【恋愛】年下男性の欠点|若くても成熟してる男なら問題なし

年下男性と付き合いたいとか、すでに年下彼氏がいる場合は、その欠点を理解しているでしょうか?もともと精神年齢の低い男性ですから、年下となるともっと欠点が多くなることもあるでしょう。年下男性の欠点を知って、付き合うべきかどうかの判断材料を教えます。せっかくなら楽しい恋愛にするために、しっかりと確認しておきましょう。

考えが甘く、世間知らず

男性自体がそうかもしれませんが、前衛的でぶっきらぼう、男性的と思える部分も、考えが甘いことがあります。全てを知ったように、何でも来い!みたいな感じだと少し不安ですよね。そして信用できないというか、ついていくのが不安になってしまいます。本来なら若い分だけ世間知らずなハズですが、そんなのどこ吹く風というのでは、男として成長できるか心配です。

まぁ、まだ年下で、しかも若いなら、世間知らずですよね。

avatar

 

なんでもいいのですが、仕事上のトラブルとかをどう解決するかは一つの判断材料になります。自分が悪くないからといって、全てを強く出る感じの男性は謙虚さにかけています。物事をスムーズで穏便に抜けられる男性こそ、本当の男と言えます。どこに行っても強気なのは良いことかもしれませんが、いつまでもそれが続いたままでは成長したとは言えません。

若くても人間的にしっかりしてる男子はいます。そういう男子なら、OKかも!!

avatar

 

男の戦いかたは成長とともに変化していく

男性って若いうちは誰でも、ケンカ早いとか、攻撃的だったりするのは仕方ありません。弱々しい男性も頼りないものですが、ケンカ早いのが強い男性とも言えません。男性って、強い男であったとしても、歳とともに成長すれば、戦いかたが変化しなくてはいけません。よく「丸くなった」と言いますが、忍耐力やガマン強さも「男の強さのひとつ」なのです。

強がって、尖るだけが男じゃない。何も言わず、黙って忍ぶのもまた男。

avatar

 

たまに勘違いして、ずっとケンカが強いことを売りにしている中年男性もいますが、それを魅力に見せられるのも、若いウチだけです。理論武装して、人生経験を重ねて知的にもなる、それこそ男の成長と言えるものです。

トゲトゲしていて我が強い

なんに対してでも口調が荒く、トゲトゲしていて我が強いのも、歳をとればワガママにしか映らなくなります。人間は誰でも歳をとれば、人間関係が増えていって、その中で学ぶべきことが出てきます。

 

いつまでも自分を通すだけではなくて、自分の味方を増やす意味でも「折り合い」を覚えたりするものです。そう簡単には折れない、頑固で硬派なんてのは言い換えると、ただの意地っ張りでしかなく、社会で生きていくことすら難しくなるでしょう。

大人になると、妥協や、折り合いや、喧嘩を避けるように育っていくものです。

avatar

 

カッコいいと言われるのも年相応に変化していくもの、我が強いことにも変化と成長が見られなければ、付き合い続けるのは考えるべきですね。

 

どのくらい我慢して成長を見届ける?

付き合って最初で見切りをつける人もいれば、せっかく付き合ったんだからしばらく我慢してみようという人もいるでしょう。実際、どのくらい付き合って今後を判断すべきかという基準はありません。

 

もし、年下彼氏がダメ男だった場合は「好きな気持ちが維持できなくなったら」我慢をやめてすぐ分かれるべきと筆者は思います。筆者も付き合ってから発覚した、悪い性格の年下彼氏がいましたが、好きな気持ちが途切れなかったので、「〇〇を直したほうがいい」とは言っていました。

 

しかし悪い部分が直らないままだと、筆者自身が「私の言ったことすら聞いてくれない」となり、好きな気持ちが薄れていきました。いつまでというのは難しいところですが、愛情が「情」でしかなくなった時点で、付き合うことは止めるべきと筆者の経験から思います。

惰性で、なんとなく、付き合ってるなら別れを検討しましょう。または、結婚を。

avatar

 

愛という気持ちがあってこその恋愛ですからね。

気遣いが不十分(年上女性が育てるべき)

男性って歳を重ねないと、絶対に気遣いや思いやりを持つなんて難しい生き物です。気遣いって母性本能から出るもので、相手のことをつぶさに見ていないと無理なことです。相手を見ることって、実はかなり気を張っていないといけません。母性本能も持ち合わせていない男性は、子供が生まれて歳を重ねるまで「自分本位で生きるもの」なのです。

男性が気遣いできるようになるには、経験が全てよ。

avatar

 

本来オスですから、それが当たり前なので、年上女性がそのことを教えてあげるべきです。「いつまでも若くないこと」を自分の経験から教えてあげて、いつかは人の世話になることや一人では生きていけないことまで話しをしましょう。

 

若いうちはギラギラしている分だけ、聞き入れないかもしれません。その場合は、あなた自身に対する気遣いで教えてあげたり、例えば生理中は心身ともに辛いということでも構いません。「相手を見ること」から初めて、気遣いを教えてあげるとイイですね。

 

若くても悟っている男性ならアリ

若い男性全てがNGというわけではありません。中には悟ったように、いろんなことを理解している年下男性もいます。しかしこの見分けかたが難しいところ、あえて言うなら「落ち着きもある男性」といったところでしょうか。

若くして、いろいろな経験を積んだ仙人みたいな男子もたまにいます。

avatar

pairs

人間って、落ち着いてさえいれば、物事を見る力が備わるもので、判断も慌てることがありません。一歩引いて…というように、なんでもかんでも突っ走らないスタンスでいられる男性だと、一緒にいてもアリ判断できる年下男と言えるでしょう。

 

最終的に好きな気持ちさえ続くようであれば、教えることも我慢もできるかもしれません。でも、いつまでも自分だけが我慢を強いられるような場合、付き合うことに疲れてしまいます。楽しい恋愛で年下男性と充実した時間を送るためにも、見極めるポイントを間違えないようにしてください。

 

この記事を書いた人

コメントを残す