浮気をやめたい – あなたに贈る血の気が引くほどのエピソードその1

浮気には、普通の恋愛にはないドキドキ感が味わえることがありますが、多くの人がハマってしまう理由のひとつと考えられます。何とも言えない罪悪感、背徳感が気分を盛り上げ、「分かっちゃいるけどやめられない」といったところでしょう。

 

ただ、それで何ごともなければ本人だけの問題で済まされるのかもしれませんが、場合によっては、恐ろしい出来事に巻き込まれる可能性もかなり高いのです。

 

職場の上司と不倫関係→奥さんに関係がバレて刺すと予告され…

私は会社の45歳の上司と不倫関係にありました。私よりも20歳ほど年上の彼は、仕事ができて、職場でも仲間から慕われ、同年代の男性にはない余裕があり、素敵だなあと思っていつも見ていたんです。

 

寿退社をしましたが、彼の奥さんもこの会社で働いていて、奥さんと私もランチを一緒にしたりと、仲良くさせていただいていました。そんな感じでしたので、私は調子に乗ってしまったのかもしれません。彼に、仕事のことだけでなくプライベートな相談などもして、甘えるようになりました。

 

だめだとわかっていても、どんどん好きになっていき、気持ちが抑えられず、とうとう告白してしまったんです。そしたら彼も、「君のことは特別に思っていた」と。こうして、私たちの不倫は始まりました。それからは私も彼も、残業をすることが多くなりました。

 

みんなが帰ってから、会社の仮眠室で声を殺して抱き合ったり、真っ暗で静かな書庫で立ったままセックスしたり・・・。そのシチュエーションにもかなり燃えていましたし、セックスも元カレよりもすごく上手で、セックスの悦びを教えてくれたんです。

 

最初は月に一、二度でしたが、だんだんとその回数は増え続け、気がつけばほぼ毎日のようになっていました。私たちは社外で会うことはもちろん、電話やメールなどのやり取りも一切しませんでした。不倫が絶対ばれないようにと、かなり気を遣っていました。

 

ところが、休日に彼から電話がかかってきたんです。絶対にばれないと、自信がありましたから「どうしたんだろう、仕事の用事かな?」と思いました。なので、普段かかってこない電話がかかってきても焦ることはなく、むしろ彼の声が休日に聞けることに対して嬉しかったくらいです。

 

電話に出ると、彼はしばらく黙っていた後、「ごめん、別れてくれ」と、そして「ちょっと、妻に代わる」といいました。奥さんの第一声は、「久しぶりね」と。全然取り乱した様子はなく、至って落ち着いた様子でした。

 

そして奥さんは、「これで終わりにしましょう。あなた、会社を辞めてね。辞めなければ、毎日背後に気を付ける生活になるわよ」と。罵声を浴びせたり、非難したりすることだってできたはずですが、冷静な奥さんの声は逆に、とても恐ろしかったです。

 

それからは会社を辞めても、電車を待っている間など、つい後ろを確認してしまいます。道を歩いているときは、ハイヒールの女性が後ろからついてくると、怖くて身震いしてしまいます。

 

クラブで出会った外国人の彼はHIV持ちだった!私も当然感染した|詰んだ

当時の私は、クラブデビューしてヤリマンまっしぐらでした。とにかく外国人が好きで、毎週末、外国人が集まるクラブに通っては外国人と出会い、やりまくっていました。ある時、セフレのマイケルから「HIVに感染した」とメールが来たんです。私は何度もマイケルとセックスしていました、それも生で…。

 

マイケルは、バイセクシャルでした。私は妊娠が怖かったので、ピルを飲んでいたのです。目の前が真っ暗になりました。次の日、仕事を休み保健所に検査に行きました。無料で、匿名だったので。30分待って、言い渡されたのは「陽性」

 

このまま、大学病院に行くように言われました。大学病院ではもっと精度の高い検査をし、今は結果待ちです。ネットでHIVのことを一日中検索しては、人生終わった、死んでしまいたい、自殺したい、そればかりを思う日々。

 

今は早期に発見してちゃんと薬で処理すれば,平均寿命まで生きられることが証明されている、というのを見ても、まったく元気が出ない。一番思うのは、両親のこと。せっかく健康体で産んでくれたのに、こんなことになって、悔やんでも悔やみきれない。

 

お母さんごめんね。もう頭がおかしくなりそう。HIVノイローゼにかかっています。

 

彼が出会い系で遊んで性病を移された

結婚を前提として一緒に暮らして5年目になる彼氏がいます。今まで、何回か出会い系を使っている疑いがあり、その都度彼を問い詰めると、自分はしていないと否定していました。本人を信じたい気持ちもあり、あまり言うとしつこいと怒るので、それ以上は追及しませんでした。

 

しかし彼のPCでの検索履歴や、スマホを手放さなかったりなどの行動がおかしく、やっぱり出会い系で遊んでいるのではないか?と思うようになりました。ある時、リビングのテーブルの上に抗生剤があったので、理由を確認するとクラミジアに感染した、出会い系で遊んで移されたことを認めました。

 

私は看護師なので、薬を見るとだいたいの病気の推測ができるんです。私もすぐに検査で、クラミジアに感染していることがわかりました。信じていたのに裏切られた悲しみ、彼への信頼が崩れていく辛さ、出会い系で遊んだ女から病気を感染させられた気持ち悪さや情けなさ。

 

いろいろな気持ちが入り混じり、彼に激怒し実家に戻りました。彼は、私が仕事で疲れているときにセックス出来なくて、私に迷惑かけないようにと出会い系を始めたと。こんな簡単に病気になるとは思わなかった、これからは絶対にしないと。

 

彼とはたくさんの思い出があり、今まで築いてきた関係性をこんなことで終わらせてしまうのもつらいのですが、どうしていいのか悩んでいます。

 

セフレが遊びすぎて性病持ちに|気づかずいろんな病気をもらって詰み

読者モデルをしている女子大生です。読者モデルはあまり収入がないのに、服代とか交通費とか結構かかってしまって、見た目華やかですが、ちょっと割に合わないところがあります。地元には、遠距離恋愛の彼氏もいて、まわりにはリア充だね、ってうらやましがられます。そして、出会い系で知り合った、二人の年上のセフレもいます。

 

たまに服を買ってくれたり、お小遣いをくれたりと、私の読モの活動を応援してくれているんです。だからすごく助かってます。ある時、ちょっと熱っぽくてだるく、風邪を引いたかな?と思って仕事をしていたら、カメラマンに、足元が赤くなってるよ?なんか蕁麻疹みたいに、と言われました。

 

自宅でお風呂に入るときに、鏡を見ると、全身に赤い斑点が!焦ってネットで調べたら、梅毒とかいう性病の症状に似てる…。まさか私が梅毒?信じられない…。

 

感染力が強くて、ここ数年で爆発的に増えてるらしい。もしそうだったらどうしょう?まずは絶対に誰にも知られてはいけない。怖い…。怖くて仕方がない…。助けて…。それにしても誰から移ったんだろう?

 

セフレが、そういえば結構風俗に行くようなことは言っていた気がする。でもそれを聞けば、私が梅毒だということを相手に知らせなければならない…。早く病院に行かなければと思うものの、明日からは大学のテストがあって、すぐには行けません。

 

そうこうしているうち、今度はあそこがすごく臭くて、おりものの量も異常で、かゆくてかゆくて仕方がなくなってしまい、おりものシートが手放せなくなりました。また違う病気でしょうか?本当に怖くて追い詰められ、結婚や出産は出来ないかもしれないと、自然と涙が出てきます。

 

性感染症には気を付けましょう

性感染症にかかってしまった人は、みんなまさか私が?と思うようです。根拠のない自信で、私だけは大丈夫、となぜか思っています。不特定多数の人と関係を持つ人はもちろんのこと、特定のパートナーとしかセックスしない人にも、決して無関係ではありません。

 

浮気や風俗で相手がもらってきたものが感染してしまうこともあるからです。信頼できる相手以外とはセックスをしないことが大切です。

 

最後に

浮気は本当にハイリスクです。社会的な地位や信用を失うことや、金銭的な面でもリスクもかなりあります。性感染症も心配です。浮気をしているあなた、もう1度自分自身と向き合ってください。それなりの覚悟を持たなければなりません。後悔しないように…。

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA