【婚活】アウトドアデートには「ヒリゾ浜」へ|静岡県にあるセブ島秘境を巡る旅・アクティビティ

アウトドア好きなカップル向けにおすすめなのが、海外はセブ島にいる気分になれる静岡県の「ヒリゾ浜」観光デートです。アクティビティが好きなカップルであれば、渡し船でのみ楽しめるスポットなので、写真撮影を楽しんだり、大自然に身を置いたりして気分もリフレッシュしながら思い出を作れるおすすめスポットです。

 

「ヒリゾ浜」がデートにおすすめの理由

荒々しい岩肌の断崖に守られた、澄み渡るブルーの海の画像に、「ここ、どこ?」と、SNSから人気に火が付いた「ヒリゾ浜」。

 

サファイアブルーに輝く海、潜ると透明度抜群で、眼前にはサンゴ礁が広がり、その上を色とりどりの魚の群れが優雅に泳ぐ…そんな、日本とは思えないくらいの美しい海が特徴です。

 

東京からもアクセスしやすい静岡県の南伊豆にあり、なんと都心から日帰りで行けちゃうのが最大の魅力。奇跡の海と呼ばれ、国内での水質調査で、本州でナンバーワンと証明されているんですよ!

 

わざわざ海外のリゾート地や沖縄まで足を運ばなくても、南国のビーチリゾート気分に浸れること間違いなし。ぜひ、体感あれ!

 

 

ヒリゾ浜|詳細情報
住所:〒415-0311 静岡県賀茂郡南伊豆町中木
営業時間:8:30~16:30
営業期間:2019年6/29(土)~9/29(日)
電話番号:0558-65-1050(問い合わせは0558-65-0829へ)
料金:大人(中学生以上)2,000円・小人(4歳以上~小学生まで)1,000円
駐車場:1日1000円:有料駐車場開放期間:7月13日(土)~9月29日(日)

 

 

期間限定ということと、渡し船効果で非日常空間

(出典:南伊豆町観光協会)

 

普段は立ち入り禁止の区域で、7月から9月の夏の間だけ、それも渡し船のみでしか渡ることができません。これは、レア度の2乗ですね!秘境ビーチという非日常空間で特別なことというのは、とても高揚します。

 

渡し船から降りたら手つかずの自然が広がり、無人島気分に浸れますよ!一緒にきれいなものを見たりなどの感動の共有は、一体感が生まれます。感動を共有できた人には、心を開いてしまうといわれています。

 

シュノーケリングで特別体験

(出典:南伊豆町観光協会)

水の透明度が抜群なので、エメラルドグリーンの海を泳ぐカラフルな魚をシュノーケリングで観察しましょう。海面から海底まで見ることができます。

 

熱帯魚が足元で泳ぎ、まるで水族館の水槽の中にいるのかっていうほど鮮やかな魚がいっぱい!

 

 

潜るのを練習して、魚と同じ目線で泳げるようになると本当に素敵な体験ができます。こういうときは、きれい、楽しい、かわいいなど自分の気持ちを素直に言葉に出し表現しましょう。

 

あなたが素直であれば素直であるほど魅力的に感じられ、笑顔も輝きます。素直に、「きれいだね」「楽しいね」と言われて悪い気をする人はどこにもいません。

 

 

時間を忘れて、のんびりできる

渡し船は時間が決まっておらず、2,3分おきにひっきりなしに運航しているので、好きな時に帰ることができて、時間を気にせずのんびり滞在できるのも魅力です。毎日忙しくしている人にとっては、これほど贅沢なことはありません。二人の距離をぐっと近づけるチャンス!

 

夕方までいることが可能なときは、時間を忘れ最高の夕陽を堪能しましょう。二人で見る最高のサンセットは、絆をより深めてくれます。

 

また、素敵な景色は心を癒してくれて、安心感を与えてくれます。普段恥ずかしくて言えないようなことも、景色の力を借りて言ってみたらいかがでしょうか?ロマンチックな夕日が背中を押してくれますよ!

 

恋人岬が近い

 

車であれば、一時間ほどの距離の恋人岬にぜひ、立ち寄られてはいかがでしょうか?カップルの聖地で、恋愛成就のスポットとしてとても有名です。でもここは、ガチでラブラブのカップルが行くところなので、くれぐれも本気モードの彼以外とはいかないように!!

 

相手、パートナーとの関係、距離、気持ちなどをお互いちゃんとチェックしたうえで、すべてを責任持てると確信してから訪れるようにしましょう。生半可な気持ちで行くと、後悔してしまいますよ。

 

一緒に絵馬を書いたり、恋人証明書を発行してもらったり、二人の愛を確かめ合いながら回れます。メインイベントは、三回鳴らすと愛が成就するといわれている鐘を鳴らすこと。とてもロマンチックな気分になっちゃいます。記念写真は、ハートのベンチでぜひ。映えること間違いなし。

 

天気が良い時には、富士山も見え絶景なので、とても気持ちがおおらかになり、嫌なことなど忘れてしまいます。

 

【共通】デートで気を付けたいこと

素敵な思い出にするためには、女性側の細やかな気遣いも大切です。非日常空間だからこそ、普段のデートよりも意識して、彼に楽しいと思ってもらえるような時間作りを心がけましょう。

 

下調べを入念に

まずは、天気を調べておきましょう。荒天では船が出ません。当日天気が良くなさそうだったら、日にちを変えるか、行先を変えるという選択肢が必要です。

 

また、都心からのアクセスも良く、最近大人気のリゾートなので、とにかく混みます。あまりにも人が多い日は、入場規制をかけられてしまうので、どのような時期が空いているのか、トイレはどこにあるかなどの下調べが大切です。

 

また、人が多すぎて駐車場に止められなかった場合、入場規制をかけられた場合などを考えて、違うパターンのデートコースも考えておいてください。デートコースは彼が担当で、イニシアチブは彼が持っていたとしても、あなたのほうでもちゃんと調べておくのがいいでしょう。

 

アクシデントが起きた場合、「こうしたほうがいいかもね?」みたいなさりげない感じで、助け舟を出してあげられたら、雰囲気も壊さず、彼の顔をつぶさずに、スムーズに予定変更できて2人の関係を良いままに続けられるでしょう。

 

混雑時おおらかな気持ちで 一緒にいられるかどうか

夏の海デートは、混雑しているということを理解したうえで出かけましょう。事前に彼と、混雑に対する意識のすり合わせをしていくのはとても大切なことです。

 

「初デートでディズニーランドに行くとそのカップルは必ず別れる」というジンクスを聞いたことはありませんか?

 

この言葉の由来は、混雑は喧嘩になりやすいということからきているのです。多くの人は人混みや待ち時間には不満を感じて、イライラしてしまうものです。 そこで上手に二人の時間を楽しめることができると最高なのですが、どちらかが文句を言ったり、機嫌が悪くなったりするとケンカのきっかけになってしまいます。

 

どこへ行っても待たなければいけない…思う通りに計画が進まなかった…。イライラしたことがキッカケで、関係のないことで言いあってしまうことも。

 

人にもよりますが、混雑には女性のほうが強いといわれています。ここで彼を観察してみます。怒りだしたり、いらいらして機嫌が悪くなったり、「お前がここに来ようといったからだ」と責任を擦り付けてきたりしたら、彼の本来の姿が見えたといっても過言ではないでしょう。

 

あまり心に余裕がある人では無いのかもしれません。結婚を考えているのならなおさら、こういうときに彼がどういう態度をとるのかを知る事は大切なことです。

 

 

自分の価値観を押し付けない

デートと言っても、楽しみ方は人それぞれです。もしかしたら彼は、シュノーケリングにそれほど興味がなく、テントの中でのんびりと、綺麗な海を見ていたい派なのかもしれません。ちょっと足を海につけるだけで満足、と言う場合もあるでしょう。

 

やりたいことや価値観が違っていても、自分の楽しみたい方法を彼に押し付けるのは、なるべく避けたほうが良いでしょう。お互いに楽しめるような落としどころを見つけるのが最良の道です。

 

 

帰りの体力は残しておこう

シュノーケリングをしたり、船に乗ったりして活発に動き、また紫外線にずっと当たっていると、意外に体力を奪われてしまいます。せっかく楽しんだ一日が、帰りにくたくたで無言と言うのは淋しいと思いませんか?特に帰りの車中、彼が運転している隣の助手席で爆睡などは最悪です。

 

その日あった出来事を楽しく話しながら、帰れるというのが良いですよね。将来子供ができたらまた来ようね、なんて彼に言わせることができたら100点満点です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA