浮気をやめたい – あなたに贈る絶望するほどのエピソードその2

恋愛を語るうえで不可避の「浮気」。ひとことに「浮気」といっても、その種類はさまざまですし、不倫もよく報道されています。しかし、その浮気の代償を、考えたことがあるでしょうか?浮気の種類は様々でも、その代償が大きいことは同じです。

 

それは、失うものがたくさんあるということです。浮気をしているときは、大好きな人と一緒にいて幸せな気持ちになれるでしょう。刺激的でもあるでしょう。しかし、後になって失ったものの大きさや、多くの人を傷つけたことに気づきます。結局、「浮気なんてしなければよかった」と激しく後悔する方が多いのです。

 

既婚私|既婚浮気相手の奥様が息子と夫両方寝取って逆襲

私は45歳の主婦です。自慢じゃないけれど、10歳くらいは若く見られます。だって、週に一度はジムやエステ、美容外科に行ってメンテナンスに余念がないんですから。夫は医者です。

 

私が看護師をしているときに知り合いました。いつもきれいでいてくれてありがとう、君は自慢の妻だよ、って言ってくれます。一人息子も2浪の末、医学部に入り、やっと今一息をついているところです。

 

夫の実家のほうがみんな医者だから、息子が医学部に入ってくれて、私もこれでやっと嫁として認めてもらえます。夫と息子のおかげでほんとうに、幸せな毎日。先日、駅前を歩いていたら絵画展をやっていて、なんとなくぶらっと入ってみました。

 

そしたら、ものすごい迫力のある絵が目に飛び込んできました。こんな絵を描く人はどんな人なんだろう?と思い探しましたが、絵の作家はそこにはいませんでした。私は彼の絵をすごく気に入り、そんなに高くありませんでしたので、一枚購入して帰ってきました。

 

自宅に戻り、絵をリビングに飾り、早速その作家の名前をググってみたんです。そしたら、その画家は30代くらいの男性でした。画家のSNSを見つけたので、絵を購入したことと、素直な気持ちを書いてメッセージを送ったんです。そしたら間もなく返事が来て、それからメッセージのやり取りをするようになりました。絵画展の最後の日、展示場に行くというので、私はワクワクして会いに生きました。

 

写真では見ていたものの、初めて見た彼は、才能に満ち溢れ、芸術の神に選ばれたかのような神々しさ。自分とは全く違うところに住んでいる人のような気がして、私は名乗ることができず、顔だけ遠くから見て満足したので帰ろうとしたら、「もしかして、Kさん?」と彼のほうから声を掛けてくれたんです。

 

私はうれしいやら、恥ずかしいやら、でもうれしくて心は子どものようにはしゃいでいました。しかし、歳の差がかなりありましたし、立場も違うから、私などは相手にしてくれないと思っていたのです。

 

そのあともメッセージのやり取りをたまに続けていたくらいでしたが、毎年開催される展覧会の案内状を送ってもらうようになりました。そして、ごく自然な形で、ひと月に1〜2度の割合で私と彼はホテル等で肉体関係をもつようになりました。

 

もちろん、お互いの家庭は壊さないという前提で、泥沼は避けよう、そういうのは、私たちには似合わないからと。それは確かに、道にはずれた行為なのでしょうが、きれいな言葉で言えばお互い、今の生活から、さらに良い生き方を求めた結果だと美化している節もありました。

 

そのような状況に、二人で酔っていたというか…。そんな関係が3年ほど続いていたある日、夫も浮気をしているのでは、と思うところがありました。でも自分が浮気をしていたので、あまり深く問い詰めることはできません。

 

クレジットカードの明細の金額が何十万にもなっており、しばらく様子を見ていました。来月もこのようなことが続いたらさすがに、注意しなければならないと思っていました。息子は息子で、大学の近くで一人暮らしをしているのですが、落第しそうだと大学より連絡があったんです。

 

急いで息子のマンションに連絡なしで行くと、女と抱き合っている最中でした。私はマンションの合カギを持っていたんです。そしてその女は私を見て、○○です、と落ち着いて言いました。この日を待っていました、とばかりに。

 

そう、私の浮気相手の画家の名前です。彼の奥さんだったのです。今まで、勉強しかしてこなかった真面目な息子を誘惑して、息子の童貞を奪い、セックス漬けにしていたんです。そして彼女は服を着ながら、私にこうも言い放ちました。

 

「ご主人、先週末、泊りでゴルフとか言って、帰ってこなかったでしょう?私と一緒にいたのよ。下の駐車場にある車、あなたのだんなに買ってもらったの」それを聞いて、息子も何が起こったのか理解できないようで、ぼんやりしてベッドに裸で座っているだけ。この女すごい、怖い。

 

見た目はかわいく華奢で、か弱く、声も小さくて虫も殺さないような顔をしているのに、私の大切なものをめちゃめちゃにした…。

 

浮気の証拠写真を地域一帯にポスティング

彼氏に浮気されました。相手は彼氏の会社のパートの人で既婚者です。彼氏とは4年ほど前から付き合っていて、去年から一緒に暮らしていました。もちろん、婚約もしていました。私は彼氏と別れ、仕事も手につかないほどショックで落ち込んでいます。

 

そんな中で、浮気相手のパートの女は、仕事も失わず、家庭もそのままでのうのうと生きています。それがどうしても許せません。許すことができません。相手の女と直接連絡をとり、土下座して私に謝ることと、会社を辞めること、自分の家族にも謝ることを要求しました。

 

しかし、土下座にしか応じられないということで、まったく納得がいかないものでした。そこで、浮気相手の女が彼氏のスマホに送ってきた、股を広げた卑猥な写真と、上半身裸の写真を印刷して会社にばらまき、女の自宅とその地域一帯にポスティングしてやりました。

 

明日は、浮気相手の旦那の会社への送付を考えています。とにかく、浮気相手から仕事と家族を奪うまで、犯罪になろうとも、私は仕返しをやめません。

 

病気持ちのセフレと気づかず性感染症→妊娠不可の体に

結婚して6年目、35歳になります。今、不妊治療中です。私が20代前半のころ、私は不倫をしていました。それがとても辛くて、ワンナイトをしたり、居酒屋でナンパされた男と関係を持ちセフレになったりなど、性生活がとても荒れていた時期がありました。

 

クラミジアという性感染症に何度もかかっては、抗生物質を飲んで直すということの繰り返しでした。そのあと、今の夫と出会い、不倫もそういう生活もきっぱりとやめ、女の幸せを手に入れました。

 

しかし、避妊を全くしていないのに、妊娠の兆候が見られないのです。病院に行ったところ、もしかしたら「クラミジアが原因かもしれない」と医者に言われました。2年前には、妊娠もしたのですが、流産してしまいました。夫は昔の私の生活を知っています。そして、子供が大好きな人です。

 

私の妹の子どもたちを、ものすごくかわいがってくれています。私は申し訳なくて仕方がなく泣いて謝り、離婚したいといいましたが、夫は私をなだめ、子どもがいなくても楽しくやっていけるよ、と言ってくれました。

 

それを聞いて、やっぱり夫に我が子を抱かせてあげたいとますます思ったのです。お金をためて、体外受精でもなんでも、40歳までは試してみようと思っています。

 

まとめ

浮気はパートナーを裏切り、傷つけていることを、きっちり自覚しなければなりません。最後の不妊治療中の女性のように、何年か経って、かなり後悔してしまう場合もあります。

 

しょうもない男に引っかかると、本当に苦しい思いをするけれど、反省して成長するための大きなチャンスでもあります。愛する人を一人見つめ続けられて、そして、その一人に愛情を感じ続けられたら、本当に幸せなことだと思います。

 

しかし、実際にそれが出来ているのは、どれだけの人達でしょうか?浮気心というのは、不満点、物足りなさを感じることから始まります。その足りていないものとは何か、考えて見つけていくことが大切なのではないでしょうか。見つけた足りないものを埋めていくように、パートナーとコミュニケーションをとっていけば、きっと良い結果が出るはずです。

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA