老後が心配?【シニア婚活】を成功させる看取り婚・週末婚の実態【割と平穏です】

老後不安から結婚相手や同棲相手がほしいと考えて婚活する方は多いものの、理由が理由なだけになかなか出会いの場でもマッチングできません。結婚というキラキラしたイメージを持つイベントに老後の世話という生々しさがマッチしないのです。老後の不安を抱えるあなたには週末婚がおすすめです。ここではその実態を少しだけお見せします。

週末婚は、土日や祝日だけ会って仲良しする関係のことです。

avatar

 

週末婚できればかなり平和になる

「週末婚」とはその名称の通り、「週末だけ結婚生活をする」という夫婦の在り方です。バリバリ働く若い世代の間で浸透しつつある週末婚ですが、シニア婚にもぴったりです。シニア世代の結婚にも週末婚がフィットするのはなぜでしょうか?まずは週末婚について見ていった上で、その背景を探っていきましょう。

毎日顔を合わせないので気楽です。

avatar

 

平日は仕事と自分だけの時間を過ごす

週末婚の形をとることによって、平日はお互いに仕事に打ち込み、仕事後の時間は自分のために費やせるようになります。シニア世代となると、ある程度の責任のある役職に就いて忙しくなる場合が多く、自由な時間がとれず、ストレスも溜まってしまうことも多いでしょう。

 

パートナーと同居していて仕事で帰宅が遅くなりそうなときで、接待が急に入ってしまった場合には、連絡を入れるのが望ましいですよね?しかし、それを忘れてしまうと、二人の間に亀裂が生じてしまうこともありえます。

 

週末婚の形態をとっていると、このようなトラブルは避けられることになります。自分の自由な時間も充分確保できるので、時間に縛られがちなシニア世代にもぴったりの婚姻の形態なのです。

自由時間が増えるので趣味にがっつり打ち込めます。

avatar

 

休日、土日はパートナーと熱々の時間を過ごす

週末は、パートナーと平日会えなかった分、熱い時間を過ごすことになるでしょう。週末にのみ会えるという状況では、毎回久しぶりに会えたような、デートも新鮮な感覚で楽しめることになります。これは「週末婚」ならでは のメリットと言えるでしょう。

週末はパートナーと仲良ししたり、寂しさを埋めたりします。

avatar

 

平日は一人で過ごすから趣味にも時間を使える

平日はお互いに、仕事や家事以外の時間を、自分の趣味のために費やせるスタイルです。一般的な結婚生活では、自分の趣味を封印しなくてはならない方も多い現状なのですが、週末婚の形態によって、平日のお互いの生活への干渉がほとんど無くなることになります。

 

そのため、存分に趣味を満喫出来るようにもなるのです。

平日は想像よりすぐ過ぎるので寂しくないです。

avatar

 

けんかもほとんどなく平穏に暮らせる

平日は自分のために過ごしていようとも、「パートナーがいる」という事実は、非常に心強いものです。パートナーの存在によって、平日の辛い仕事を乗り切れる側面も大いにあるでしょう。そのため、「休日に会える限られた時間を大切にしよう とお互い心がけられるようになります。

 

週末婚では、けんかの原因もかなり減ることになるので、穏やかな時間が過ごせるようになるのです。

グチグチ言ったり、言われたりすることがなくなります。

avatar

 

看取り婚ってどうなの???

「看取り婚」と言う響きからは、死を見据えているような重いイメージを抱いてしまうこともあるでしょう。

 

シニア婚の形態のなかでも「看取り婚」目的で婚姻関係を結ぶ方々は多いようですが、「看取り婚」の実際はどうなのでしょうか?

孤独の寂しさを減らしてくれるものと考えましょう。

avatar

 

老後死ぬまでを一緒に暮らす関係

彼女が死ぬまで連れ添ってくれると言ってくれたので、一緒に暮らしています

(60代男性)

 

「看取り婚」は、「死ぬまで連れ添ってくれる」ということを条件にした関係を指しています。シニア婚に至る動機として、「自分の死後を看取ってくれる相手が欲しい」と語る方は少なくありません。

 

「看取り婚」と言ってしまうと良い印象は受けないのかもしれませんが、「生涯を共にしてくれる相手」ということなので、普通の結婚となんら変わりないものと言えるでしょう。

 

遺産のいざこざがなければ平穏です

自分の死後、遺産で揉めてほしくないので、それを防ぐために、遺書は今から用意してあります。

(60代男性)

 

お金の問題となると、人は醜く争ってしまう場合もあります。遺産の相続で揉めてしまっては、それまで良好に築き上げてきた親族関係も、一気に崩れ去ってしまいます。

 

とくに看取り婚の形態をとっている場合は、「もともと遺産目当てだろ!」と責められてしまうことも…。パートナーが自分の死後につらい想いをしないためにも、生前から遺産について、親族としっかりと話し合っておくか、もしくは、遺書を書くなどの準備は怠らないことが無難と言えるでしょう。

 

若い男女が高齢男女を看取る年の差事実婚も

パートナーが20代と若いので、相手のことを想って、籍は入れていませんが、看取ってもらう予定の事実婚です。

(60代男性)

 

親子ほど年の離れたシニア婚だと、自分の死後に相手が再婚するであろうことを見据えて、籍を入れないという「事実婚」の形態をとる夫婦も多いようです。婚姻の形態はパートナーとの関係から、最適なものを決めていく必要がありますね。

 

高齢独身者の資産が若い人に贈られることも

近所のおばあちゃんと仲良くしていたんですが、死んだら葬儀頼むよ!など、冗談交じりで日頃言われていたんです。

そんなおばあちゃん、病気で入院した時でさえも、お世話していましたが、先日亡くなってしまい、生前言われた通りに僕が代理として葬儀を執り行うことにしました。

遺産をすべて僕に譲ると遺書に書かれていたと知ったときは驚きました。

(20代男性)

 

パートナーではなくても、良い関係を築いていた若者に対して、高齢の独身者が遺産を譲ろうとするケースもあります。「自分の死後を頼める相手」として「近所の若者」を頼るのは少々不安ではありますが、現にそのようなケースは存在しているようですね。

高齢者は寂しくなく、若者は正直うれしいですね!

avatar

 

死後の葬式やお墓の事も任せられるから安心

若いというだけで、自分より先に死んでしまうことはないだろうという安心感がある。死後のことはパートナーに任せたい。

(60代男性)

 

自分より若い相手がパートナーの場合「自分の死後を任せられる」という安心感が得られることになります。シニア婚で、年の差婚が目立つのも納得ですね。

 

高齢男性の遺産でその男性の子を育てるってどうなの?

シニア婚の場合、相手が初婚ではなかったり、子どもがいたりするというケースも少なくはありません。パートナーが高齢男性であった場合、その死後に彼の遺産で子どもを育てなければならないという状況もありえるでしょう。

 

実際にそのような事態に直面した場合、どのようにしたら良いのでしょうか?高齢男性がパートナーである女性たちの体験談を伺ってみましょう。

若い女性が産んだ高齢男性の子、または、元々いた高齢男性のご子息のお話です。

avatar

 

子どもを愛せるなら全く問題はない

お互い再婚同士で、彼には子どもが居ました。子どもも20歳を過ぎているので、私のことも受け入れてくれて、関係は良好です。

(50代女性)

 

パートナーの子どもであっても、我が子のように愛することができるとしたら、何の問題もありません。たとえパートナーの子どもが心を開いてくれなくても、少しずつ歩み寄っていく勇気が大切になってくるでしょう。

 

パートナーはもちろん、子どもとの信頼関係を築いておくことも重要ですね。

高齢男性の子どもが自分と同じくらいの年だった…なんてことも。

avatar

 

お金も土地もあるので生活もほとんど困らない

彼が充分に貯金してくれていましたし、家も遺してくれたので、子どもと暮らしています。

(40代女性)

 

パートナーが持ち家であった場合、もしもパートナーが亡くなってしまっても、生活の場は残されることになります。

 

そのため「その後の生活を続けるのが難しくなってしまうのではないか?」という心配の必要もありません。子どもと関係が良好であれば、揉めることなく、その後の同居生活も問題は無いでしょう。

 

再婚もできるので生活には余裕があるかも

彼の死後はずいぶん落ち込みましたが、今では再婚活に励んでいます。それが彼の望みでもあったので…。

(50代女性)

 

再婚活をするときにも、十分な時間やお金は必要になります。生活自体に余裕がないと、再婚に目は向けられません。

 

パートナーが遺産を十分に遺していてくれた場合、心に余裕が出来次第、再婚を視野にいれても良いのではないでしょうか?子どもと同居している場合は、再婚について理解を得る必要もあるでしょう。

 

高齢女性が子どもを作りたい場合にできること

シニア婚の夫婦が「二人の間に子どもがほしい」と思った場合、どのような方法があるでしょうか?

高齢者同士でも子どもが欲しくなることはあるんです。

avatar

 

元気な卵子があれば人工受精で作れるかも

女性が高齢出産と呼ばれる年齢であっても卵子が元気であれば、パートナーとの間に人工授精で子どもが授かる可能性はあります。ただし人工授精による妊娠・着床の確率は、決して高くはありません。身体にも金銭的にも大きな負担がかかってしまうため、パートナーの協力は不可欠なものです。

 

人工授精に踏み切るかという問題については、パートナーと十分に話し合う必要があるしょう。

排卵してて、受精はできても、着床がうまくいかないことも多いです。

avatar

 

若い男性の精子があれば妊娠確率はアップする

女性が高齢で男性が若いという年の差婚であれば、妊娠する確率はアップします。若い男性の精子の方が、濃度や精子の運動率も高く、受精しやすいためです。男性側に不妊が発覚した場合などは、精子バンクを利用しての人工授精という方法もあります。

知らない男性の子を孕むのではなく、高齢男性にご子息がいればその方、または、親戚に頼るのもありです。実際にセックスするのではなく、精子だけもらうのが一般的です。

avatar

 

食事と生活習慣で卵子を元気にできるかも

普段美容のために行うような規則正しい生活と、卵子を元気にするための生活習慣とは異なります。規則正しい生活をするのは基本ですが、卵子を健康に保つためには食生活が特に重要です。卵子を元気にするためには、まず食事で、「魚や肉」の高タンパクで低糖質なものを心掛けましょう。

 

健康のためにと言って、野菜ばかり摂っているような食生活では、タンパク質不足に陥ってしまい、妊娠しづらい身体になってしまう恐れがあります。積極的に肉や魚も摂取し、卵子を活気づけ、妊娠確率をアップさせましょう。

食事を改善すれば男女ともに準備は整います。

avatar

 

代理出産してもらえれば実現可能

もともと子どもを産めない身体であったり、高齢出産になるため人工授精での出産も不安だったり…という場合は、代理出産という手もあります。近年増加傾向にある代理出産ではありますが、胎児に障害や病気が発見された場合や、代理出産で身ごもった子どもに愛着がわいてしまうケースがあります。

親戚や家族に頼める方がいれば…の話です。

avatar

 

さらには、代理出産を引き受けた女性に後遺症が出てしまうなど、トラブルも決して少なくないため、慎重に検討する必要があるでしょう。

代理出産は適合するかしないか、などの問題もあるので100%成功するわけではないです。

avatar

 

コメントを残す