こんなLINEを送っていると既読スルーされるかも!?あなたは大丈夫?

LINEを使っていると、既読がついているのに返事が来ない。いわゆる既読スルーを経験したことがある人は多いのではないでしょうか?友達や家族であれば良いのですが、相手が好きな人や彼氏だと心のダメージが大きいですよね。単に忙しいだけかもしれませんが、内容に問題がある場合も!?今回は、そんな既読スルーされがちな内容をご紹介していきます。

 

こんなメッセは避けられる

事例1:URLリンクや動画リンクばかり送ってる

まずは、リンクばかり送ること。面白い動画や記事を見つけたとき、それを共有したくて送ることってありますよね。

 

しかし、会話が繋がらなかったり、何かしら連絡を摂りたかったりしたときのキッカケとして

avatar

この動画おもしろいよ!

この記事読んでみ!

avatar

などひたすらURLを送りつけたりてしまっていませんか?

 

初めはいいのかもしれませんが、あまりにも続くと、いちいち開くのが面倒だと思われてしまいます。これが既読スルーされる原因になりやすいのです。連絡をとるのであれば、お互いの趣味や仕事、価値観など中身のある会話をするように心がけましょう。

 

事例2:スタンプが多く、かつ、通知が多い

次に既読スルーされやすい内容は、スタンプを連打するパターン。構ってほしいあまりスタンプばかり送っていませんか?会話の合間にスタンプを使うのは良いのですが、無意味なスタンプは良い印象を持たれません。

 

スタンプは会話の終わりに使用するという認識を持っている人も多いため、話題が終わったんだと返事をしない場合もあります。また、連続で送っていると通知が増えてしまいます。相手からするとLINEを開く前から大量の通知が溜まっていると開くのを躊躇してしまいますし、怖く感じます。

 

既読スルーされたからと、さらにスタンプを送ってしまう人もいますが、やめておいた方が賢明です。返事を待ってから送るか、少し期間を空けてからメッセージを送るようにしてみてください。スタンプを使う場合は、会話の中で少しにとどめておきましょう。

 

事例3:話が続かない話題ばかり振っている

続いては、会話の内容です。なんとかやりとりを続けたいと思い、返信がしにくいような内容を送ってしまっている場合があります。例えば、「今日は◯◯に行ってきた」「こんなの食べたんだ(写真)」など。相手からするとそうなんだとしか言いようがありません。

avatar

これはね、好きな人からだったら嬉しいんだけどね!

返事が「で?」になっちゃう時点でお察し…だよね。

avatar

avatar

好きな人からだったら「おみやげは?」とか「それでどうだった?」とか聞くものねぇ。

初対面とか、興味もないとかそういう段階では気をつけないといけないね。

avatar

avatar

私も気をつけないとなぁ。「で?」で終わっちゃう話する事あるから…。

興味を持てる内容だったら話が続くんだけどね。

avatar

 

また、話が続きづらい話題にも気をつけましょう。自分は好きでも相手が興味のない話題などは、送っている側は楽しいのかもしれませんが、相手からするとつまらないのです。また、今日の報告をする人も多いですが、報告されたところで、どんな反応をしていいのかわかりません。文面のやり取りとはいえ、一方的ではコミュニケーションが成り立ちません。

 

会話はキャッチボールというように、お互いのことを考えながら接するように意識しましょう。

 

事例4:ネガティブな内容ばかり送っている

ネガティブな内容は男女問わず嫌われやすいです。仲良くなってたまに…であれば良いのですが、知り合って間もない相手や、ほぼ毎日のようにネガティブを送るのはやめましょう。楽しい気分だったのに、あなたからのネガティブなLINEを読んでテンションがさがった…なんてことがあれば、既読スルーどころかブロックされかねません。

 

具体的な内容としては、仕事の愚痴や上司、友達の悪口、「もう死にたい」などの自己嫌悪…。今では自分の気持ちや意見を発信できるSNSもありますし、日記をつけるという方法もあります。ネガティブを溜め込むのはよくありませんが、どうしても吐き出したいというのであれば、LINEのメッセージ以外を利用しましょう。

 

事例5:1つ1つがやたら長文

長文でLINEを送っている人も意外に多いんです。「日記かよ!」とツッコみたくなるような1日の出来事を送ってきたり、自分の好きな事の話題になると、アツくなって延々と語ってきたり。

avatar

これは私もたまにやるなぁ…。気をつけなきゃ><

PCのLINEからだと、どうしても長くなっちゃうよね。汗

avatar

 

LINEのメリットは手軽にやり取りができることです。短文でもスムーズに連絡がとれるのに、わざわざ長文にする必要はありません。長文で送られてくると読むのも大変です。仕事で疲れているときに長文が送られてきたら、余計に読む気がなくなって、既読スルーしたくなります。

 

また、相手が気を使いやすい人であれば、長文で送られてきたから自分も長文で返さなきゃいけないと感じてしまいます。そうするとやり取りを続けるのに疲れて、コミュニケーションが終わってしまうでしょう。

 

事例6:絵文字が多くてキラキラしすぎ

これは男女ともに40歳から50歳くらいの方に特に多いのですが、絵文字をいっぱい使って文面をキラキラにしたい、今のこの自分のテンションを伝えたい!と熱が入ってしまって、見るほうが暑苦しくなるパターンです。

 

文字だけではそっけない…というのも分かりますが、絵文字を各所に使いすぎるとうざくなるので、

  • 文末に1つ
  • 1文に1つ
  • 適度な改行を入れる
  • ハートは多用しない

など気をつけて使ってみてください。

 

既読スルーされたときは

既読スルーされがちな内容をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?やっているかも…と思い当たった方は、意識して内容を変えてみてください!

 

既読スルーされたときには、焦って追いLINEするのではなく相手からの返答を待つか、時間を空けて何気ない内容を送ってみましょう。LINEを続けたいのであれば、相手のペースに合わせた使い方を意識してみてくださいね。

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA