どうしても濡れないときは潤滑ゼリー・ローションを使って

体質の違いから、女性によっては濡れる濡れないに差があることもしばしば。とはいえ、愛し合っている気持ちがある以上、セックスをしたいと思うのは悪いことではありません。濡れないセックスをどう気持ちよくするか、その方法と濡れる仕組みを解説します。しっかり理解して、最高のセックスの材料にしてください。

 

性交痛に耐えるよりはローションを使ったほうが良い

「性交痛」というものがありますが、これは濡れないままの挿入で痛みを我慢しながら最後は気持ちよくなりイクということです。

 

女性側の痛みだけでなく、濡れていないアソコに挿入すれば、男性だって多少の擦れを感じることにもなります。パートナーと普段からこれが当たり前になっているなら、もっと楽な方法を考えるべきかもしれません。

 

セックスに対して、日本人は基本的にまじめすぎであると言えるでしょう。そのため、オモチャやローションなどの道具をセックスに持ち込むに遠慮しがちです。だからといって、濡れないセックスで少なからずガマンしていると、セックスを敬遠してしまい、回数が減ってしまう可能性すらあります。

セックスを楽しむって大事だよ?ちゃんと避妊して色々遊ぶのもいいものよ。人生一度。

avatar

 

痛みを感じるセックスをガマンしているなら、ローションを使って感じ始めだけをサポートするという方法もあります。

 

ローションはきっかけづくり、感じ始めれば問題なし

ローションを毛嫌いするのは男女ともいますが、科学的にキレイで無害の材料から作られたものですから、安心なのは間違いありません。「ローションでセックスするなんて変態」というイメージもあるかもしれません。でもそれより、「気持ちよくないセックスをガマンする」ほうが残念ですよね。

ローションは恥ずかしくないからね。お布団汚れるかもだけど、シーツ変えればいいでしょ。

avatar

 

セックスって、相手からだけでなく、お互いに気持ちよくなれてこそと言えます。そのためにオモチャやローションがあるのですから、それを使ったところで、お互いの理解があればなんの問題もありません。なによりつながることでお互いを感じあい、快楽を得ようとするのですから、それに対する努力なら惜しむ必要すらありませんよね。

気持ちいい所を刺激し合って、お互い楽しむの。

avatar

 

ローションで少しサポートして、ピストンが続く間に本濡れしてくれば、最後は使わないプレイと同じことです。恥じるとか、そういう考えを別にして気持ち良くなるセックスを目指すために、ローションなどを使ってみるのもアリですね。

 

体にあった潤滑ゼリーを見つければ心配なし

ローションと言うと風俗のようですが、中には潤滑ゼリーというものがあります。潤滑ゼリーはあまり濡れない体質の人用に開発された、アソコに塗るタイプのものです。高齢な男女が使ってセックスするのはよくあること、若いカップルでも濡れない場合は効果的と言えます。

専用の潤滑ゼリーは使いやすいし、効果も十分だよ。

avatar

 

薬みたいな感じで敬遠するかもしれませんが、「濡れないセックス用」として開発されているので、安心感は格別と言えるでしょう。香料が入っている物や、少し体感を熱くする物もあるので、カラダに合うものを選択する必要があります。濡れないセックスで悩むなら、潤滑ゼリーの検討もしてみると良いでしょう。

媚薬的な効果がある潤滑ゼリーもあります。

avatar

 

どのくらいの割合で潤滑ゼリーなどを使っている?

とある女性向けお悩みサイトでは、全体の2割が濡れないことに悩み、ローションやゼリーを活用しているというデータがありました。使い始めが難しいところですが、そもそも濡れないことは男女ともに認識しているわけなので、使っている人の多くは男性から勧められたということです。

 

女性から使ってとも言いにくいでしょうから、男性側から勧められることに抵抗はなかったとも書いてありました。筆者の知り合いにも40代でまだ現役の女性がいますが、だんだんと濡れる量が減ってきたとも言います。

年齢とともに濡れにくくなるかも。相性抜群のセックスだと、逆に塗れるけどね。

avatar

 

ローションを使った経験もあるのですが、別に悪いものではない、むしろ気持ちよくなれて盛り上がるとのことでした。若い人には抵抗があるかもしれませんが、せっかくなら気持ちの良いセックスをおススメしたいですね。

 

女性はどうしても濡れないときもあるもの

男性から見ると、セックスという状況になってお互いが了承しているのに、濡れないなんて理解できないかもしれませんね。濡れるには、体調面だけでなく心理面も大きく影響してきます。悩みもなく明日も休み、それなら思いっきりセックスを楽しむことができますよね。

体調が悪かったり、食事が足りなかったりするとやっぱり濡れにくいの。

avatar

 

でも、悩みを抱えて楽しいことの後につらい現実があったり、体調がすぐれない場合は濡れる量が激減したりということもあるのです。気持ちだけ先行しても、体調面が伴わないと「セックスに対する万全の体制」とはいきません。

 

そして「濡れること」は女性にだけ求められることであって、男性にもガマン汁などがあるとしても、セックスにおいては女性が濡れることのほうが重要です。それがなくちゃ、最終的に男性がイクことはできても、女性が満足とは言えないでしょうし、次につながる良い時間とも言えませんよね。

 

セックスは本来、子孫を残すためにする行為であって、このことだけで言えば別に女性が気持ちよくなくても、男性がイケば妊娠の可能性は残せることになります。セックスにおいては女性が圧倒的に不利なので、好きな気持ちがあればこそ、女性側が感じることも大切にしてあげるのが理想的です。

受け止める場合が多い女性は、どうしてもセックスで不利になっちゃうの。癒やして。

avatar

 

セックスは自己満足では面白みがない

ローションやゼリーの使用だけでなく、女性が濡れることの重要性が理解できたと思います。濡れないことって、セックスを敬遠するきっかけにもなってしまいます。「あんまり気持ちよくないし」なんて言われると、ガマンが必要なことって人間は敬遠しがちですよね。

女性を最高に満足させて、イカせてくれる男と子作りしたいかな。

avatar

 

そして、「しなくても生きていけること」ならセックスの回数が減る可能性があります。男性だけの自己満足で終わるセックスにしないためにも、濡れない女性への配慮をするのもイイ男のすべきことです。また、いい女もうまく、時にはこっそりローションを使って相手を喜ばせましょう。

 

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA