【婚活】夏は水族館デートへ!涼しい・楽しい・癒やされる・相手を見極められる

「いざデート!」となったとき…経験や情報が少ないことで、デートスポットに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?雑誌を手にして、デートおすすめスポット特集などを見ても、今度は情報が多すぎてどこに決めたらいいか悩んでしまうこともあるでしょう。そんなときにはぜひ水族館デートがおすすめです。

 

夕涼みできる花火もよいのですが、水族館デートなら蚊に刺される心配もなく、ゆったり水の生き物を眺めてデートが楽しめてしまいます。

日焼けもしないもんね!

avatar

会話もはずみ、思い出の場所になることも多いので、初めてのデートでもおすすめです。きれいな水族館の生き物は、眺めているだけでも癒やされるものです。また、癒し効果のある水族館は、慣れないデートでも失敗を少なくしてくれる、そんなお助けスポットでもあるのです。暑い夏のデートは、水族館のような涼しい場所で冷静な気持ちを保ちつつ、デート相手を見極めることができます。

 

水族館で癒やされながらの婚活デート

大人の婚活デートに、静かで幻想的な雰囲気の水族館はぴったりです。泳ぐ魚たちを見るのはヒーリング効果もあるので、緊張しがちなデートでも、成功する確率が非常に高いデートスポットなのです。

 

実際に、結婚相談所や婚活サイト、マッチングサイトなどでアドバイスするデートスポットには、必ず水族館が上位にランクインします。婚活デートを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

涼しくて薄暗い場所で盛りあがるムード

薄暗い雰囲気は人を「ドキドキ」させます。初デートでも緊張することなく話せてしまうでしょう。また、相手の顔がぼんやり見えるくらいの程よい照明のおかげで、相手も美化されます。

 

デートの最中に、少しでも相手に「素敵」と感じてもらえればラッキーです。

 

明るい場所に出た後でも、水族館の中で見た相手への印象は強く潜在意識に残るため、普通にデートした場合よりも、相手を落としやすいというマジックがあることからも、カップルのデートの定番となっている背景があります。

 

のんびりマイペースに回れるコース

楽しいデートにしたい気持ちが先走ってしまうと、どうしてもたくさんのプランを考えてしまいます。しかし、スケジュール詰め込みすぎのデートはかえってNGなんです。10代のように、若さと体力が有り余っているときは良いのですが、年齢を重ねるとともに体力も落ちていくため、疲れやすい人がほとんどでは無いでしょうか。

 

ジムで鍛えていたり、体力に自信がある人でも、デートの相手が同じ体力を持っているとは限りません。時間に追われることなく、のんびりとマイペースに過ごせる場所で、日常の疲れを忘れながら2人の時間を過ごすプランは、大人デートで試行するための「コツ」と言えます。

 

話しながら歩けるからお互いを知りやすい

まだお互いのことを深く知らない関係でのデートで、1番困ることが「会話のネタ」ですよね。ありきたりな「好きな物の質問」や「普段していることへの質問」などでは、相手のツボに当たらない限り、どうしても会話が途切れがちです。

 

淡々とQ&Aのような会話が続くのも白けてしまいますしね。しばらく沈黙になってしまう気まずい雰囲気も発生してしまうでしょう。しかし、水族館には会話のきっかけが豊富なんです!ゆっくり歩いて質問会話をしながら、会話に詰まったら目の前にある水槽の生き物に話題を振ったら良いのです。

 

「一瞬、会話の流れに新しい風を入れる」この作業がポイント。話の流れが変わったところで、それから新しい会話が生まれることもあるでしょう。

クラゲとかお魚きれいだねって確実に共感しながら話せるのは魅力的

avatar

 

2人で会話をする時間はたっぷりあります。会話に困っても、流れを変えるネタもあります。このように、水族館には時間や状況・会話のネタに焦ることなく、ゆっくり会話ができる「2人だけのペースと時間」があります。

 

いきなりカフェで、緊張しながら話すより、お互いをより深く知れるのは間違いないですね。

 

癒される場所で冷静になれるかも

「水」は人の緊張感をほぐす効果があります。薄暗い館内の照明もムードが漂い、その中で優美に泳ぐ魚やクラゲを鑑賞して回ることで、たとえ会話が少なかったとしても「心地よい時間」を共有できます。

 

落ち着いたシチュエーションは冷静な気持ちを作ってくれるので、緊張からくる失敗の心配もありません。

 

大人の恋愛で最も痛いのは、「相手の見極めを間違えること」です。涼しく癒される場所での冷静な判断は、その先の未来を大きくサポートしてくれるはずです。

 

水族館はファミリー向けに思われがちですが、静かな空間でスマートなデートも楽しめるスポットです。できれば人の少ない平日狙いがよりベストですね。夜間営業をしているナイトアクアリウムもムードが増しておススメです。仕事帰りに待ち合わせてデートするのも、大人ならではの楽しみ方です。

家族連れが多い休日に行けば、結婚を意識させるのに効果的かも。

avatar

 

水族館デートは短時間で済むから楽

デートをする際には、普通は「大きな目的」と「その前後の行動」を考えてプランニングするものですよね。しかし、よほど親しい関係にでもならない限り、移動時間や、間が持たなくなった場合などに困ってしまうことも良くあります。

 

そんなとき、水族館デートであれば、目的もはっきりしているため、ゆったり水族館を満喫し、食事をするだけでも十分ボリュームのあるプランとなるものです。

 

また、有意義な時間を過ごせながらも、効率よく短時間で終了できるという魅力もあります。親しい関係になる前なのに、不用意に長時間過ごして、気まずい雰囲気になったり、疲れからの不快な感情を持ってしまっては、せっかくの縁を逃してしまうことにもないかねません…。

 

「大人にはちょうどよい時間」の楽しいデートができるため、気持ち的にもお互い楽なデートになるでしょう。

 

待ち合わせも帰宅もスムーズ

水族館は誰もが場所を把握しやすい施設です。初めての待ち合わせでも、間違えようのない「確実な」待ち合わせ場所ですね。アクセス方法もネットで検索したら一発でわかります。もしどうしても分からない場合には、駅員や周囲の人に聞くこと解決できるので、誰もが安心して待ち合わせられる場所です。

 

帰りに少し時間ができたとしても、施設内や施設周辺にカフェや食事のできる飲食店も多くあり、多くの場合は場所的に駅やバス停にも近いことから、「この後どうしようか?」とか「駅までどうやっていったらいいのか」なんてトラブルもほぼ起こりえません。

 

よほどのことがないと休館にもならないので、ちゃんとチェックしていれば問題ない上に、水族館デートのあとはすぐに帰宅する流れがあるので安心です。

 

なんとか間を持たせられる

デートの場所にイベント先をピックアップする最大の利点は、会話が途切れたり、ネタが尽きたとしても、なんとか間を持たせられることです。映画や遊園地もデート場所として良く選ばれるものですが、あまりに提供されるイベントが大きいと、肝心の2人の会話まで取られてしまう場合もあります。

 

しかし、自分たちのペースで鑑賞できる水族館デートは、間も持たせられる上に、大事な「会話」がメインになる最適な場所という面も大きいのです。

 

お金をかけずに楽しめる

恰好を付けたい気持ちから、デートには毎回気合をいれてお金をかける人もいらっしゃるでしょう。それも1つのデートプランであり、デートへのポリシーになるかと思うので、もちろんアリです。

 

しかし現実問題、お金が大変になることもあるでしょう。たまには豪華なデートを楽しみ、普段はリーズナブルなデートを満喫するスタイルの方が賢い大人デートの印象が強くなりますね。

 

相手からも「一緒にいて楽しい」だけではなく「堅実な姿に将来一緒にいる姿」も容易に想像させる効果があります。水族館デートは入館料も比較的安めなのに見栄えも雰囲気もよく、大人デートには定番おススメスポットです。

 

イルカショーで盛り上がれる

「子供じゃないんだから…」とあまり乗り気になれないかもしれませんが、意外にもイルカやアシカショーなど、水族館が行っているイベントを一緒に見るのも盛り上がるんです。

 

普段、なかなか経験しないイベントだからこそ面白みがあるもの。童心にかえってピュアな感情も出てきて、素直な気持ちで会話が出来るようになります。

イルカの発する声には人を安心させる効果があることが科学的に証明されています。

avatar

 

動物好きに悪いやつはいない

基本的に「動物好きに悪い人はいない」です。ゆがんだ愛情を持っているような動物好きは例外ですが、人間以外、自分以外の生き物への慈しみや親しみを持っている人に悪い人はいないですよね。

 

もちろん絶対とは断言できませんが、表面的にはどうであれ、心に優しさがある人には間違いありません。生き物に対する優しさがある人は、人に優しくできる人も多く、子供が好きな人も多いです。将来の家族計画を見据える相手としては、安心できる一面も見えるきっかけになりますね。

 

動物好きなメンヘラや病み系には気をつけて

「動物が好き」は、それだけで相手への警戒心が緩んでしまうほど「いい人効果」があります。慈しみを持っている優しい心の持ち主、というイメージが発生してしまうからでしょう。実際に動物好きには優しい人がほとんど。しかし、すべての人が純粋な「優しさ」からの動物好きとは限りません。

 

メンヘラ系や病み系の動物好きは、物言わぬ動物に対して「支配できる他の生き物への強く異常な執着心」や、「病みすぎてヒーリング効果のある生き物への異常な執着心」を持っているケースもあるからです。

 

悪い人ではないけれど、少し病的な精神状態の可能性があります。危険な心情の相手であるかどうかは、動物園や水族館デートをすることでだいたい見わけることができるはず。

 

もし、夏の水族館デートで婚活をした際、少しでも「なんか変だな」と気になることがあれば要注意です。どんなに雰囲気が良くても、相手が気に入ったとしても、生き物に接する際に感じる「ほんの一瞬の違和感」は、本能が察知する相手の本質かもしれません。

それを簡単に見分けられるのも水族館のメリットです!

avatar

 

次のデートは映画などいかが?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA