婚活で使えるリップティントの活用テクニック【落ちにくいリップのこと】

流行中のリップティント。落ちにくいので普段の生活でも重宝しますよね!実はリップティントは、婚活にも大活躍のアイテムなのです。どう大活躍するのか?見てみましょう!

 

仕組み:唇そのものを染める

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ᴴ ᴬ ᴺ ᴬ ◟̆◞̆ ❁(@__cvvz__)がシェアした投稿

リップティントの『ティント』とは『染める』という意味です。普通のリップは、唇の上に色のついたクリームが乗っているようなイメージ。リップティントは唇の皮膚そのものに色を付けるので、落ちにくいのです。ただしリップティントは、落ちにくい分メイクOFFの際に注意が必要ですので、敏感肌の方や唇が荒れやすい方は気を付けてくださいね。

落ちにくいリップという認識でだいたい合ってる。

avatar

 

保湿を十分に行うことや、OFFするときは専用のリムーバーを使うこと、バームタイプのリップティントを選ぶことなどで、敏感な方でも使用できるようになります。

 

塗り直さなくても長持ちするので婚活パーティーにも良い

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@nnk_panda)がシェアした投稿

リップティントは落ちにくいので、塗り直しがしにくい場面で重宝。そう!トイレでお直し…なんていう時間のない婚活パーティーには持ってこいなのです!

婚活パーティーってトイレに行ってる余裕はないけど、リップが落ちるシーンは多いの。よくしゃべるし、飲食することもあるから。

avatar

 

婚活パーティーでよくある失敗

婚活パーティーと一言で言っても、その種類は様々。しかし、飲食を伴うパーティーであることが圧倒的に多いはず。特にグラスでお酒を飲んだりする場面はよく目にしますよね。その際、もしもグラスにベッタリとリップが付いてしまっていたら?

べっとりついてると、あまりいい印象はしない。脂ギッシュな男性の手汗が料理を取り分けるトングについてるような(言い過ぎか…)感覚。

avatar

 

…男性は一気に引いてしまいます。女性から見ても、グラスに付いたリップというのはみっともないですよね。しっかりとメイクを決めている女性ならなおさら、グラスに付いたリップにがっかりさせられます。

 

グラスに付いたリップだけではなく、リップの落ちた唇の方も残念なことに。血色感がなくなりますし、唇の内側だけ色落ちした状態はかなり格好悪いものです。飲むぞ!食べるぞ!というカジュアルな集まりでは色付きリップ程度でも良いのかもしれませんが、ドレスアップした場でそれは場違い。

唇のリップが部分的になくなってるってことだから、違和感あるかもね。

avatar

 

婚活パーティーの場では、『キレイな色付き』と『落ちにくさ』の両立が必要となってきます。

 

リップティントはこんなに便利

一方のリップティントはどうでしょうか?最初にしっかりと塗って定着させてしまうと、通常の飲食程度ではほとんど色落ちしないようなものも多く出ています(決してどれも全く落ちないという訳ではないので注意!)。

飲食くらいじゃ落ちないから、安心感はある。少し落ちるけどね。

avatar

 

グラスに付いたりすることもないので清潔感がありますし、人の目が気になりません。時間が限られている婚活パーティーの場で、何度もお直しにトイレに立つ…などということは避けたいもの。リップティントなら塗り直しの必要がないので、色落ちを気にせず男性とも交流できます。これならパーティー後に鏡を見て愕然とすることもなくなりそうですね!

メイク直しの時間も意中の男性といい雰囲気でいられたら強いよね。

avatar

 

自分らしい色を出せるのもありがたい

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

美女navi ☻*(@bijo_navi)がシェアした投稿

リップティントの魅力はそれだけではありません。唇そのものを染めることで、その人だけの色味に発色しやすいのです。人気色のリップは、あちらこちらで丸被り!リップティントなら、元の唇の色によって色味が違ってくるため、自分らしく仕上がります。

 

リップティントの発色の仕方

リップティントは、唇のPHや水分量、温度などに反応して色が付きます。自然なピンク系に発色することが多いので、婚活リップにおすすめです!リップティントは濃くなりすぎることがないので、ついリップが派手になってしまうという方にも。

 

時間と共に発色が変わって行くのも面白いところ。もしもしっかりとリップそのものの色を出したいという場合は、先に唇の色をコンシーラーで消しておけばOK!自分の唇の色がどうしても嫌…という方にもおすすめの方法です。

 

グラデーションで差を付ける

リップティントも、ただ塗るだけじゃ面白くない!せっかくならティントの特徴を生かして周りと差を付けちゃいましょう。リップティントを一度唇全体に塗った後、しばらく置いて発色するのを待ちます。通常10分くらいはかかりますので、時間に余裕を持ってメイクしてくださいね。

 

その後、唇の中央(内側)部分にのみ、もう一度リップティントを重ね塗り。種類の違うリップティントを重ねてみたり、色の違うものを重ねてみたりも〇。唇にしっかり馴染むティントならではの技ですね。

 

リップティントを使うときに気を付けたいこと

最初の方で書いた通り、リップティントにはデメリットも存在します。乾燥対策と色素沈着対策をしておかないと、いざというときにボロボロの唇…などということになりがち。

 

ポイントを押さえてケアしましょう。

 

乾燥対策

リップティントは便利ですが、毎日の使用には向いていません。普段はオイルの入った保湿タイプのリップを使用し、婚活パーティーやデートなど、ここぞというときにリップティントを使うようにしましょう。

乾燥して、唇に負担になるから、毎日は使わないでね。

avatar

 

週に1回は入浴時にたっぷりのリップクリーム+ラップでパックをしたり、専用のリップパックをするなどでケアしてください。

 

色素沈着対策

リップティントは皮膚を染めますので、どうしても色素沈着しやすいのが困りもの。ポイントメイクリムーバーを使用するのはもちろんですが、最近はティント専用のリムーバーもありますのでできたらこちらをおすすめします。

変な色素沈着ができちゃって困ることもあります。敏感肌には諸刃の剣。

avatar

 

また、リップスクラブでの角質ケアも取り入れるといいでしょう。やり過ぎは逆効果ですが、適度に角質ケアをすることで、プルプル唇が保たれるようになります。リップティントを賢く使って、婚活頑張りましょう!

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA