバランスかもしれませんね

 

婚姻届がなくてもシェアハウスなら負担は減らせる

男女が一つ屋根の下で一緒に暮らすことが、即結婚に繋がるケースは昔からよくありました。しかし、シェアハウスの場合は、入居者に異性がいるのは珍しくもありません。例え恋愛に発展して恋人になれたとしても、自立した男女として一緒に暮らせるため、婚姻にまつわる面倒ごとからもお互い開放されますよ。

みんなで大きめの寮で暮らす感覚が近いです。

avatar

 

6人でルームシェアした場合の金額の負担

シェアハウスと良く比較されるライフスタイルで、ルームシェアというものがあります。ルームシェアは、複数の入居者で同じ賃貸物件に済むスタイルで、お互いの取り決めで家賃を分担出来るメリットがあります。

 

ここからは、ルームシェアでの生活費の節約などについて見ていきましょう。

生活費や電気代などみんなで分けっ子するのでコストが抑えられます。

avatar

 

家賃6万円なら1人1万円で済む

単純な計算では、一つの賃貸物件でかかる家賃を入居者数で割ると、1人の家賃となりますよね。つまり、賃貸物件の全体の家賃が6万円なら1人1万円で済むことになります。人数が多いほど1人の家賃の額は少なくなっていきます。

家賃を分散できるのが一番大きいかも。

avatar

 

電気代3万円なら1人5千円で済む

電気代についても同じです。電気は1つの賃貸物件でまとめて請求されるため、これも6人で均等に割ります。電気代3万円が、1人5千円で済むというのは魅力的な話です。暑い夏も各部屋で冷房をつけるのではなく、リビングに集まって皆で涼むようにすると、かなりの電気代の節約にもなりますよ!

電気代やガス代もみんなで均等に分けられます。明らかに多く使いすぎてる自覚がある時は多めに払えばいいだけです。

avatar

 

食費も6人分まとめて作れるからコストダウンできる

シェアハウスの基本は自主自立です。しかし、収入の少ないシニア世代にとっては、少しでもコストダウンしたいものですよね?それなら6人分をまとめて作ることをおすすめします。ただし、料理の負担を押しつけ合うのではなく、料理ができない人は買い出しや下ごしらえをするなど、ある程度のルールを決めて、入居者全員の協力で乗り切るようにすることが、仲良く暮らす秘訣です!

 

入浴は銭湯があると便利かも

水道代、ガス代を節約するためには、自宅のお風呂を順番に使うのも良いですよね。また、たまには足を延ばしてくつろげる、銭湯を利用する手もありますよ♪お風呂掃除の手間も減り、一石二鳥ですよね。

 

ネット回線は置型ルーターで各自無線機器を持とう!

現代ではインターネット環境は必須です!シェアハウスでも賃貸物件に1回線を契約し、1台の置型ルーターに繋ぐことで無線(Wi-Fi)により入居者全員のインターネット環境がまかなえて便利です♪置型ルーターというのは、固定のインターネット回線に繋ぐことで、各部屋のパソコンやスマホへ無線(Wi-Fi)でネット環境を補える機器です。

 

ただし、入居者は各自で無線(Wi-Fi)に対応する機器をもつ必要があることに注意してください。

最近のWi-Fiは1台で10人まで接続できたりしますが、6人だったら2台用意して快適にしたほうがいいです。

avatar

 

シニア婚活をする理由をよく考えて

一緒に過ごす人がいればいいだけなら婚姻届はいらない

やはり理想はいくつになっても、運命の相手と結婚し、末永く共に手を取り合って暮らすことかもしれません。しかし、シニア世代の結婚は若いころと異なり、なにかと難しい問題も多いものですよね。下手をすると相続もからむので、安易に勢いだけで結婚はできませんよね。

 

それでも愛する人と一緒に過ごしたいのであれば、シェアハウスという選択肢も良いでしょう。

お金が足りないけど、寂しい暮らしはしたくない、という方におすすめ。

avatar

 

同じ価値観の人に出会えればOK

シニア世代は長年の経験を経ているため、価値観や生活リズムを変えるのはなかなか大変ですよね。シェアハウスにも老若男女、国籍まで異なる入居者が集まります。そんな中で同じ価値観の人が見つかるというのは、まさに運命の出会い!!

 

相手も結婚という形にこだわらず「一緒に長く過ごしたい」という価値観を持っている場合には、なおさらシェアハウスはむいています。

 

ネットで同じ価値観の人を探すのもあり

シェアハウスは通常、管理会社が入居者を募集するので、入居者同士は知らない人であることが多く、なかなか同じ価値観の人に会うのが難しいかも知れません。それなら予め、価値観が合う人をネットで探して、一緒に住むようにするのはいかがでしょうか?

 

隣近所の見える範囲の狭い世界ではなく、世界規模の広いネットの世界であれば、自分と同じ価値観の運命の相手も、きっと見つかるはずです。

 

年齢の若い人を受け入れるのもあり

また、お相手をシニアに限る必要はないのかもしれません。現代の若者も金銭的不安が強く、シェアハウス人気は高まっているのです。何かあった時に若者がいると力になってくれることもあるので、シェアハウスに新しい風を吹き込んでくれるでしょう。

 

シェアハウスをするにあたってはなによりも、価値観が合う相手であるということに重点を置くとよいでしょう。

年齢問わずシェアハウス、ルームシェアするのも楽しいですよ!

avatar

 

コメントを残す